教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 関 誠
氏名(カナ) セキ マコト
氏名(英字) SEKI MAKOTO
学部・学科 法学部法学科
職名 准教授
出身学校・専攻 京都大学法学部
出身大学院・研究科 京都大学大学院人間・環境学研究科
学位・資格 博士(人間・環境学)
本学での担当科目 外交政策論、政策過程論
研究内容 【国際政治学、外交史】
国際政治や外交について歴史的アプローチで研究しています。現在は特に明治期日本の対外政策過程における情報の役割を研究しています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=970107
ひとことメッセージ 大学をフル活用して、学びに遊びに大学生活を満喫して下さい。

 研究分野

研究分野
国際関係論
政治学

 著書

タイトル 著者 出版社 出版年月 担当区分 担当範囲 概要
日清開戦前夜における日本のインテリジェンス ミネルヴァ書房 2016 単著

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
日清戦争以前の日本陸軍参謀本部の情報活動と軍事的対外認識 関誠 単著 国際政治 日本国際政治学会 154 2008
イギリス極東政策における巨文島占領論の系譜とその性質 関誠 単著 社会システム研究 京都大学大学院人間・環境学研究科社会システム研究刊行会 11号 2008
日清天津条約前後の日本における情報と政策 関誠 単著 情報史研究 情報史研究会 4 2012

 講演・口頭発表等

タイトル 講演者 単著・共著の別 会議名 開催年月日 主催者 開催地 概要
日清戦争以前の日本陸海軍の対外認識 関誠 日本国際政治学会2010年度研究大会 2010 日本国際政治学会 札幌

 その他業績

タイトル 実施年月 単著・共著の別 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 分類 概要
「情報史研究のための主要文献紹介」 2007 共著 『インテリジェンスの20世紀 情報史から見た国際政治』(千倉書房) 文献紹介 巻末で主要文献紹介の編集・執筆を行った。共著者の推薦・解説をもとに、インテリジェンス関連の学術書を英語文献を中心に約120冊選び、それぞれ数行の概説を付して紹介した。
8「情報戦としての日露戦争 谷寿夫『機密日露戦史』」、
9「なぜ奇襲を防げないのか R.ウールステッター『パールハーバー』」
2008 共著 『名著で学ぶインテリジェンス』(日本経済新聞出版社) 一般向け概説書 英米の学術的インテリジェンス研究において定評のある著作を中心に20冊のインテリジェンス研究書を紹介、解説。関は、第8、9章を分担。8章では、日露戦争研究の基礎文献『機密日露戦史』の諜報を扱った章を現代英米でのインテリジェンス研究の観点を加味しつつ紹介、解説した。9章では、真珠湾奇襲研究の古典『パールハーバー』をその後9・11テロまでの英米での学術的奇襲研究を加味して紹介、解説した。

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
戦略研究学会
日本国際政治学会
日本政治学会

一覧へ戻る