教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 高藤三千代
氏名(カナ) タカトウ ミチヨ
氏名(英字) TAKATO, michiyo
学部・学科 現代生活学部・食物栄養学科
職名 非常勤講師
出身学校・専攻 関西学院大学 教育社会学専攻
出身大学院・研究科 コロンビア大学大学院 比較教育学・人類学専攻
学位・資格 Ph.D
本学での担当科目 教育社会学、国際教育学、社会と人間B(教育)、社会学I、社会学II、社会・文化A(社会学)
研究内容 グローバリゼーション・国民国家・移民と教育、文化・認知行為・ことばと学習
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=871400

 著書

タイトル 担当区分 出版社 出版年月
文化、ことば、教育―日本語/日本の教育の「標準」を越えて 分担執筆 明石書店 200809
The Native Speaker Concept: Ethnographic Investigations of Native Speaker Effects 分担執筆 Mouton de Gryter 200912

 論文

タイトル 単著・共著の別 発行雑誌 出版年月
均一化された教育空間と支援のかたち―日系ペルー人保育士における家族、就学、社会 単著 外国人児童生徒の就学問題の家族的背景と就学支援システムの研究 200703
Imagined Ethnicity and Rites of Institution: An Ethnographic Analysis of Transnational Schooling of Nikkeis from Brazil 単著 Educational Studies in Japan: International year book 200612

 講演・口頭発表等

タイトル 会議名 開催年月日
Toward Polyphonic Symbiosis:  Confronting National and Ethnic Categories and Practicing Tabunka-kyosei 第109回AAA米国人類学会定例年会 201011
“Rites of Institution and Imagined Ethnicity: An Ethnographic Study of Transnational Schooling of Nikkeis from Brazil AERA米国教育学会定例年会 200604
トランスナショナルな言語継承体験が提示する民族・文化概念の恣意性―『多文化』共生空間の再考へ 第ニ回多文化共同実践研究・全国フォーラム 200811
民族国民概念の拘束と日本でスペイン語を(再)継承すること―アイデンティティ・境界・想像 第一回研究フォーラム「多言語化する日本社会―理想と現実―」 200906
日系移民の還流と国民国家「教育」共同体のゆらぎ 課題研究1 教育とグローバリゼーション(2):移民・言語・政策 200909

一覧へ戻る