帝塚山大学

居住空間デザイン学科の4年間

1年次

一般教養と建築・デザインの基礎を学ぶ

基礎演習で、大学で学ぶための基本スキルを修得しながら、一般教養と建築・デザインの基礎となる科目を学びます。製図や空間デザインなどの実習にも取り組みます。

  • 基礎演習
  • デッサン
  • 基礎表現実習
  • 生活環境論
  • 製図実習
  • 建築一般構造
  • 住宅計画
  • 空間デザイン実習I
  • 人間工学
  • 建築計画 など
学習風景

2年次

建築設計とデザインの基碇を実践的に学ぶ

法律・材料・構造・空間デザインなど 建築設計の基礎を学び、実習では現代生活が抱える問題の解決策を探り、対応力も養います。多様なデザインの専門科目も開講されます。

  • 基礎数学
  • 建築法規
  • 構法構造設計
  • 住宅設備機器
  • 空間デザイン実習II·III
  • 建築材料
  • 色彩学
  • インテリア計画
  • プロダクトデザイン実習I
  • ビジュアルデザイン実習I など
授業風景

3年次

より高度な設計技術 製図技術を身につける

さまざまな用途の建物の設計、さまざまな空間のインテリアデザインを学び、専門性を深めます。建築CADや 工芸デザインの実習もスタート。幅広い領域でスキルを磨きます。

  • インテリアデザイン実習
  • 建築CAD実習
  • 建築施工
  • 建築デザイン実習
  • 商業空間デザイン
  • 光環境計画
  • プロダクトデザイン実習II・III
  • ビジュアルデザイン実習II・III
  • WEBデザイン演習 など
演習風景

4年次

4年間の学びの成果をそれぞれの表現で発表

「ゼミナール」がスタート。各自ひとつのテーマを掘り下げて研究し、担当教員の指導のもと卒業論文・卒業設計・卒業制作のいずれかの形で発表。卒業研究展で公開します。

  • ゼミナールI・II
  • 卒業研究 など
演習風景

私の場合

課題を終えるたび、大きな達成感。授業が楽しくて仕方ありません

実習の授業が多く、「空間デザイン実習」では、「木造二階建」「サイクリングが趣味」など与えられたテーマや条件に沿って住宅の設計・製図·模型作りを実践。課題が多く大変ですが、その分達成感は大きく、やり遂げるたびに夢に近づいている実感があります。少人 数制のグループ授業のため、先生が一人ひとりを親身に指導してくださることもモチベーションにつながっています。

祐岡 亜弥さん

現代生活学部 居住空間デザイン学科 2年 畝傍高校 (奈良)出身

  • 掲載情報は取材当時