教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 河越 隼人
氏名(カナ) カワゴシ ハヤト
氏名(英字) KAWAGOSHI HAYATO
学部・学科 心理学部心理学科
職名 准教授
出身学校・専攻 帝塚山大学大学院人文科学研究科 修士課程
出身大学院・研究科 同志社大学大学院心理学研究科 博士後期課程
学位・資格 博士(心理学)、臨床心理士
本学での担当科目 カウンセリング論
研究内容 【カウンセリング心理学、臨床心理学】
カウンセリング技法の効果やそのトレーニング方法に関心を持って研究を進めています。また、カウンセリング技法を応用できる領域の拡大にも関心を持っています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=920304
ひとことメッセージ 自由な発想を大切にし、こころの科学を楽しみましょう。

 研究キーワード

研究キーワード
カウンセリング技法、マイクロカウンセリング、カウンセリングの傾聴的機能

 研究分野

研究分野
臨床心理学

 著書

タイトル 担当区分 出版社 出版年月
マイクロカウンセリングによるカウンセリング技法の習得―モデリングと言語化の役割― 単著 風間書房 20180300
心理学概論[第2版] 分担執筆 ナカニシヤ出版 20140400

 論文

タイトル 単著・共著の別 発行雑誌 出版年月
主観的随伴経験が他者からの評価に対する認知反応に及ぼす影響 単著 帝塚山大学心理科学論集 20180300
感情の反映技法が有する感情の賦活機能に関する研究―いいかえ技法との比較を通じて― 単著 マイクロカウンセリング研究 20180300
カウンセリング場面におけるいいかえ技法の傾聴的機能 単著 マイクロカウンセリング研究 20160300
日本における実証的研究を中心としたマイクロカウンセリング研究の動向と展望 単著 マイクロカウンセリング研究 20140300
弁護士を対象としたマイクロカウンセリングによるカウンセリング技法習得の有効性 共著 カウンセリング研究 20121100
全件表示(11件)

 講演・口頭発表等

タイトル 会議名 開催年月日
マイクロ技法が有する感情の賦活機能―感情の反映技法といいかえ技法に着目して― 日本マイクロカウンセリング学会平成29年度学術研究集会 20180300
Development of the functions of active listening scale. The 31st International Congress of Psychology 20160700
The effects of microcounseling on counselor activity self-efficacy in the novice counselor The 14th European Congress of Psychology 20150700
日本マイクロカウンセリング学会平成27年度総会特別研修会(ラウンドテーブル方式)話題提供 日本マイクロカウンセリング学会平成27年度総会特別研修会 20150500
いいかえ技法のもつ傾聴的機能に関する研究 日本マイクロカウンセリング学会第7回学術研究集会 20150300
全件表示(15件)

 その他業績

タイトル 担当区分 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 実施年月 分類
書評『カウンセラーのための法と臨床-離婚・虐待・非行の問題解決に向けて-』 単著 法と心理 20130800
この人をたずねて 単著 心理学ワールド, 日本心理学会 20120700

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本マイクロカウンセリング学会 201104 現在に至る 正会員
法と心理学会 201004 現在に至る 正会員
日本認知・行動療法学会 200904 現在に至る 正会員
日本心理学会 200904 現在に至る 正会員
日本心理臨床学会 200804 現在に至る 正会員
全件表示(7件)

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
20130000 現在に至る 日本マイクロカウンセリング学会 研修会 講師
20120000 20130000 終了 産業カウンセラー シニアコース講座「リサーチ」 講師

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
日本学術振興会 科学研究費 若手研究(B) 20160400 20190300 河越隼人 カウンセリング技法トレーニングの発展に関する研究:マイクロカウンセリングの洗練化 研究代表者

一覧へ戻る