研究・社会貢献|公開講座

ホーム の中の 研究・社会貢献 の中の 公開講座 の中の 開催済の講座

本文印刷


公開講座

開催済の講座

公開講座トップへ戻る

帝塚山大学 現代生活学部教授による公開講座 豊かな生活をめざして― 食×音楽 「中高年世代の歌とリズム おじさんはなぜ若者の歌が歌えないか」

趣味

概要 昔、ハワイ出身で大関小錦という相撲取りがいた。今もNHKの教育テレビなどでタレントとして活躍しているからご存じの方も少なくないだろう。その小錦は、大関の頃、土俵に上がるのに巨体を揺らしながらスキップしていた。そのどこが悪いというのだろう。相撲協会では「大関たるものがはしたない」と言ってスキップを禁じたのである。スキップは上下動であり、日本の伝統的な美学からすれば、それは<はしたない>行為であり、リズムであった。小錦には気の毒であったが、能にしても演歌にしても、上下動はしない。腰を落として大地と平行に動くようにしている。手拍子にしても、叩いて止めが基本である。中高年世代には、この伝統的なリズム感が身体にしみついているのだろう。若者の歌が歌えないと言って、悲しむことはないのである。日本人なのだから。
講師 村尾 忠廣(帝塚山大学 現代生活学部こども学科教授)
日程 10月12日(水)
時間 14:00~15:30
開催場所

生駒市図書会館 3階会議室

定員 100名
申込 受付は終了いたしました
受講料 無料
問い合わせ先 帝塚山大学 企画・広報課 TEL:0742-48-9192

公開講座トップへ戻る

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス

このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA