教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 杉﨑 貴英
氏名(カナ) スギサキ タカヒデ
氏名(英字) SUGISAKI TAKAHIDE
学部・学科 文学部日本文化学科
職名 准教授
出身学校・専攻 同志社大学文学部文化学科文化史学専攻(現、文化史学科)
出身大学院・研究科 同志社大学大学院文学研究科文化史学専攻
学位・資格 博士(文化史学)
本学での担当科目 古代の美術、文献演習、博物館展示論
研究内容 【日本美術史、日本宗教文化史】
古代・中世の仏像をはじめ、宗教に関わる造形文化を、さまざまなアプローチから研究しています。歴史を背景に作品が浮かび上がり、作品から歴史のひとこまが見えてくるのが魅力です。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=144401
ひとことメッセージ 奈良大和路で、歴史と文化を学ぶ。その喜びを、一緒に感じましょう。
URL(外部リンク) http://researchmap.jp/sugi-t/

 研究キーワード

研究キーワード
仏教美術,仏像,仏師,奈良,南都,南山城,貞慶,中世,宗教文化,文化財,地域史,越中,立山信仰

 研究分野

研究分野
美術史
思想史
文化財科学・博物館学
日本史

 著書

タイトル
『文化史学の挑戦』
『立山と帝釈天-女性を救うほとけ-』(特別企画展図録〔展示解説書〕)
『越中真言の古刹 芹谷山 千光寺展』図録
『北陸新幹線開業記念 立山の至宝展』パンフレット
『達身寺仏像群調査報告書』〈大手前大学史学研究所研究報告書第15号〉
全件表示(6件)

 論文

タイトル
「奈良仏師成朝について-興福寺における事績を中心に-」
「描かれた仏師-中世における仏師図像とその史料性-」
「高岡市総持寺千手観音像の近代-南朝顕彰・金剛寺禅恵越中下向説・旧国宝指定-」
「木津川市現光寺十一面観音坐像小考-海住山寺・解脱房貞慶・補陀落山浄土信仰・慈心房覚真-」
「砺波市常福寺阿弥陀如来立像の造立背景に関する一試論-安阿弥様・浄土宗・越中国百万遍勤修人名・徳大寺家領般若野荘-」
全件表示(30件)

 MISC

タイトル
「現存社寺縁起絵簡明目録(上)」
「現存社寺縁起絵簡明目録(下)」
「児童書でふれる美術史/美術館学」(文献案内)
「高山寺方便智院伝来『上人御草等』(抄)-解脱房貞慶関係史料の紹介と翻刻-」
「峰定寺釈迦如来像の造立背景をめぐる諸問題」(発表要旨)
全件表示(20件)

 講演・口頭発表等

タイトル
「大仏師職の成立時期について」
「峰定寺釈迦如来像の造立背景をめぐる諸問題」
「祇園社の書-神号軸を中心に-」
「加茂町・現光寺の十一面観音坐像をめぐって」
「宝菩提院の仏像-国宝菩薩半跏像を中心に-」
全件表示(35件)

 発表作品

作品名 発表者 単著・共著の別 作品分類 発表年月 発表場所・発表地 概要
「細見コレクション名品選 麗しき日本の美-祈りのかたち-」展 細見美術館(主催)・杉崎貴英(監修・展示構成・作品解説等)  共著 芸術活動 201202 細見美術館(京都市左京区) 前期展示:2012年2月7日(火)〜3月4日(日)
後期展示:2012年3月6日(火)〜4月1日(日)
 同館より監修の依頼を受け、出陳作品の選出、展示の構成、コーナー解説・作品解説・ホームページ記事の執筆、展示設営等に従事し、会期中のギャラリートークも担当した。
特別企画展「立山と帝釈天-女性を救うほとけ-」 富山県[立山博物館](主催)・加藤基樹(企画展主務)・杉崎貴英(企画展委員) 共著 芸術活動 201310 富山県[立山博物館](富山県立山町)
会期:2013年10月5日(土)〜11月4日(月・振休)。
 同館より企画展委員の委嘱を受け、前年秋より、出陳作品の選出、展示立案、展示解説書の執筆、会場のコーナー解説・資料各個解説執筆を、企画展主務の加藤基樹氏(同館学芸員)と分担し、展示設営および会期中の「特別解説会」(10月26 日)にも従事した。
北陸新幹線開業記念「立山の至宝展」 富山県[立山博物館](主催) 加藤基樹(企画展主務)・杉崎貴英(企画展委員) 共著 芸術活動 201504 富山県[立山博物館](富山県立山町) 会期:2015年4月4日(土)〜5月17日(日)。
 同館より企画展委員の委嘱を受け、出陳作品の選出、展示立案、パンフレットの執筆、会場のコーナー解説・資料各個解説執筆を企画展主務の加藤基樹氏(同館学芸員)と分担し、会期中の「特別解説会」(4月11日)にも従事した。

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
文化史学会 199004 会員
美術史学会 199805 会員
越中史壇会 200608 会員、研究委員
日本宗教文化史学会 200609 会員
密教図像学会 201204 会員

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
メトロポリタン東洋美術研究センター 平成12年度 研究助成 200004 200103 杉崎貴英 「解脱房貞慶をめぐる造形活動についての研究」 代表者
メトロポリタン東洋美術研究センター 平成22年度 研究助成 201004 201103 杉崎貴英 「奈良における古代成立尊像の中世」  代表者
メトロポリタン東洋美術研究センター 平成23年度 研究助成 201104 201203 杉崎貴英 「南都復興期における多数者結縁造像と解脱房貞慶」 代表者
福武財団 平成25年度瀬戸内海文化研究・活動支援助成 201404 201503 杉崎貴英 「造形文化資料からみた瀬戸内海沿岸における鎌倉仏教の地域的展開
 -彫刻を中心に-」
代表者
日本学術振興会 平成23年度 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究(B)  201104 201503 杉崎貴英 「奈良の古代仏像の中世における再受容と再定義」

代表者

一覧へ戻る