研究・社会貢献|こころのケアセンター

ホーム の中の 研究・社会貢献 の中の こころのケアセンター

本文印刷


こころのケアセンター

こころの問題に関するご相談をお受けいたします

家庭のこと、学校のこと、職場のこと、そしてあなたのことで困ったときは、思い切って相談しましょう。
当センターは静かに考え、ほっとできる場所と時間を提供します。
(ご相談の内容については、秘密を厳守いたします。)

こころのケアセンター

こころの問題に関するご相談をお受けいたします

など、いろいろな心の健康に関するご相談をお受けいたします。

まず、初回面接担当者が相談をお受けいたします。その後、相談内容に応じて適切な担当者を決め、相談に応じます。
当センターは大学院生などの教育研究機関にもなっておりますので、本学教員や、臨床心理士の指導のもとに大学院生が相談を担当します。

ご相談の内容について、秘密は固く守られます。

相談の形態

  • 当センターでは、カウンセリングルームでの個人面接はもちろんのこと、並行面接といって夫婦や親子が同時に別々のカウンセラーと相談することもできます。
  • プレイルームで遊びを通してお子様の成長を促進するプレイセラピーや、同じような問題をもつお子さまや保護者がグループで活動するグループセラピーもあります。
  • さらには、心理検査のみの要望にもお応えします。また、学校の先生をはじめ対人援助職の人たちへのコンサルテーションも実施しています。

相談申し込み方法

相談は完全予約制です。お電話でお申し込みください。

のびのびクラス

「思っていることをうまく伝えられない」「お友だちとすぐにケンカをしてしまう」「気が散りやすく集中できない」「ルールが守れない」など、人との関わりや集団行動で適切に対応するのが苦手な小学校1~4年生のお子さんとその保護者を対象に、少人数でのグループ活動を行い、子どもグループでは発達の促進や社会性の向上を、保護者グループでは保護者同士で話をしたり情報交換を行っています。
隔週水曜日に月2回程度、1クール全8回のグループ活動です。

のびのびサークル

のびのびクラスを終了した小学生と、その保護者を対象に、フォローアップを目的としたグループ活動を行っています。
子ども達は同伴兄弟も含めた異年齢のグループの中で、社会性を学びながら楽しめる活動を行い、保護者グループには、のびのびクラス終了後も安心して話せる場を提供しています。心理学科が所有するアドベンチャーカウンセリングのプログラムを使用して、親子アドベンチャー体験も行っています。
毎月第3土曜日、半年1クール(全6回)のグループ活動です。

おや・つの会SST講座

2011年度開始(担当:大久保純一郎教授)。
奈良県高機能自閉症児・者の会アスカ、成人部・おや・つの会に協力。月1回(土曜日午後)大人のためのSST(Social Skills Training=社会生活技能訓練)をグループ活動で実施。

申込み先

帝塚山大学こころのケアセンター
TEL:0742-41-4937
受付と相談時間/月曜日 ~ 金曜日 10:00~17:00
休館日/土・日・祝・祭日、年末年始など、大学一斉休業日その他(暴風警報発令時など)
1回 50分程度(ただし、初回は50~90分程度)

相談料

初回面接 4,100円 (2014.4.1以降)
個人面接 3,000円 (大学院生が担当した場合、1,000円)
並行面接 4,100円 (2014.4.1以降)
心理検査 4,100円 (2014.4.1以降)
コンサルテーション 3,000円  
プレイセラピー 2,000円 (大学院生が担当した場合、1,000円)
グループセラピー 1,000円  

※医療保険の対象にはなっておりません。

こころのケアセンターへのアクセス

〒631-8585 奈良市学園南3-1-3
奈良・学園前キャンパス 16号館 3階
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

交通アクセスはこちら

アクセス

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス

このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA