教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 竹中 美香
氏名(カナ) タケナカ ミカ
氏名(英字) Takenaka  Mika
職名 非常勤講師
学位・資格 博士(教育学)
本学での担当科目 障害児保育・障害児教育論
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=988405

 著書

タイトル 著者 出版社 出版年月 担当区分 担当範囲 概要
保育実践にいかす障がい児の理解と支援 矢野正 嵯峨野書院 2014 共著 第2章 障がい児保育の理念と形態 p9―16  障がい児保育の理念と形態について、世界的な歴史やその考え方を紹介し、
障がいとは何かを問いていく大切さを述べた。
児童家庭福祉の成立と課題

井村圭壮・相沢譲二 勁草書房 2013 共著 第4章 児童家庭福祉の歴史(日本)pp23‐29 児童家庭福祉における日本の歴史について紹介した。
子育てはぶつかり稽古 一色尚 スクールマネジメント研究所  2013 「ぶつかり稽古」の効能 pp.81-99 発達における子ども同士のぶつかり合いの意義について現代社会の問題点を探りながら論じた

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
障害の理解の深まりが自我発達に及ぼす影響についての検討―障害者観の変容と自己概念の変容―



竹中美香 単著 発達人間学研究 生涯発達研究会 Vol.11 No.1 1 8 2006
幼稚園におけるキンダー・カウンセラーの役割に関する研究―アンケート調査からみたキンダーカウンセラー事業のあり方― 竹中美香 単著 東大阪大学・東大阪大学短期大学部教育研究紀要,7,31-34 東大阪大学 Vol.7 31 38 2008
幼児期に障害のある子に出会う意義についての一考察―障害理解が子どもの発達に与える影響― 竹中美香 単著 東大阪大学・東大阪大学短期大学部教育研究紀要,6,9-17 東大阪大学 V0l.6 17  2010
乳幼児期のけんかやいざこざの発達的意義に関する検討―自我発達の観点から見た所有をめぐる対人行動の発達―  竹中 美香 単著 発達人間学研究,14,1,1-10. 生涯発達科学会 Vol.14 No.1 1 10 2013

 講演・口頭発表等

タイトル 講演者 単著・共著の別 会議名 開催年月日 主催者 開催地 概要
「障害受容と揺れ動く心の過程」―障害のある子をもつ親の思い― 竹中美香 大阪難聴児親の会「親のつどい」講演 2010 全国難聴児親の会 大阪ドーンセンター わが子が障がい児であると分かった時から、受容するまでの心の過程について講演した。

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本教育心理学会  2006 現在に至る 正会員
日本学生相談学会 2010 現在に至る 正会員
生涯発達科学会 2000 現在に至る 幹事、編集委員
日本乳幼児教育学会 2012 現在に至る 正会員

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
2014 現在に至る 八尾市つどいの広場 発達相談員
 八尾の保育所で子どもの発達相談にあたっている。
2005 現在に至る 大阪府私立幼稚園連盟 キンダー・カウンセラー
 幼稚園で教員や保護者へのカウンセリングや発達相談

一覧へ戻る