教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 中 崇
氏名(カナ) ナカ タカシ
氏名(英字) NAKA TAKASHI
学部・学科 現代生活学部食物栄養学科
職名 准教授
出身学校・専攻 関西大学 工学部 化学工学科
出身大学院・研究科 大阪市立大学大学院 医学研究科
学位・資格 博士(医学)
本学での担当科目 生化学、基礎栄養学
研究内容 【生化学、脂質生化学】 
身近な食品を研究材料とし、食品の三次機能、すなわち人の健康維持と増進のための「健康性機能・生体調節機能」を持つ食品成分の探索とその作用機序の解明を目指します。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=140503
ひとことメッセージ 何事も挑戦、自分の将来に向け、多くのことを学んでください。

 研究キーワード

研究キーワード
糖脂質、スフィンゴ脂質、脂質生化学

 研究分野

研究分野
食品科学

 論文

タイトル
Proposal of Sphingomonas suberifaciens (van Bruggen, Jochimsen and Brown 1990) comb. nov., Sphingomonas natatoria (Sly 1985) comb. nov., Sphingomonas ursincola (Yurkov et al. 1997) comb. nov., and emendation of the genus Sphingomonas
Burkholderia uboniae sp. nov., L-arabinose-assimilating but different from Burkholderia thailandensis and Burkholderia vietnamiensis
Proposal of Sphingomonadaceae fam. nov., consisting of Sphingomonas, Erythrobacter, Erythromicrobium, Porphyrobacter, Zymomonas, and Sandaracinobacter, with the type genus Sphingomonas
A novel sphingoglycolipid containing galacturonic acid and 2-hydroxy fatty acid in cellular lipids of Sphingomonas yanoikuyae.
Structure-activity relationship of mycoloyl glycolipids derived from Rhodococcus sp. 4306.
全件表示(39件)

 講演・口頭発表等

タイトル
Trehalose glycolipids as virulence factor in Mycobacterium tubercurosis human isolates
Occurrence of novel sphingophospholipids in genus Sphingobacterium, a gram negative oxidative rod
Bacterial ceramide mimics apoptosis of human leukemia HL-60 cells in vitoro
Proposal of Sphingomonas suberifaciens comb. nov., Shingomonas natatoria comb. nov., Sphingomonas ursincola comb. nov., and emendation of the genus Sphingomonas
Production and partial characterization of anti-cord factor (trehalose-6,6’-dimycolate) IgG antibody in rabbits recognizing mycolic acid subclasses of Mycobacterium tuberculosis or M. avium
全件表示(27件)

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本生化学会 199504 現在に至る
日本脂質生化学会 199504 現在に至る
日本細菌学会 199504 現在に至る

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
独立行政法人日本学術振興会 基盤研究(C)  201004 201203 藤原 永年 非結核性抗酸菌由来糖ペプチド脂質抗原の構造、生合成経路と宿主応答機序 連携研究者
独立行政法人日本学術振興会 奨励研究 201204 201303 中 崇 非結核性抗酸菌由来特異糖ペプチド脂質抗原の構造と宿主応答機序に関する研究 代表者
独立行政法人日本学術振興会 奨励研究 201404 201503 中 崇 細胞内感染における非結核性抗酸菌の特異糖ペプチド脂質抗原の役割解明 代表者
独立行政法人日本学術振興会 奨励研究 201504 201603 中 崇 細胞内感染における非結核性抗酸菌の特異糖ペプチド脂質抗原の役割解明(2) 代表者
独立行政法人日本学術振興会 基板研究(C) 20160401 20190331 藤原 永年 MAC菌の糖ペプチド脂質抗原に制御される形態と宿主応答機序 研究分担者

 特許

出願日 公開番号 公開日 特許番号 登録日 発明の名称 発明者 出願国 商品化実用化有無 持分比率
20061208 特開2008-143830 20080626 Th1細胞分化促進剤 谷口  克
中山  俊憲
矢野  郁也
中  崇
日本

一覧へ戻る