教員紹介データベース


 基本情報


氏名 荒木 大惠
氏名(カナ) アラキ タイケイ
氏名(英字) ARAKI TAIKEI
学部・学科 経済経営学部経済経営学科
職名 講師
出身学校・専攻 京都大学経済学部 卒業
出身大学院・研究科 京都大学大学院経済学研究科経済学専攻博士後期課程退学
学位・資格 修士(経済学)
本学での担当科目 地域経済学
研究内容 【都市経済学】
都市における中心市街地活性化などの問題をミクロ経済学の理論の側面から分析する研究をしています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2020&k_cd=147206
ひとことメッセージ 大学は求めればいくらでも学べる場所です。有意義な4年間を。

 研究キーワード

研究キーワード
都市経済、地域経済

 論文

タイトル 単著・共著の別 発行雑誌 出版年月
Presenteeism―医学と経営学の融合にむけたPilot Study 共著 しごと能力研究 2017
混雑ハブ空港における地方路線への発着枠配分ルールの検討 共著 交通学研究 201603
エッジワース補完性と財政政策の効果について:DSGEモデルによるアプローチ 共著 京都大学経済研究所ディスカッションペーパー 201507
Role of Voluntary Associations in the Improvement of Urban Central Shopping Areas 共著 京都大学大学院経済学研究科・経済学部ワーキングペーパー 20100600

 講演・口頭発表等

タイトル 会議名 開催年月日
商店街・参道の活性化について考える 生駒市産官学連携事業 20170731
Role of Voluntary Associations in the Improvement of Urban Central Shopping Areas
帝塚山大学経済経営研究所経済学ワークショップ 201405
Role of Voluntary Associations in the Improvement of Urban Central Shopping Areas 京都大学大学院経済学研究科附属プロジェクトセンターランチタイムワークショップ 201007
The Role of Voluntary Organization for Revitalization of Central Shopping Area
東京大学都市経済学ワークショップ
201004
The Role of Voluntary Organization for Revitalization of Central Shopping Area
応用地域学会第23回大会(山形大学) 200912
全件表示(8件)

 その他業績

タイトル 担当区分 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 実施年月 分類
ムジークフェストなら2019開催による経済効果の調査及び分析 2019
奈良県文化観光発信プロジェクト事業による経済効果の調査及び分析 201903
ムジークフェストなら2017開催による経済効果の調査及び分析 2017
ムジークフェストなら2016開催による経済効果の調査及び分析 2016
ムジークフェストなら2015開催による経済効果の調査及び分析 2015

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本交通学会 20151000
応用地域学会 20091200