国際交流|海外への留学

ホーム の中の 国際交流 の中の 海外への留学 の中の 留学・語学研修制度

本文印刷


留学・語学研修制度

帝塚山大学の留学・語学研修制度について

帝塚山大学では、国際的な社会に貢献できる人材の育成を目的として、海外への留学の派遣を積極的に行えるよう、海外の大学や機関と留学生を交換する協定を結んでいます。また3週間程度の短期語学研修も実施しており、長期の留学は希望しないものの国際交流プログラムに関心のある学生や本格的な留学を前に短期の留学体験を望む学生のニーズに応えています。
本学の留学制度は、帝塚山大学の学生のままで、在学中に海外の大学に留学できる制度で、海外留学中に取得した単位を審査の上、帰国後帝塚山大学の単位として認定することもあります。
制度の利用により1年間の留学をしても、4年間で卒業できる可能性があります。

出願資格など

本学に在籍する学部学生(外国人留学生を除く)。
留学は所定の選考方法により決定します。短期語学研修は、選考はありません。
申し込めば参加できます(定員超過の場合を除く)。

奨学金・助成制度

留学中は、規程に基づき、奨学金、助成金を給付します。
海外留学奨学生は留学期間中の本学学費が免除されます。短期語学研修にはこのような制度はありません。

留学の期間とその扱い

留学の期間は1年間または6ヶ月です。留学中の期間は、卒業要件上の在学年数に算入されます。短期語学研修は3週間程度。

単位の認定

単位の認定を受けようとする者は、留学前にその旨を所属する教学支援課(学部事務)または学生生活課(国際交流)へ通知し、帰国後、留学生帰国報告・レポートは学生生活課(国際交流)に、留学先の成績証明書、授業の内容や講義時間数・単位数などを記した書類は所属する学部の教学支援課に提出してください。提出できない時は、その理由とそれに代わる書類などを提出してください。これらの資料(留学先のシラバス等)は必ず帰国の際持って帰ってくるようにしてください。短期語学研修も学部ごとの履修ルールに基づき単位の認定が可能です。

本学の履修について

長期(6ヶ月以上)の留学の場合、履修しているコースや科目によって、留学終了後、希望の授業科目が受講できなかったり、4年間で卒業できない場合があります。必ず事前に担当教員または教学支援課(学部事務)などに相談してください。
また短期語学研修でも参加年次や参加回数などによっては単位認定しないケースがあります。

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス

このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA