就職・資格

教育訓練給付金制度について

MENU

教育訓練給付金制度とは

一定の条件※1を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了※2した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の一定割合に相当する額(上限あり)がハローワーク(公共職業安定所)から支給されます。

※1 下記の受給資格の有無についてを参照してください。
※2 下記の教育訓練修了の認定基準についてを参照してください。

支給額

最大で受講者本人が教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額がハローワークより支給されます。支給額は諸々の条件により異なります。詳しくは最寄のハローワークにお問合せください。

受給資格の有無について

給付金の受給資格の有無については、最寄のハローワークで照会してください。(支給要件照会)
受給資格を有する場合、ハローワークから発行される『教育訓練給付金支給要件回答書』の控えを、受講申込の際に必ず提出してください。
この書類の提出がない場合には、給付金申請に必要な『教育訓練終了証明書』(本学発行)を交付できません。

教育訓練修了の認定基準について

本プログラムの教育訓練講座の修了認定基準は、全授業日数の80%以上に出席し、全提出課題の80%以上を提出し、かつ、テスト等の結果から、本プログラムの教育訓練目標とする知識を習得したと認定される者。