• HOME
  • ニュース一覧
  • 【在学生・教職員】新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の活用について

ニュース

2020年07月09日
【在学生・教職員】新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の活用について

学生ならびに教職員の皆様へ

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の活用について

帝塚山大学

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、厚生労働省で開発を進めていた「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact Confirming Application)」が6月19日より利用開始となりました。
本アプリは、利用者が新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性がある場合に通知を受けることができるスマートフォンのアプリで、感染の可能性をいち早く知ることができます。それにより検査の受診など保健所のサポートを早く受けることや外出自粛など適切な行動を取ることができ、感染拡大の防止につながることが期待されます。
なお、個人が特定される情報や、陽性者と接触者(接触の可能性があると通知を受けた者)との関係についての情報は一切記録されず、プライバシーは十分に保護されています。
本アプリは利用者が増えることで感染防止の効果が高くなることが期待されています。自分をまもり、大切な人をまもり、地域と社会をまもるために、学生ならびに教職員の皆様には、接触確認アプリのご活用をお願いいたします。

■アプリのダウンロードについて
App Store (新型コロナウイルス接触確認アプリ(厚生労働省公式提供))
Google Play(新型コロナウイルス接触確認アプリ (厚生労働省公式提供) – プレビュー版

■アプリについて
・本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができるアプリです。
・利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。
・アプリについての詳細は厚生労働省ホームページをご確認ください。