学部・大学院|人文科学研究科 臨床社会心理学専攻

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 心理科学研究科 心理科学専攻 の中の 専攻の構成と特色

本文印刷


専攻の構成と特色

心理科学研究科心理科学専攻の概要

臨床社会心理学専攻の研究体系

本研究科では近年の「心の時代」における人間と社会の問題に正面から取り組むことを目指している。家庭や学校現場での児童虐待やいじめ、地域社会で多発する犯罪や自殺、科学技術の発展に伴う事故や災害の問題など、現代社会は多くの解決困難な諸問題に直面している。心理学はこれまで以上にこれらの問題に焦点を当てて取り組む必要がある。また近年の生命科学の発展に伴い、人間の精神活動に関する脳神経科学等の貢献も大きく、一方で心理学の知見が工学や医学分野で取り入れられるなど学際的な研究教育活動が幅広く行われるようになってきた。特に人間の認知適応障害が多くの問題の基礎となっていることに注目が集まりつつある。

そこで本研究科では、心理学の科学的側面と実践的側面の両者を重視して、心理学を中核とする人間行動研究を基盤として問題解決を図ることを目指す。とりわけ、1)科学的アプローチ、2)地域での実践活動、3)学際研究、4)国際交流、という四つの方針を立てて教育研究を推進することで、現代社会の諸問題を理解し解決できる有能な高度職業人や研究者を養成し、社会的貢献を果たす。そのために名称を「心理科学研究科」とするものである。

本研究科の専攻は心理科学専攻とし、博士前期課程には心理学専修と臨床心理学専修の2専修を設置する。2専修の共通履修科目として、【心理科学基礎研究Ⅰ群科目】と【心理科学基礎研究Ⅱ群科目】を配置した。特に【Ⅰ群科目】では「心理科学基礎論Ⅰ・Ⅱ」を必修科目として履修させるほか、「実験心理学特論」や「発達心理学特論」を選択履修させる。また【Ⅱ群科目】では「心理統計法特論」を必修科目として履修させる。

公認心理師(国家資格)の養成に向けて

本大学院は、臨床心理士受験資格を取得できる第一種指定大学院であると同時に、今後は公認心理師養成にも対応する。カリキュラムの充実を図り、公認心理師資格の取得を目指す。

心理科学専攻の教育研究上の目的

心理学の科学的側面と実践的側面の両者を重視して、心理学を中核とする人間行動研究を基盤として問題解決を図ることを目指し、科学的アプローチ、地域での実践活動、学際研究及び国際交流という四つの方針を立てて教育研究を推進することで、現代社会の諸問題を理解、解決できる有能な高度職業人や研究者の養成を目的とする。
心理学専修では、現代社会の心理学専門家や研究者として必要な資質を習得し、問題解決を実践できる人材の育成を目指す。臨床心理学専修では、地域社会や社会システム全体での心のケアとサポートの専門家として活躍できる人材を養成することを目指す。

3つのポリシー(ディプロマ、カリキュラム、アドミッション)(PDF:64KB)PDF

博士前期課程

心理学専修では現代社会の心理学専門家や研究者として必要な資質を習得し、問題解決を実践できる人材の育成を目指して、健康心理士や主任交通心理士、応用心理士などの養成に必要な専門科目群を開設する。

まず【基礎研究科目】として「心理学文献講読演習Ⅰ・Ⅱ」や「心理学基礎実習」、「心理学応用実習」という基幹科目を履修する。次いで【心理学Ⅰ群科目】では「神経生理学特論」や「知覚心理学特論」などの人間行動のメカニズムを理解する科目群とともに、「社会心理学特論」や「交通心理学特論」のように社会的行動の問題理解と解決に関わる科目群を開設している。【心理学Ⅱ群科目】では、「認知心理学特論」や「対人行動学特論」など専門性の高い科目群を配置して理解を深めるともに、将来の職業志向に応じて「老年心理学特論」、「健康心理学特論」、「産業心理学特論」などの科目を配置した。

臨床心理学専修では地域社会での心のケアとサポートの専門家として活躍できる人材を養成することを目指しており、かつ臨床心理士の受験資格取得に必要な専門科目群を配置した。

まず【臨床心理学基礎研究科目】として「臨床心理学特論」や「臨床心理面接特論」、「臨床心理基礎実習」、「臨床心理実習」などの基幹科目を履修する。次いで、【臨床心理Ⅰ群科目】では「精神医学特論」などの医学系科目を履修し、【臨床心理Ⅱ群科目】では「心理療法特論」などの臨床心理学の専門科目を配置している。さらに地域社会との連携を深めるために「臨床心理地域援助特論」や「産業カウンセリング特論」などの科目を開設している。

博士後期課程

博士後期課程においては前期課程における研究をさらに発展させ、かつ深化させるために、「神経生理学特殊研究」、「知覚心理学特殊研究」、「社会心理学特殊研究」、「交通心理学特殊研究」および「臨床心理学特殊研究」の各研究指導科目を置き、博士学位論文の作成指導を行うとともに、研究推進に必要となる関連講義科目として、「神経生理学特殊講義」、「知覚心理学特殊講義」、「社会心理学特殊講義」、「交通心理学特殊講義」および「臨床心理学特殊講義」を置いている。わが国の心理学分野の高度職業人および心理学研究者を育成するための特色のある構成となっている。

大学院生の指導体制

学生各人の希望する専攻分野および研究課題に応じてそれぞれ指導教員を定め、学位論文の作成等の研究指導を行う。指導教員以外の教員も積極的に助力する。

将来の進路

本研究科では、地域や企業の心理学に関わる高度職業人や専門家(心理職、技術職、研究職)、公務員、スクールカウンセラー、産業カウンセラーなどで地域に貢献できる人材を養成しようとするものである。心理学専攻では主任交通心理士や応用心理士などを目指すことができ、臨床心理学専修は臨床心理士の受験資格を取得できる第一種大学院に指定されている。

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA