教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 辻川 ひとみ
氏名(カナ) ツジカワ ヒトミ
氏名(英字) TSUJIKAWA HITOMI
学部・学科 現代生活学部居住空間デザイン学科
職名 准教授・学科長
出身学校・専攻 大阪市立大学 生活科学部 生活環境学科 卒業
出身大学院・研究科 大阪市立大学 大学院 生活科学研究科 博士後期課程 修了
学位・資格 博士(学術)、一級建築士
本学での担当科目 環境デザイン
研究内容 【環境デザイン、住居計画】
住居から都市空間まで人が関わる様々な空間を対象に、環境的な要因と人間的な要因の双方からアプローチした研究を行い、生活の質的向上を目指したデザインを探求しています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=848107
ひとことメッセージ 時代の変化に敏感に反応し、幅広い知識と感性を持ち合わせたデザイナーに育って欲しいと思います。

 研究キーワード

研究キーワード
福祉施設計画、その他建築計画、環境デザイン、住居計画

 研究分野

研究分野
都市計画・建築計画

 著書

タイトル
新版 家政学事典
最短で学ぶ JW_CAD建築製図

 論文

タイトル
都市における空間構成要素の位置づけ-ストリート・ファニチュアの定義と分類-
屏風絵に見る都市のイメージの分析-わかりやすさの要因-
一年間の定点観測による人の行動とストリートファニチュア-大学キャンパスオープンスペースを事例に-
環境デザインにおけるストリートファニチュアの研究
商業地における人の動きとストリート・ファニチュア-戎橋周辺の事例研究にみる-
全件表示(21件)

 講演・口頭発表等

タイトル
江戸図屏風にみる都市のイメージの分析
パブリックアートの評価と実態
ストリート・ファニチュアの再構成とその分類
ストリート・ファニチュアの概念に関する研究
パブリックアートの現状と問題点
全件表示(23件)

 発表作品

作品名 発表者 単著・共著の別 作品分類 発表年月 発表場所・発表地 概要
医療施設 サカモト眼科 20041001 兵庫県明石市 改修基本計画(主な建築作品)
住宅 T邸 20050900 兵庫県神戸市 インテリア実施設計・監理(主な建築作品)

