教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 渡辺 康代
氏名(カナ) ワタナベ ヤスヨ
氏名(英字) WATANABE YASUYO
学部・学科 文学部日本文化学科・現代生活学部
職名 非常勤講師
出身学校・専攻 日本女子大学文学部史学科
出身大学院・研究科 筑波大学大学院歴史・人類学研究科(博士課程一貫)史学専攻歴史地理学コース
学位・資格 博士(文学)
本学での担当科目 歴史地理、人文地理、日本地誌、世界地誌、地理学実習、文化環境論、地域文化論
研究内容 江戸時代を中心に、近世城下町住民の生業(暮らし)の実態や、都市-村落関係の実態について、「祭礼」に着目・分析しながら研究しています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=948403
ひとことメッセージ 地図や絵図から、人間の智恵と努力の跡を、一緒に解いていきましょう。

 研究キーワード

研究キーワード
都市・村落関係 祭礼  生業 城下町

 研究分野

研究分野
人文地理学

 著書

タイトル 担当区分 出版社 出版年月
『景観形成と歴史地理学―関東縁辺の地域特性―』 共著 二宮書店 200803
『近世武士の生活と意識「添田儀左衛門日記」―天和期の江戸と弘前―』 共著 岩田書院 20041000

 論文

タイトル 単著・共著の別 発行雑誌 出版年月
本多健一著『京都の神社と祭り―千年都市における歴史と空間』(中央公論新社、中公新書2345、平成27年10月刊) 単著 『歴史地理学』 201603
本多健一著『中近世京都の祭礼と空間構造―御霊祭・今宮祭・六斎念仏―』(吉川弘文館、平成25年10月刊) 単著 『史林』 201501
近世城下町における祭礼の変化に関する歴史地理学研究―伊賀国上野および下野国烏山を事例として― 単著 『地理学評論』 201507
近世城下町における祭礼の変化に関する歴史地理学的研究―伊賀国上野および下野国烏山を事例として― 単著 『人文地理』 201502
近世城下町における祭礼の変化に関する歴史地理学研究―伊賀国上野および下野国烏山を事例として― 単著 2014年度筑波大学博士(文学)学位請求論文 201412
全件表示(18件)

 講演・口頭発表等

タイトル 会議名 開催年月日
近世城下町における祭礼の変化に関する歴史地理学的研究―伊賀国上野および下野国烏山を事例として― 人文地理学会第136回歴史地理研究部会 20141025
近世今井町を支えた住民と地域
帝塚山大学・帝塚山大学奈良学総合文化研究所公開講座 20111112
伊賀上野城下町のその後―明治35年の上野天神千年祭からみた上野町の生業と地域間関係― 歴史地理学会大会 20100500
伊賀上野城下町の生業展開と地域間関係 奈良地理学会夏期例会 20090700
近世桑名における祭礼の史的展開―『桑名日記』を中心に― 人文地理学会特別例会 20040600
全件表示(7件)

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
地理空間学会 20090000 現在に至る
奈良地理学会 20090000 現在に至る
日本地理学会 19980000 現在に至る
人文地理学会 19980000 現在に至る
歴史地理学会 19960000 現在に至る

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
20170929 20170929 香川県指定文化財の指定に係る調査指導等(香川県三豊市詫間町香田、香田のオトグイの調査指導)
201504 現在に至る 香川県文化財保護審議会委員

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
福武学術文化振興財団
2009 2009 山田雄司 崇徳院怨霊の地域的展開 分担者

一覧へ戻る