研究・社会貢献|こころのケアセンター

ホーム の中の 研究・社会貢献 の中の こころのケアセンター

本文印刷


こころのケアセンター

お子様から大人の方まで、こころの問題に関するご相談をお受けいたします

家庭のこと、学校のこと、職場のこと、そしてあなたのことで困ったときは、思い切って相談しましょう。

当センターは静かに考え、ほっとできる場所と時間を提供します。年間、1,500人を超える方々にご利用いただいている心理相談機関です。

(ご相談の内容については、秘密を厳守いたします。)

こころのケアセンター

こころの問題に関するご相談をお受けいたします

など、いろいろな心の健康に関するご相談をお受けいたします。

まず、初回面接担当者が相談をお受けいたします。その後、相談内容に応じて適切な担当者を決め、相談に応じます。
当センターは大学院生などの教育研究機関にもなっております。本学教員や、臨床心理士の指導のもとに大学院生が相談を担当する場合もございます。

ご相談の内容について、秘密は固く守られます。

初回面接のあと、相談の形態について

  • カウンセリング:相談室でカウンセラーと相談
  • プレイセラピー:プレイルームで遊びを通しお子様の成長を促進
  • 心理検査やコンサルテーション(対人援助職の方の相談)、グループ活動など

相談申し込み方法

相談は完全予約制です。お電話でお申し込みください。

TEL:0742-41-4937

受付と相談時間/月・火・木・金の各曜日 10:00~18:00、
水曜日 10:00~17:00

グループ活動(お電話で、お申し込み・お問い合わせください。)

のびのびクラス(隔週水曜日夕方・月2回程度・半年1クール全8回)

「思っていることをうまく伝えられない」「お友だちとすぐにケンカをしてしまう」「気が散りやすく集中できない」「ルールが守れない」など、人との関わりや集団行動に苦手さのある小学生のお子さんとその保護者を対象としたグループ活動です。
子どもグループでは発達の促進や社会性の向上を目標とした活動を行っております。また、保護者グループでは、保護者同士で子どもの学校生活や日常生活などについて話し合ったり、子育てに関する情報交換を行っております。

のびのびクラス1のびのびクラス2

思春期 親グループ(第3木曜日午前中・月1回・3ヶ月1クール全3回)

思春期は、体の変化とともに、反抗期・受験などさまざまな心理・社会的な変化を経験する時期であり、思春期以前までといろいろなことが大きく変わってきます。
日々成長していくお子さんに、“一体どういうかかわりをしたらいいの?”と迷うことはありませんか。
お子さんの発達段階に応じたかかわりについて、グループ活動を通して一緒に考えていきましょう。
思春期のお子さんをおもちの保護者の方を対象としたグループ活動です。

思春期 親グループ

おや・つの会SST講座(土曜日午後・月1回・随時ご参加いただけます)

高機能広汎性発達障害や、その疑いをおもちの大人の方へのグループ活動です。
日常の困りごとやコミュニケーションの取り方、自分や他者との付き合い方についてなど、心理教育やロールプレイを中心としたSST(社会生活技能訓練)に一緒に取り組みます。
夏にはバーベキュー大会、冬には忘年会と季節の行事も楽しんでいます。

お申し込み・お問い合わせ先

帝塚山大学こころのケアセンター

TEL:0742-41-4937

受付と相談時間/月・火・木・金の各曜日 10:00~18:00、
水曜日 10:00~17:00

休館日/土・日・祝・祭日、年末年始など、大学一斉休業日その他(暴風警報発令時など)

相談料

初回面接
(50~90分程度)
4,100円 (2014.4.1以降)
個人面接
(1回50分程度)
3,000円 (大学院生が担当した場合、1,000円)
並行面接
(1回50分程度)
4,100円 (2014.4.1以降)
心理検査 4,100円 (2014.4.1以降)
コンサルテーション
(1回50分程度)
3,000円  
プレイセラピー
(1回50分程度)
2,000円 (大学院生が担当した場合、1,000円)
グループセラピー 1,000円  

※医療保険の対象にはなっておりません。

こころのケアセンターへのアクセス

〒631-8585 奈良市学園南3-1-3
奈良・学園前キャンパス 16号館 3階
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

交通アクセスはこちら

アクセス

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス

このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA