教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 伊藤 知子
氏名(カナ) イトウ トモコ
氏名(英字) ITO TOMOKO
学部・学科 現代生活学部食物栄養学科
職名 教授
学位・資格 博士(学術)
本学での担当科目 調理学、調理学実習
研究内容 【調理学、調理科学】
調理とは、「食品」を「食べ物」にすることです。食材、また食べる人の状態に応じて「食べ物」を作るために食事計画、調理操作、食卓構成について総合的にアプローチしていきます。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=910902
ひとことメッセージ 「食」だけでなく、多くのことを観察し、考え、発見して下さい。

 研究キーワード

研究キーワード
調理科学
食生活学

 研究分野

研究分野
食生活学

 著書

タイトル
食品学
調理科学概論
新版 総合調理科学辞典
食品学 食べ物と健康
食生活 健康に暮らすために
全件表示(6件)

 論文

タイトル
NAD+からNADHへの変換機構に関与する豆乳中の酵素画分と低分子画分の分画
Alcohol Formation from Aldehydes by Endogeneous Alcohol Dehydrogenase in Soybean Extracts
固形状態におけるリノール酸メチルの過酸化物との反応に伴うリゾチームの化学構造の変化
水溶液系における脂質過酸化物との反応による卵白リゾチームの重合化にはリジン残基が寄与している
小豆の子葉細胞内デンプンの糊化
全件表示(33件)

 MISC

タイトル
ジャガイモ細胞の分離およびその特性
ニンジン、小松菜、ホウレンソウの成分に対する品種及び栽培条件の影響
かぼちゃの組織内デンプンの糊化
小豆の子葉細胞内デンプンの老化とその評価方法
キッチンから環境を考える-生ごみ減量の可能性を探る-
全件表示(20件)

 講演・口頭発表等

タイトル
自然素材を使ったパン作り
だいじょうぶなの?私たちの食生活〜食の安全〜
女と男(みんな)で考えよう 明日につながる食生活
「地域の食文化」から見えてくること
油と衣のバリエーションで食卓を豊かに〜健康的な揚げ物をめざして〜
全件表示(9件)

 その他業績

タイトル 実施年月 単著・共著の別 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 分類 概要
なにわの伝統野菜 服部越瓜(はっとりしろうり) 201311 単著 日本フードスペシャリスト協会 会報47号
p9
なにわの伝統野菜の一つである服部越瓜の歴史、利用方法、新しい利用方法について解説した。
「まるひめ」と「ななはるか」からプレミアムオイル-栽培・加工マニュアル- 201702 共著 農研機構 次世代作物開発研究センター 「まるひめ」と「ななはるか」の圧搾油を用いた最適なレシピについて紹介した。

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本家政学会 199101 現在に至る 関西支部役員(201404-201603)
第69回大会 大会実行委員会幹事(2017)
日本食品科学工学会 199310 現在に至る
日本応用糖質科学会 199501 現在に至る
日本調理科学会 199601 現在に至る 近畿支部常任委員(200401-201204、201404-201603)
本部評議員(200801-201203)
近畿支部委員(201204-201403、201604-現在に至る)
大会実行委員(平成21年度、平成25年度、平成30年度)
日本食品衛生学会 199901 現在に至る
日本栄養改善学会 200601 現在に至る
日本食生活学会 200804 現在に至る

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
文部省 奨励研究A 科学研究費 199204 199303 藤村知子 あん原料豆の子葉細胞内デンプンの糊化に関する研究 代表者
文部省 奨励研究A 科学研究費 199404 199503 藤村知子 小豆組織内デンプンの糊化に関する研究 代表者
文部科学省 若手研究B 科学研究費 199904 200103 伊藤知子 細胞状食品の嗜好性に及ぼす細胞内デンプンの糊化および老化の影響 代表者
文部科学省 若手研究B 科学研究費 200104 200303 伊藤知子 細胞内デンプンの糊化および老化に対する香辛料の影響 代表者
農林水産省 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業【実用技術開発ステージ】 201404 201703 大潟直樹 「高品質ゴマ「まるひめ」とナタネ「ななはるか」の輪作体系によるプレミアムオイル生産 分担者

一覧へ戻る