教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 大西 智之
氏名(カナ) オオニシ トモユキ
氏名(英字) ONISHI TOMOYUKI
学部・学科 全学教育開発センター
職名 教授・学長補佐・全学教育開発センター長
出身学校・専攻 広島大学 総合科学部 総合科学科 地域文化コース・アジア研究専攻 卒業
出身大学院・研究科 大阪外国語大学 大学院 外国語研究科 東アジア語学(中国語)専攻 修士課程 修了
学位・資格 文学修士
本学での担当科目 中国語
研究内容 【中国語の文法研究】
現代中国語の文法を研究。日本人による誤用を出発点とし、なぜそのような誤りを犯したのかを、日本語との対照を通して明らかにすることを目指しています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=663506
ひとことメッセージ 外国語を学べば未知の世界に触れることができます。

 研究キーワード

研究キーワード
中国語、日本語、対照研究

 著書

タイトル 著者 出版社 出版年月 担当区分 担当範囲 概要
北京駐在日記 【中国語ビジネス会話】 東方書店 20010300 共著 総129頁 中国語中級テキスト。語彙や表現を精選し、口頭表現練習を組み入れることによって、使える中国語力の養成を目指した。また、自習用として使えるよう、文法解説を詳しく盛り込んだ。 (共著者:林要三、王冬蘭、大西智之、終始相談のうえ執筆したので、個々人の担当部分は抽出不可)
いきいき中国語【実践会話入門】 私家版 20010300 共著 総121頁 中国語初級テキスト。しっかりした基礎力が身に付くよう、文法事項や文型の学習に重点を置きつつも、学習意欲を持続させうるよう、本文、例文に工夫を凝らした。 (共著者:林要三、王冬蘭、大西智之、終始相談のうえ執筆したので、個々人の担当部分は抽出不可)
いきいき中国語【実践会話入門】改訂版 私家版 20020300 共著 総145頁 『いきいき中国語【実践会話入門】』の改訂版。各ポイントの例文を減らして学びやすくした上で、ポイント毎に練習問題を付けることによって、文型・文法事項の定着を図った。 (共著者:林要三、牧戸和宏、王冬蘭、大西智之、改訂作業は大西が担当)
新版いきいき中国語【実践会話入門】 私家版 20030300 共著 総149頁 『いきいき中国語【実践会話入門】改訂版』の改訂版。発音編の全面入れ替え、ポイントの文型・文法事項の見直し、音声CDの作成・添付を行った。 (共著者:林要三、牧戸和宏、王冬蘭、大西智之、改訂作業は大西が担当)
リフレイン中国語 初級編-はじめての中国旅行- 白帝社 20040300 共著 総92頁 中国語初級テキスト。日常よく使われる表現を繰り返し発音し聞くことによって、自然に易しい中国語が身につくよう工夫した。また、中国文化を紹介するコラムも随所に散りばめ、学習意欲の持続を図った。 (共著者:大西智之、李華、終始相談のうえ執筆したので、個々人の担当部分は抽出不可)
リフレイン中国語 初〜中級編-中国旅行アラカルト- 白帝社 20040300 共著 総84頁 中国語初級から中級テキストで、『リフレイン中国語 初級編』の続編。日常よく使われる表現を繰り返し発音し聞くことによって、自然に易しい中国語が身につくよう工夫した。また、中国文化を紹介するコラムも随所に散りばめ、学習意欲の持続を図った。 (共著者:大西智之、李華、終始相談のうえ執筆したので、個々人の担当部分は抽出不可)
胡同生活-北京の下町で学ぶ中国語- 白帝社 20080400 共著 総120頁 中国語初級テキス。北京の胡同を舞台に、易しく自然な会話を展開することによって、日常よく使われる表現が自然に身につくよう工夫した。各課に胡同の写真と解説を加え、学習意欲の持続を図った。 (共著者:大西智之、王冬蘭、終始相談のうえ執筆したので、個々人の担当部分は抽出不可)
中国語中級文法-中国語検定試験対策補助教材-(試用本) 私家版 20120300 単著 総98頁 中国語検定試験4級合格レベルの学習者が、3級および3級から2級への橋渡しのレベルに達するために必要な文法事項を、過不足なく体系的に学べるよう、過去問題の例文を用いて分類・整理した。
中国語入門 王冬蘭、大西智之 白帝社 20160330 共著 終始相談のうえ執筆したので、個々人の担当部分は抽出不可 総150頁 中国語入門教科書。中国語の基礎力を身につけるとともに、中国語検定試験準4級と4級受験に必要な内容を学ぶことができる。

