教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 谷口 淳一
氏名(カナ) タニグチ ジュンイチ
氏名(英字) TANIGUCHI JUNICHI
学部・学科 心理学部心理学科
職名 教授
出身学校・専攻 大阪大学 人間科学部人間科学科
出身大学院・研究科 大阪大学大学院 人間科学研究科博士後期課程
学位・資格 博士(人間科学)、専門社会調査士
本学での担当科目 社会心理学
研究内容 【自己呈示、親密な関係の形成と維持】
友人関係や恋愛関係といった親密な関係の形成や維持に関わる要因は何なのか、また、そのような親密な関係の形成が自らにどのような影響を与えているのかを研究しています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=847500
ひとことメッセージ 心理学を学んで、周りの人のことを理解できる人になって下さい。

 研究キーワード

研究キーワード
親密な関係、自己呈示、恋愛

 研究分野

研究分野
社会心理学

 著書

タイトル
わたしそしてわれわれ(ミレニアムバージョン―現代に生きる人のための心理学テキストブック)
パーソナルな関係の社会心理学
イラストレート恋愛心理学-出会いから親密な関係へ
わたしから社会へ広がる心理学
よくわかる心理学
全件表示(17件)

 論文

タイトル
異性に対する自己呈示方略に関する実験的研究-自己呈示ジレンマ状況における魅力度と重要度の効果-
恋愛のイメージと好意理由に及ぼす異性関係と性別の影響
同性友人関係におけるパーソナリティの類似性認知が魅力判断に与える効果-パーソナリティ特性次元と対人魅力次元による検討-
Love styles and romantic love experience in Japan
RCI尺度の改訂と妥当性についての検討-RCI尺度で測定される関係の親密さとは?-
全件表示(34件)

 講演・口頭発表等

タイトル
異性に対する自己呈示方略に関する実験的研究-自己呈示ジレンマ状況における異性の魅力と自己概念の重要度の影響-
異性関係における自己呈示
愛ゆえの嫉妬と羨望:Leeのラブスタイルを手掛りとして
Love Styles and Romantic Love Experiences (1)
Love Styles and Romantic Love Experiences (2)
全件表示(129件)

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本社会心理学会 20000400 会員
日本グループ・ダイナミックス学会 20000400 会員
日本心理学会 20010400 会員
日本感情心理学会 20010400 会員
日本教育心理学会 20030400 会員
日本健康心理学会 20050400 20120300 退会 会員
日本パーソナリティ心理学会会員 20050900 会員
Society for Personality and Social Psychology 20060300 会員
日本応用心理学会 20090400 会員
International Association for Relationship Research 20120200 会員
産業・組織心理学会 20130400 会員
International Association of Applied Psychology 20140300 201503 退会 会員

 受賞

受賞年月 授与機関 受賞名 概要
201509 日本応用心理学会 日本応用心理学会第81回大会優秀発表賞

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
科学研究費補助金 若手研究(B) 20060400 20090300 谷口淳一 親密な他者に対する自己高揚的自己呈示が自尊心及び精神的健康に及ぼす影響 研究代表者
科学研究費補助金 基盤研究(B) 20070400 20100300 大坊郁夫 対人コミュニケーションを活用した社会的スキル・トレーニングの研究 研究分担者
科学研究費補助金 基盤研究(B) 20100400 20130300 大坊郁夫 相互作用「場」を活性化するコミュニケーション力の研究 研究分担者
科学研究費補助金 若手研究(B) 20120400 20150300 谷口淳一 友人からの自己への評価が関係内外へ与える影響 研究代表者
科学研究費補助金 基盤研究(C) 20160401 20200331 谷口淳一 低自己評価者の対人ネットワークの拡大を支える重要他者の制御資源保存機能 研究代表者

一覧へ戻る