学部・大学院|人文科学研究科 臨床社会心理学専攻

ホーム の中の 学部・大学院 の中の 心理科学研究科 心理科学専攻 の中の 進路・資格

本文印刷


進路・資格

本専攻では、地域で活躍できる心理相談員や公務員(心理職)、スクールカウンセラー、企業での産業カウンセラー、リスクマネジメント分野の専門家として活躍できる人材を養成します。 資格としては、臨床心理学専修コースは、臨床心理士第1種指定大学院に指定されていますので、臨床心理士(受験資格)を取得できます。心理学専修コースでは、必要な単位を取得して修了した場合、ドライバー診断等で必要とされる主任交通心理士(受験資格)を取得できます。

公認心理師(国家資格)

2015年9月に、国会で「公認心理師法」が可決、成立し、2017年度から施行される予定です。これを受けて、帝塚山大学心理学部および大学院心理科学研究科では、2017年度に向けて、公認心理師養成のためのカリキュラム作成、試験対策、就職支援などの準備を進めています。

臨床心理士

心理検査イメージ写真

心理検査イメージ写真

臨床心理士とは、日本における「心の専門家」として、人間の心についての豊富な知識を持つとともに、心の問題に悩む人に対して適切な方法で接することのできる人であるとされています。このために、日本臨床心理士資格認定協会では、「臨床心理士」の制度を定めて、心理系の大学院を指定しており、そうした大学院で臨床心理学を学び、資格審査に合格した者について「臨床心理士」の資格を授与しています。
スクールカウンセラーや医療機関、福祉施設等での活躍のみならず、犯罪被害者への支援や児童虐待への関わりなどその活動分野は拡がるばかりです。

交通心理士

高齢ドライバー研究風景

高齢ドライバー研究風景

交通心理士とは、交通安全教育や運転診断などの業務を遂行するために交通心理分野の専門知識と技能を身につけた専門家と言えます。大学院で心理学を幅広く学び、交通心理学の分野で修士論文を提出することにより、主任交通心理士の資格が得られます。 本資格は日本交通心理士会の認定する民間資格ですが、事故違反運転者への特別診断等の業務に必要な資格とされ、自動車事故対策機構診断員や自動車教習所指導員の取得者が増えています。すでにこれらの職業に従事している社会人の入学を期待しております。

入試情報サイト

お問い合わせについて

メールでのお問い合わせはこちら

  • お問い合わせ先一覧

資料のご請求はこちら

  • 資料請求
  • 交通アクセス


学部

大学院


このページの先頭へ
人と人、人と社会、今と未来を結ぶ絆 KIZUNA