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
現代中国語の疑問詞の諸相--疑問と不定を中心として-- 単著 日本語と中国語の対照研究 日本語と中国語対照研究会編 12号 26 40 19870300 中国語の疑問詞が不定指示詞として機能する条件を、日本語のそれと比較対照しながら考察し、同時に日本語と中国語の疑問詞の本質の違いについても論じた。
“以后”と“后来” 単著 中国語 中国語友の会編 335号 28 30 19871100 共に「そののち」の意味を持つ“以后”と“后来”の違いを、統語論的、語用論的な観点から明らかにした。
否定疑問文--中国人学習者の誤用例から-- 単著 外国語・外国文学研究 大阪外国語大学大学院修士会編 11号 13 26 19871200 中国人日本語学習者の否定疑問文に関する誤りの一部が、中国語からの類推によるものであることを論じた。
“φ/在/当A時候、B”について 単著 中国語学 日本中国語学会編 235号 129 135 19881000 A、B二つの出来事が同時に発生したことを表す三つのパターン“φA時候、B” “在A時候、B” “当A時候、B”の意味及び構造上の相違を明らかにした。
中国語の要求表現 単著 徳山大学論叢 徳山大学経済学会編 30号 171 198 19881200 中国語の要求表現(命令、依頼、勧め、誘いかけ)が統語上どういうパターンをとるかを整理した上で、いずれも要求する内容(命題)が要求のモダリティに包まれた形をとっているということを論じた。
中国語と日本語の否定疑問文 単著 中国語学 日本中国語学会編 236号 105 115 19891000 否定疑問文が用いられるのは、日本語では、(a)肯定の事態を期待しつつも、聞き手に配慮する場合と、(b)否定の事態を期待し、その真偽を確認する場合なのに対して、中国語では、(b)の場合のみであることを論じた。
“?”と「か」 単著 中国語学 日本中国語学会編 237号 82 92 19901000 共に疑問を表す終助詞と見られている中国語の“?”と日本語の「か」が、本質的に大きく異なるものであることを、統語上の振る舞いの相違から論じた。
“好什麼”と“有什麼好” 単著 中国語学 日本中国語学会編 238号 1 10 19910100 中国語の反語を表す二つの形式“形容詞+什麼”型と“有什麼+形容詞”型の意味上の相違について語用論の立場から論じた。
「ヒト」と「ダレカ」 単著 帝塚山論集 帝塚山大学教養学部編 72号 24 39 19910300 共に不定の人をさす「ヒト」と「ダレカ」の使い分けを、語用論の観点から考察した。
日本語の自称詞と人称代名詞--鈴木説再考-- 単著 帝塚山大学教養学部紀要 帝塚山大学教養学部編 30輯 26 46 19920400 日本語の自称詞(自らを指す語)を分類整理した上で、自称詞の一構成要素である人称代名詞に対する鈴木説を再考した。
中国語の自称詞 単著 中国語学 日本中国語学会編 239号 31 40 19921000 中国語で自らを指すのに、常に人称代名詞“我”が用いられるわけではなく、親族名称や職業名等様々なものが用いられることを明らかにした上で、中国語にも自称詞という概念を導入する必要性を論じた。
否定疑問文の日中対照 単著 帝塚山大学教養学部紀要 帝塚山大学教養学部編 34輯 19930700 中国語と日本語の否定疑問文形式をもつ文の語用論的な振る舞いの相違について論じた。
否定疑問文の日中対照(中国語訳) 否定問句的日漢対比 単著 日本近、現代漢語研究論文選 北京語言学院出版社 所収 389 402 19931000 中国語と日本語の否定疑問文形式をもつ文の語用論的な振る舞いの相違について論じた。
親属称謂詞的自称用法芻議 単著 世界漢語教学 1994年第4期(総30期) 北京語言学院出版社 29 35 19941200 親族名称を表す語が自称詞として用いられる状況を整理した上で、人称代名詞“我”との意味的な相違を考察した。
