教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 清水 昭博
氏名(カナ) シミズ アキヒロ
氏名(英字) SHIMIZU AKIHIRO
学部・学科 文学部日本文化学科
職名 教授・学部長・人文科学研究科長・考古学研究所長・附属博物館長
出身学校・専攻 大阪市立大学 文学部 史学地理学科 日本史専攻 卒業
学位・資格 博士(文学)
本学での担当科目 考古学
研究内容 【日本、朝鮮半島の瓦の歴史】
日本の瓦の歴史は約1400年前に始まりますが、瓦が朝鮮半島から古代の日本にどのように伝えられ、当時、瓦がどのように作られていたのかを研究しています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=951803
ひとことメッセージ 古都奈良の魅力ある遺跡をともに学びましょう!

 研究キーワード

研究キーワード
古代寺院 瓦

 研究分野

研究分野
考古学

 著書

タイトル 担当区分 出版社 出版年月
東アジアの瓦当文化 単訳 帝塚山大学出版会 20170331
古代朝鮮の造瓦と仏教 単著 帝塚山大学出版会 20130331
古代日韓造瓦技術の交流史 単著 清文堂 20120300

 論文

タイトル 単著・共著の別 発行雑誌 出版年月
出土瓦からみた飛鳥時代の歴史小話 単著 飛鳥遊訪マガジン  20160416
瓦の来た道-百済から倭へ- 単著 第5回百済国際文化シンポジウム 20121215
日本における百済瓦工の足跡-奈良県広陵町三吉周辺出土軒丸瓦の評価- 単著 第8回百済文化国際シンポジウム 20151114
百済における飛鳥寺造営期の瓦生産 単著 第7回百済文化国際シンポジウム 20141206
飛鳥時代の尼と尼寺-考古資料からのアプローチ― 単著 日本古代考古学論集 20160331
全件表示(53件)

 講演・口頭発表等

タイトル 会議名 開催年月日
「日本の鬼瓦-歴史編-」 第381回 市民大学講座
20160225
蘇我氏の邸宅と瓦〜畝傍の家の所在を考える〜
第380回市民大学講座

20160225
第375回 市民大学ウォーク④「地光寺跡と葛城市歴史博物館特別展 『葛城古寺探訪―二上・葛城・金剛山麓の古代寺院―』の見学」 帝塚山大学考古学研究所・附属博物館市民大学講座 20161126
帝塚山大学考古学研究所・附属博物館連続講座
「瓦は語るⅢ〜古代宮都の造営事情〜」第3回「現地講座 藤原宮跡と本薬師寺跡」
帝塚山大学共催講座 20161219
瓦は語るⅢ〜古代宮都の造営事情〜第2回 「平城宮」 帝塚山大学共催講座 20161128
全件表示(157件)

 その他業績

タイトル 担当区分 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 実施年月 分類
崔 聖銀(徳成女子大学校 美術史学科教授)「東アジア仏教彫刻を通してみた百済弥勒 寺の仏像」 帝塚山大学考古学研究所歴史考古学研究会第142回 20120200 (韓国語通訳)
『日笠フシンダ遺跡』奈良県文化財調査報告書第144冊 共著 奈良県立橿原考古学研究所 20110300 (報告書・概報など)
『龍田陣屋跡』奈良県文化財調査報告書第147冊 共著 奈良県立橿原考古学研究所 20110300 (報告書・概報など)
四条遺跡Ⅱ 共著 奈良県立橿原考古学研究所調査報告第106冊、奈良県立考古学研究所 20100300 (報告書・概報など)
『国宝 唐招提寺金堂修理工事報告書 発掘調査編・瓦調査編』 共著 『国宝 唐招提寺金堂修理工事報告書』 20091200 (報告書・概報など)
全件表示(74件)

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
20110600 奈良国立博物館客員研究員
20110400 帝塚山大学考古学研究所 歴史考古学研究会 座長
20100000 大阪市立大学日本史学会 会員
20060800 20100300 終了 史跡中宮寺跡整備検討委員会委員
20020700 20030300 終了 韓国・国立忠南大学校百済研究所交換研究員
全件表示(6件)

 受賞

受賞年月 授与機関 受賞名 概要
201403 公益財団法人日本交通研究協会 第二回住田古瓦・考古学研究奨励賞 古代瓦研究を中心とした日本古代史に関わる賞

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
基盤研究(A) 20070000 20100000 東アジアにおける初期都宮および王墓の考古学的研究 研究分担者

一覧へ戻る