ニュース

2021年01月15日

2021年度における授業の実施方針について

2021年1月15日

学生の皆さん

本学への入学をお考えの皆さん

帝塚山大学

学長 蓮花一己

2021年度における授業の実施方針について

 

帝塚山大学では、現在、学生の皆さんの健康と安全に配慮しつつ、対面による授業とオンラインによる授業を併用したハイブリッド型での授業を行っています。新型コロナウイルス感染症は今なお感染拡大の傾向にあり、今月には首都圏、近畿圏等に緊急事態宣言が再発令されるなど、まだまだ予断を許さない状況が続いています。本学では、感染状況を注視しつつ感染症予防対策、拡大防止対策を徹底することで、2021年度は可能な限り対面による授業を開講できるよう、以下の「授業実施方針」を策定し、準備を進めることとしましたのでお知らせします。

■2021年度における授業の実施方針について
・対面による授業を基本とします。ただし、ソーシャル・ディスタンスを前提とした教室収容定員等を考慮し、一部の講義科目はオンラインによる授業とします。具体的には、「演習・実習・実技科目」は対面による授業を実施、講義科目についても対面による授業を主体としますが、履修者が多い科目について教育効果が見込める場合は、オンラインによる授業を実施します。
・対面授業とオンライン授業の併用にあたり、感染予防対策を講じたうえで、学内でオンライン授業を受講できる環境を整えます。
・新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況により、学生、教職員の健康と安全を最優先する観点から、授業の一部または大半をオンラインでの授業に切り替えます。
・各種シールド等による飛沫拡散の防止、教室等における換気、清掃と消毒、三密を避ける着席間隔の確保など、安全に配慮した対策を講じます。

■授業の実施にあたっての留意事項
・学生の皆さんには、体温測定等を含めた体調管理を日々行い、体調不良の場合は登校、外出を控える他、あらゆる場面で「三密」を避け、常時マスクを着用し、こまめに手指の消毒を行う等の感染防止対策を徹底してください。
・オンラインによる自宅学修のためのネット環境の整備をお願いします。推奨するネット環境につきましては、別途お知らせします。
・この実施方針は、今後の新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況、社会情勢の変化を踏まえ変更することがあります。最新の情報は大学ホームページ等でお知らせします。

帝塚山大学は、授業や学生生活満足度等を高めるための努力は惜しみません。皆さんにはしばらくはご不便をお掛けすることがあるかと思いますが、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

以上