中国語疑問詞の不定用法と日本語の不定指示詞 単著 大河内康憲教授退官記念 中国語学論文集 東方書店 所収 65 80 19970300 中国語疑問詞の不定用法は、疑問詞が本来持つ問いかけ性が種々の要因によって減じられることにより生まれたものであることを、日本語の不定指示詞「ダレカ」「ドコカ」等と比較対照しながら論じた。
疑問代詞在其它問句形式中的用法 共著 Journal of the Chinese Language Teachers Association  Vol.32 2 75 82 19970500 中国語の疑問詞が疑問詞疑問文以外の疑問文中に用いられる状況(特に不定用法)について、歴史的変遷を交えながら論じた。 (共著者:石毓智、大西智之、終始相談のうえ執筆したので、個々人の担当部分は抽出不可)
将然相を表す“要〜了”について 単著 帝塚山大学教養学部紀要 55輯 1 9 19981000 中国語の将然相を表す“要〜了”は、意志、可能性を表す助動詞“要”から発展したものであるということ、そして文末の“了”がこれを将然相たらしめている重要な要素であることを論じた。
On the Indefinite Use of the WH-elements in Mandarin Chinese 単著 帝塚山大学人文科学部紀要 1輯 40 61 19991100 中国語の疑問詞が不定用法として理解されるプロセスを、各疑問詞間の不定用法化の程度差並びに史的変遷に着目して論じた。
「ヒト」の指示用法に関する一考察 単著 日本と中国 ことばの梯 佐治圭三教授古稀記念論文集 くろしお出版 所収 51 65 20000600 「ヒト」という語のさまざまな指示用法を整理した上で、これらが自称詞、対称詞、他称詞たりうる所以について考察した。
“們”字再考 単著 中国語学 日本中国語学会編 248号 259 273 20010100 人称名詞に後置され、複数を表すとされるマーカー“們”に類名回避機能と単数回避機能を認めることによって、従来の諸説の不備を補うと同時に、“都”等との共起についても論じた。
中国語教授法の問題点とその改善策に関する一試案 単著 帝塚山大学人文科学部紀要 6号 45 52 20010200 日本の中国語教授法の問題点を指摘した上で、主として中国で留学生に対して行われている中国語教育の実践報告並びに研究成果を参考に、中国語教育のあるべき姿を模索した。
中国東北方言の形容詞接辞“巴”に関する一考察 共著 帝塚山経済・経営論集 11巻 109 114 20010300 中国東北方言の形容詞接辞“巴”が現れるパターンを分類し、パターン相互間の派生関係について考察した。 (共著者:王冬蘭、大西智之、終始相談のうえ執筆したので、個々人の担当部分は抽出不可)
中国のことばと文化 単著 帝塚山論集 96号 1 33 20050200 中国語の言語学的な特徴を考察した上で、ことばと関わりのある文化的な事柄(名前、外来語、吉祥表現等)について、いくつか紹介した。
日中同形異義語三則-「元気」「出世」「人間」- 単著 帝塚山論集  97号 1 13 20060200 日中同形異義語「元気」「出世」「人間」について、その意味の歴史的変遷を辿りながら、日中語間の異同を考察した。
日中同形異義語三則-「行李」「丈夫」「大家」- 単著 帝塚山大学人文科学部紀要 20号 43 49 20061100 日中同形異義語「行李」「丈夫」「大家」について、その意味の歴史的変遷を辿りながら、日中語間の異同を考察した。
日中同形異義語三則-「湯」「鬼」「上品・下品」- 単著 帝塚山大学人文科学部紀要 24号 1 9 20081100 日中同形異義語「湯」「鬼」「上品・下品」について、その意味の歴史的変遷を辿りながら、日中語間の異同を考察した。
中国語中級段階に導入すべき文法項目試案 単著 帝塚山大学人文学部紀要 30号 1 22 20111100 中国語の初級段階から中級段階にレベルアップするために効果的な教材を作成するための基礎資料として、盛り込むべき文法事項、ならびに留意すべき点のリストアップを行った。