 その他業績

タイトル 実施年月 単著・共著の別 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 分類 概要
都市におけるパブリックアートの類型化と位置づけ 19970700 共著 日本建築学会近畿支部研究報告集第37号計画系 (紀要・その他) 現在、パブリックアートにはアート表現の触覚化、聴覚化など様々な新しい試みがなされている。パブリックアートの在り方にも多様化の兆しが表れていると言える。そこで、今後の都市デザインにおけるパブリックアートを日本独自の文化的視点から類型化することを試みた。結果、大きく分けてハード先行・表現重視型、ソフト先行・表現重視型、ソフト先行・行為重視型の3つに類型することが出来た。 青山円香・北浦かほる・斎木陽子・辻川ひとみ (共同研究につき本人担当分抽出不可能)(P353〜P356)
ストリート・ファニチュアの概念に関する研究 19970700 共著 日本建築学会近畿支部研究報告集第37号計画系 (紀要・その他) ストリート・ファニチュアは1950年代にイギリスで生まれた言葉である。しかし、この言葉が生まれる以前にも明治時代から日本の都市にはストリート・ファニチュアに該当するモノが見受けられる。そこでこうしたストリート・ファニチュアを時代背景と共に年表として纏め、現代にいたるまでのストリート・ファニチュアの歴史的変化を探ってみた。 斎木陽子、北浦かほる、青山円香、辻川ひとみ (共同研究につき本人担当分抽出不可能)(P349〜P352)
屏風絵に見る都市のイメージの分析-二つの屏風絵における 19970701 共著 日本建築学会近畿支部研究報告集第37号計画系 (紀要・その他) 2つの代表的な江戸図屏風、暦博本と出光本の両屏風を、K.リンチの提案した都市のイメージの構成要素を発展させた分析方法で、江戸の街のイメージを抽出し、イメージマップを作成し、それぞれどのようなイメージで捉えられていたのかを比較検討したものである。結果、支配者層のために描かれた暦博本では「水」、庶民のために描かれた出光本では「通り」が都市のイメージ構造の軸となっていることが分かった。 辻川ひとみ、北浦かほる (共同研究につき本人担当分抽出不可能)(P389〜P392)
商業地における環境特性とストリート・ファニチュア 19970900 共著 日本建築学会近畿支部研究報告集第38号計画系 (紀要・その他) 現在の商業地にどのようなストリート・ファニチュアが存在し、それらが周囲を取り囲む環境とどのように関わっているのかを、商店街における道幅やアーケードの天井高さ、ファサードの様子、さらに店の業種形態やセットバックの有無など、様々な状況から考察し、ストリート・ファニチュアの設置状況について検討している。 辻川ひとみ・北浦かほる・川畑佳織 (共同研究につき本人担当分抽出不可能)(P541〜P544)
商業地のオープンスペースにおける人の行動領域の分析 19980700 共著 日本建築学会近畿支部研究報告集第38号計画系 (紀要・その他) 商業地におけるオープンスペースを対象とし、そこに集まる人や通行する人の流れを調査・分析し、商業地における人の行動の種類と時間帯によるその変化、及び平日、休前日、休日といった曜日による異なりを知ることで、商業地特有の傾向を明らかにしようとしたものである。結果、対象地は朝ではストリート性、昼から夜にかけてはオープンスペース性の2面性を持っている事が分かった。
大学キャンパスにおけるストリート・ファニチュアの研究-1年間の定点観測における利用者行動特性との関係- 19990700 共著 日本建築学会近畿支部研究報告集第39号計画系 (紀要・その他) 大学キャンパス内のオープンスペースを一年間定点観測することで、オープンスペースにおける人の行動の特徴と曜日・時間帯による変化を明らかにし、年間を通したオープンスペースの使われ方と、それらを支えるストリート・ファニチュアと人の行動の関わりを考察したものである。結果、利用状況は大きく分けて通行と滞在の場として使われている時期、通行だけの時期、ほとんど利用されていない時期の3つのパターンがあり、大学キャンパス特有の利用状況が把握できた。 辻川ひとみ、北浦かほる (共同研究につき本人担当分抽出不可能)(P705〜P708)

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本建築学会 現在に至る
こども環境学会
日本デザイン学会
El Grupo de Investigacion Paisaje Cultural(文化的景観研究会) 現在に至る
日本都市計画学会

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
200209 200210 終了 市民向けセミナー「働く女性の住まいを考える」の実施 於:大阪市 クレオ大阪東
(財)大阪市女性協会の依頼を受けて、大阪市内在住または在勤・在学の女性を対象に「働く女性の住まいを考える」と題したセミナーの講師を務めた。働く女性が増加するにつれて、住まいにも新しい役割が求められるようになった事を踏まえ、仕事と家庭の両立をサポートする住まいづくりを再考してみようとしたものである。
200310 200310 終了 講演「健康で豊かな住まいづくり 〜これからの住空間を考える〜」於:河内長野市市民会館「モックル」
大阪府河内長野市が主催する「モックル いきいき大学講座」において、「健康で豊かな住まいづくり 〜これからの住空間を考える〜」と題した講演を行った。シックハウス問題を含む空気環境や温熱環境など、環境工学的視点から住まいづくりや住まいの維持管理方法などについて講義した。
200410 200410 終了 「医療施設 S眼科」インテリアの改修基本計画(共同)
200509 200509 終了 「住宅 T邸」インテリアの実施設計・監理(共同)神戸市

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
日本学術振興会 基盤研究(C) 科学研究費 20150401 20180331 辻川 ひとみ 家庭的保育施設における戸外活動の実態と地域資源の役割 研究代表者
古川医療福祉設備振興財団 研究助成 古川医療福祉設備振興財団第2回研究助成 20150401 20160331 辻川ひとみ 「個人実施型」家庭的保育施設の室内計画と戸外活動に関わる地域資源のあり方について 研究代表者

一覧へ戻る