就職・資格

特別資格サポート制度「A制度」

MENU

特別資格サポート制度でレベルアップ!

ハイレベルな専門資格講座への取り組みとなります。
学内成績の優秀な2年次以降の学生を対象に、学外提携校で難関資格取得をめざす者に対して助成する制度です。

特別資格サポート制度でレベルアップ

本学の指定する学外提携校(大阪、京都、神戸など)※1で受講ができます。
本学学生のみを対象とする特別受講料での受講が可能です。※2
本学の定める資格を取得または試験に合格した学生を褒賞する制度があります。
下記のページをご参照ください。

奨学金ページ

  • ※1 講座の種類により、受講場所が異なります。詳細は本学キャリアセンターにお問い合わせください。
  • ※2 学内での選抜試験の結果、合格基準を満たした学生は特別受講料が適用されます。

講座一覧

13種類の資格などへのチャレンジをサポート!!

  • 特別資格サポート制度の13の業務と講座の内容を紹介しています。
  • 特別資格サポート制度の講座の内容は毎年見直しが行われます。

教員採用試験対策講座 ※3年生対象

【内容】
教員として身につけておくべき基礎的な教育観を育む「教員養成入門」、重要かつ不変的な分野を先行学習する「先取り教職教養」、一般教養の重要論点を学び直す「基礎学力対策」に「専門基礎対策」を加えた入門期カリキュラムから、「教職教養」、「論文対策」、「面接対策」などの応用期カリキュラムにつなげ、効率的に学習を進めます。

公務員(国家一般職・地方上級)対策講座 ※3年生対象

【内容】
地方上級や国家一般職など、多くの方が受験する試験に幅広く対応できる講座です。当コースは、教養12科目・専門16科目の中から自由に選択でき、論文・面接対策等、受験に必要なカリキュラムをパッケージ化した内容です。

行政書士対策講座

【内容】
初めて行政書士の勉強する人が効率よく学習を進めて本試験に臨めるよう対応しています。「基礎講義」で知識をインプットし、「科目別答練」「実力完成答練」「総合答練」「直前答練」「公開模擬試験」でアウトプットの練習をします。

社会保険労務士対策講座

【業務内容】
労働環境の変化や法改正で法令が複雑化する中、基本的事項を確実に理解することで合格を目指します。「基本講義」で合格に必要な知識を身につけることができます。

中小企業診断士対策講座

【内容】
1次・2次試験にストレート合格するために必要な講義と問題演習が全て含まれたコースです。2次試験対策で慌てないように、早い段階から2次試験を意識した講義を組み入れています。

通関士対策講座

【内容】
通関士は、輸出入を税関に通す際に、申告から許可を得るまでの一連の手続きのスペシャリストです。基本講義で基礎知識を習得した後、応用力の問われる通関実務を重点的に学習するカリキュラムです。

弁理士基礎講座

【業務内容】
弁理士試験は難関資格ですが、過去に比べて合格しやすくなっています。合格には、入門レベルでいかに効率良く合格のための基礎知識を習得するかが大きなポイントとなります。「講義編」では知的財産についての法体系を大きく把握することができ、「演習編」でその知識の習得、理解度の確認を行います。

不動産鑑定士対策講座

【内容】
不動産鑑定士は、国や都道府県が行う地価公示や都道府県地価調査をはじめ、不動産取引に伴う鑑定評価や公共用地の買収評価、固定資産税評価、裁判における財産の鑑定評価などを行う仕事です。この講座は、1回の受験で「短答式」「論文式」両試験の合格を目指す総合的な講座です。

司法書士対策講座

【業務内容】
一般の人にはわかり難い登記や供託に関する法的契約や手続きを代行して裁判所や検察庁などに提出する書類を作成し、登記の手続きをするのが司法書士です。試験合格に必要な知識を学ぶ講座です。「基礎講座」で主要科目を習得します。習得した知識は、「答練」を通じ、実戦的なものにブラッシュアップしていきます。

公認会計士基礎講座 ※2年生対象

【業務内容】
公認会計士は、主に上場企業の作成した財務諸表などの監査を独占業務としています。また、専門知識が高いため、会計・コンサルティング・税務のプロフェッショナルとして、さまざまなビジネス領域でその活躍を期待されています。短答式・論文式の両方の対策を2年間かけて学習する新制度2年本科生Ⅰ。その前半15ヶ月【入門・基礎期】を学習します。

税理士(2科目合格)対策講座

【業務内容】
税理士試験では5科目に合格する必要があります。そのうち、必須科目の簿記論と財務諸表論の2科目について、約14ヶ月で学習する講座です。簿記3級の知識を持っている方はよりスムーズに学習を始めていただけます。

日商簿記1級対策講座

【業務内容】
大学で専門に学ぶ程度の商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算を習得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規を踏まえて、経営管理や経営分析ができるレベルをめざします。日商簿記2級合格者を対象とした講座です。週2回ペースで講義を受講し、1年かけて1級の合格を目指します。

宅地建物取引士資格試験講座(総合コース)

【業務内容】
公正な不動産取引を遂行する専門家です。不動産業界や金融業界など広範囲で活躍が可能です。不動産取引時の権利関係・重要事項の説明などは有資格者のみ可能です。不動産業の事業所には5人に1人の割合で有資格者の設置が義務付けられており、ニーズの高い資格です。