研究・社会貢献|公開講座

ホーム の中の 研究・社会貢献 の中の 公開講座 の中の 開催済の講座

本文印刷


公開講座

開催済の講座

公開講座トップへ戻る

【帝塚山大学・生駒市図書館共催公開講座 古都奈良の魅力に迫る】 第2回 「天皇の『反乱』-聖武天皇外伝-」

歴史

概要 天平12年(740)、聖武天皇が平城京を出て、東国行幸し、平城京にもどらず、恭仁京に遷都し、紫香楽で大仏造立を始める。この一連の天皇の行動を、どのように読み解いたらよいのだろうか。これまでは、聖武天皇の「放浪」などといわれていたが、そのような言葉では聖武天皇の心には届かない。藤原氏によって擁立された聖武天皇ではあったが、天武天皇、草壁皇子、文武天皇の血をひく、聖武天皇にとって、天皇家の矜恃がないわけがない。それが、聖武天皇の背中を押したのであった。
講師 千田 稔氏(帝塚山大学特別客員教授・奈良県立図書情報館館長)
日程 12月11日(水)
時間 14:00~15:30
開催場所

生駒市図書会館 3階 市民ホール
アクセスマップはこちら

定員 400名(申込先着順)
申込 受付は終了いたしました
受講料 無料
問い合わせ先 帝塚山大学 総務センター 総務課 公開講座係 TEL0742-48-9192 (平日9時~17時)

公開講座トップへ戻る

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス

このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA