未来のために、わたしたちが学ぶこと。

sdgsのロゴ

帝塚山大学は
持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

帝塚山大学学長 蓮花一己の写真

学長メッセージ

帝塚山大学SDGs宣言

帝塚山大学では、2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)について、持続可能な開発目標を実現するための17の目標と169のターゲットの達成に向けた教育・研究を推進します。

本学は創立以来、建学の精神のもと「広い国際的視野の上に、日本人としての深い自覚と高い識見を持ち、社会の要請に応え得る教養と創造力を備えた人材を育成すること」を使命として掲げてまいりました。

貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、社会の平和など、持続可能な開発のための目標として定められたSDGsは、本学の使命にも深く共鳴するものです。奈良県のみならず、けいはんな地域、さらには日本や国際的な拡がりを持つ社会の課題に対して、教育活動や研究活動を通じて、様々な側面から解決策を探求しようとする本学は、そのSDGsの実現に大きな責任を有していると考えます。

ここに本学は「帝塚山大学SDGs宣言」を公表し、世界の平和と人類の幸福の実現に貢献できる社会人を育成し、社会に存在する貧困や差別の解消、事故防止災害被害の軽減、社会の安寧の向上に向けて、SDGsの達成に向けた教育及び研究を推進するとともに、その解決に向けた人材育成に取り組みます。また、地方自治体・企業との包括連携協定や大学間連携協定に基づき、地域社会の課題を解決するなど、今後SDGsへの取り組みを推進してまいります。

2022年12月
帝塚山大学 学長  蓮花 一己

「実学の帝塚山大学」としての SDGs

2015年9月、国際連合は、「われわれの世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」を発表しました。そこで示されたのが、17のゴールとその課題ごとに設定された169のターゲット(達成基準)、232の指標から構成されるSDGs「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」です。「誰一人取り残さない」(No one will be left behind)社会を目指すという共通の理念のもと、先進国・途上国すべての国で、経済・社会・環境の3つのバランスがとれた社会を2030年までに達成することが、世界共通の目標として掲げられています。持続可能な開発という共通の目標に向けて、すべてのステークホルダー、すべての人々が、互いに手を取り合いながら、SDGsに取り組んでいます。その中で、大学においては教育研究活動による社会貢献のほか、組織としてのアクションが強く求められています。

SDGsにおいて大学が果たすべき役割のひとつは、研究での貢献はもちろんのこと、学生が社会課題に目を向け、それを解決する力を養う教育を行うことにあります。SDGsに関する問題意識を大学での教育研究活動に取り入れ、企業や自治体とともに社会課題の解決に取り組める人材を育成すること、それこそが本学が標榜する「実学の帝塚山大学」がめざす教育の形であると言えるでしょう。

本学では、地域の企業や自治体とのパートナーシップのもと、持続可能な社会の実現に向けて、これまでさまざまな取組みを展開してきました。教育研究活動の成果を地域社会に還元し、地域の発展に貢献する人材を育成することを目的としたプロジェクト型学習において、学生は世代や立場が異なる人と交流し、多様な価値観に触れることで、「自分たちが社会に対してできること」を主体的に考え、行動する力を身につけています。

また、本学ではプロジェクト型学習にとどまらず、それぞれの学部・大学院の授業や特別講義、学生活動などを通して広く、深く、SDGsについて学ぶことができるカリキュラムを整えています。

帝塚山大学は、「奈良」や「関西」、ひいては「日本」、「世界」、そして「地球」へと関心を広げ、他者との対話やパートナーシップを通じて、より大きな枠組みで地域や社会の未来を形作ることができる人材を世に送り出すとともに、SDGsに資する研究や社会貢献を推進していきます。

本学のSDGsへの取り組み

学内環境整備への取り組み

取り組み内容   SDGsの目標
不要となった書類は溶解処分を行い、その後トイレットペーパーへ再生して学内で利用しています。
ハラスメント対応窓口として、各学部に相談員を配置しています。(2000年~)
図書館で不要となった資料(書籍・雑誌)を希望した学生へ配付して、リユース活用を行っています。(2000年~)
大学指定の履歴書には、性別の記載箇所を設けていません。(2019年~)
公開講座の申込フォームにおいて、従来性別欄を「男性・女性」としていた箇所を「男性・女性・その他・回答しない」と、多様な性別表現に対応できるよう変更しています。(2022年~)

意識醸成に向けての取り組み

取り組み内容   SDGsの目標
心身の健康や学生生活に関するトピックを紹介する「保健室だより」・「学生相談室だより」を年に複数回発行しています。(2007年~)
毎年「世界禁煙デー(5月31日)」・「エイズデー(12月1日)」の時期に合わせて、学内で「禁煙キャンペーン」・「AIDSキャンペーン」を展開しています。(2013年~)
学内合同企業説明会において、「くるみん認定企業」・「えるぼし認定企業」の情報を提供し、多様な働き方を支援する企業を意識した就職活動ができるよう支援しています。(2020年~)
「大学として求める教員像」の社会貢献分野において、SDGsへの関与を資質の具体的項目として明記し、ホームページへ公開するとともに、教員の自己評価指標にも加えることで意識醸成を図っています。(2020年~)
コンピュータ教室等で印刷に使用した紙の枚数を基に、米国Printreleaf社を通じて植林を行っています。(2021年~)
教職員を対象した研修「全学で取り組む学生支援~多様化する学生への対応~」を実施し、大学生に起こりやすい心の危機や発達障害について解説を行い、学生相談室の役割や教職員との連携についても説明を行いました。(2021年)
メンタルヘルス危機対応の一環として、学生に向けてストレス反応の内容や対処法に関する情報、また各種相談機関の連絡先を記載したしおり「こころが沈む大きな出来事を経験したあなたへ」を作成し、日常的に手に取ることができるよう学内に設置しています。(2021年~)

SDGsとは

開発アジェンダの節目の年、2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。
将来に向けて、地球上で暮らすあらゆる人たちがより幸せに生活していけるよう世界中の国が約束した目標、それが「世界を変えるための17の目標と169のターゲットからなる“持続可能な開発目標(SDGs)”」です。そして、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。