 講演・口頭発表等

タイトル 講演者 単著・共著の別 会議名 開催年月日 主催者 開催地 概要
中国人学習者の誤用例から--否定疑問文その他-- 単著 日本語教育学会 1987年度第8回研究例会 19870900 国立教育会館 日本語の否定疑問文形式を持つ文を意味の上から分類し、同時に中国人日本語学習者のそれに関する誤りの一部が、中国語の干渉によるものであることを論じた。  
時を表す副詞節について 単著 日本中国語学会 第37回全国大会 19871100 日本大学 A、B二つの出来事が同時に発生したことを表すパターン“φA時候、B” “在A時候、B” “当A時候、B”の意味及び構造上の相違を、中国語の時の限定に関わる全てのパターンの中へ位置付けることによって考えた。  
中国のことばと文化 1993帝塚山大学公開講座第3回 19930612 生駒市図書会館 中国のことばに関わる様々な事項(中国語の特徴、名前、外来語、しゃれことば、動物のイメージ等)について紹介。  
中国のことばと文化 2004帝塚山大学春期公開講座 20040605 生駒市図書会館 中国語の言語学的特徴ならびにことばに関わる文化的事項(名前、外来語、ことば遊び等)について紹介。  
中国のことばあれこれ いこま寿大学一般教養学習/市民教養講座 20050123 生駒市中央公民館 中国語の特徴を概略紹介した上で、吉祥を表す表現やしゃれことば等、ことばに関わる文化的事項について紹介。  

 その他業績

タイトル 実施年月 単著・共著の別 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 分類 概要
[読解]別出心裁(1)〜(3) 19900700 単著 中国語(内山書店) (雑文・エッセイ) 初学者用の読解教材。(1990年7月〜9月号に連載)
動詞から派生した名詞用例集 19910700 単著 帝塚山大学教養学部紀要 第28輯 (資料) 「動き」「遊び」等動詞連用形から転成した名詞を約300収集し、具体例を付した。その際、単独で名詞となりうるもの、接尾語的にしか働かないもの等の分類も行った。(pp.11-55)
中国語教育の現状--北京語言学院の場合-- 19920100 単著 帝塚山論集 第75号(帝塚山大学教養学部編 (報告) 1991年8月に北京語言学院で行った当学院の中国語教育の現状に関する調査報告。(pp.22-28)
中国語学関連論文索引 19951000 単著 中国語学 第242号(日本中国語学会)誌上にてファイル公開広告掲載 (資料) 国内外の主要学術雑誌に発表された中国語学関連論文のタイトル等をパソコンで検索できるようデータベース化した。収録論文数約3200件。
[コンピュータで中国語] NEC98で中国語 19960700 単著 中国語(内山書店)1996年8月号 (雑文・エッセイ) NEC98上で使用できる中国語ソフトについて紹介。
続 陳氏太極拳テキスト 19980800 単著 ベースボール・マガジン社 総156頁 (翻訳) 陳正雷氏の『陳氏太極 拳械祉宗』(一)(二)から「老架二路」「単剣」「単刀」の項を翻訳し、一冊のテキストとしてまとめた。
中国語学関連論文索引(2) 20000400 単著 中国語 第483号(内山書店)誌上にてファイル公開広告掲載 (資料) 『中国語学関連論文索引』では扱わなかった雑誌や資料も網羅し、合わせて最新のデータを追加した。収録論文数約5600件。
北京駐在日記【中国語ビジネス会話】TIES版 20010301 帝塚山大学TIES上に公開 (デジタル教材) 『北京駐在日記 【中国語ビジネス会話】』をTIES(帝塚山大学のe-ラーニング用教材配信システム)用に加工したデジタル教材。(共同製作者:林要三、TIES教材開発室(主としてデジタル化担当)、大西智之(主として校正担当)
いきいき中国語【実践会話入門】TIES版 20030300 帝塚山大学TIES上に公開 (デジタル教材) 『新版いきいき中国語【実践会話入門】』をTIES(帝塚山大学のe-ラーニング用教材配信システム)用に加工したデジタル教材。(共同製作者:林要三、TIES教材開発室(主としてデジタル化担当)、大西智之(主として校正担当)
Chinese Shower 発音編TIES版 20030300 帝塚山大学TIES上に公開 (デジタル教材) 中国語の発音習得のためのTIES(帝塚山大学のe-ラーニング用教材配信システム)用デジタル教材。(共同製作者:大西智之(主として教授内容執筆とデジタル化後の校正担当)、TIES教材開発室(主としてデジタル化担当)
リフレイン中国語 初級編-はじめての中国旅行-TIES版 20040400 帝塚山大学TIES上に公開 (デジタル教材) 『リフレイン中国語 初級編-はじめての中国旅行-』をTIES(帝塚山大学のe-ラーニング用教材配信システム)用に加工したデジタル教材。(共同製作者:TIES教材開発室(主としてデジタル化担当)、大西智之(主として校正担当)
リフレイン中国語 初〜中級編-中国旅行アラカルト-TIES版 20040400 帝塚山大学TIES上に公開 (デジタル教材) 『リフレイン中国語 初〜中級編-中国旅行アラカルト-』をTIES(帝塚山大学のe-ラーニング用教材配信システム)用に加工したデジタル教材。(共同製作者:TIES教材開発室(主としてデジタル化担当)、大西智之(主として校正担当)
ことばの豆知識 20050700 単著 大紀元時報 第4〜20、44、45、48、60、61、62、63、64、83、85、88、89、95、98〜101、103号 (雑文・エッセイ) 新聞『大紀元時報』(月2回発行)のコラム「ことばの豆知識」に、主として日中同形異義語に関する文章を連載した。35篇。タイトル:出世、人間、麻子さん、春夏冬二升五合、和尚打傘、厠の火事、元気、丈夫、じゃんけん、床屋、湯、人気、迷惑、上品、方便、大家、行李、遠慮、空手、我慢、句読点の妙、ネトゲ未亡人、湯たんぽと竹夫人、「先輩!」はよくて「後輩!」はダメ、♪勉強しまっせ引越しの○○♪、日本人は「親切」じゃない、お金を「無心」する、心中、セーターの顔色?、覚悟、観念、無理、料理、可憐、鬼。(2005年7月〜2009年9月)
日本語に生きる中国故事成語 20091200 単著 大紀元時報 第109〜114、116〜129、131〜137、143、145、159〜168号 (雑文・エッセイ) 新聞『大紀元時報』(月2回発行)のコラム「日本語に生きる中国故事成語」に連載。40篇。タイトル:杞憂、断腸の思い、国士無双、蛍雪の功、鳴かず飛ばず、先ずは魁より始めよ、美人薄命、推敲、折檻、太公望、逆鱗、登竜門、牛耳る、破竹の勢い、間髪をいれず、助長、五十歩百歩、疑心暗鬼、野心、漁夫の利、食指が動く、五里霧中、弱冠、完璧、満を持す、辟易、ほくそ笑む、破天荒、孫の手、竹馬の友、傍若無人、苦肉の策、圧巻、敬遠、背水の陣、他山の石、虎の巻、井の中の蛙、白眼視、矛盾(2009年12月〜2012年6月)
”神韻”から伝統文化を思う 20130300 単著 毎日新聞(奈良版) (雑文・エッセイ) 伝統文化復興における神韻公演の意義を紹介した。
『中国語入門』<ポイント>解説(9) CHiLO Book 20161021 単著 帝塚山大学CHiLO Book上に公開 (デジタル教材) 中国語入門テキスト『中国語入門』(白帝社、王冬蘭・大西智之著)に関し、各課の文法事項である<ポイント>について、予習用に短い動画と簡潔な説明で要点を解説している。動画・説明作成:大西智之、CHiLO Bookへの加工:NPO CCC-TIES

一覧へ戻る