教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 谷 美奈
氏名(カナ) タニ ミナ
氏名(英字) TANI MINA
学部・学科 全学教育開発センター
職名 准教授
出身大学院・研究科 京都大学大学院人間・環境学研究科共生文明学専攻修了、京都大学大学院教育学研究科博士後期課程教育科学専攻研究指導認定退学
学位・資格 修士(人間・環境学)
研究内容 教育学、高等教育論、教育方法学、質的心理学、自己表現/芸術表現教育、社会教育、障害者芸術と評価
ひとことメッセージ 人生はBricolage(ブリコラージュ) ── たくましい人生を一緒に創 造しよう!

 研究キーワード

研究キーワード
教育学、高等教育論、教育方法学、質的心理学、自己表現/芸術表現教育、パーソナル・ライティング、ナラティブと自己形成史、障害者芸術と評価

 著書

タイトル 著者 出版社 出版年月 担当区分 担当範囲 概要
トークシリーズ 障害のある人のアートと評価 あなたの『ものさし』を聞かせてください 谷美奈ほか 一般社団法人たんぽぽの家 201703 共著 レポート ワークショップ『ものさしマトリックスをつくってみる』 平成28年度 厚生労働省障害者の芸術活動支援モデル事業の一環
参加のための調査活動 みんなが行きたくなるカフェって? 障害のある人から学ぶまちづくり共同研究 森口弘美、井口高志、谷美奈ほか 公益財団法人三菱財団 まちづくり共同研究プロジェクト 201609 分担執筆 公益財団法人三菱財団助成「障害のある人から学ぶまちづくり共同研究──障害のあるリサーチャーおよび学生サポーターの育成」の研究成果
かかわりを拓くアクティブ・ラーニング ──共生への基盤づくりに向けて 谷美奈 山地弘起共編著 ナカニシヤ出版 201607 分担執筆 第6章 パーソナル・ライティング:考える〈私〉,それを育む「エッセー」という考え方 http://www.nakanishiya.co.jp/book/b243471.html
思考し表現する学生を育てるライティング指導のヒント 谷美奈 京都大学高等教育研究開発推進センター編 ミネルヴァ書房 201304 分担執筆 第5章 自己省察としての文章表現 http://www.highedu.kyoto-u.ac.jp/book/book07.php

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
基幹論文 立場を異にする者同士のかかわりの質的記述 平本毅・谷美奈・川島理恵 共著 質的心理学フォーラム 日本質的心理学会 Vol.9 p.4 p.13 201709 研究論文
立場を異にする者同士の交流はいかにして生じ、それによって何をもたらすのか? 平本毅・川島理恵・谷美奈 共著 質的心理学フォーラム 日本質的心理学会 Vol.9 p.64 p.69 201709 研究論文
自己形成史におけるパーソナル・ライティングの意味 ──パーソナル・ライティングを経験した元学生(当事者)への聞き取り調査から── 谷美奈 単著 大学教育学会誌 一般社団法人 大学教育学会 第39巻 第1号 P.125
P.134 201705 研究論文 査読有り
Formation du sujet d’apprentissage par la pratique de ≪ l’essai personnel : l’expression ecrite comme reflexion sur soi≫ 谷 美奈 単著 Presences; Revue transdisciplinaire d’etude des pratiques psychosociales Universite du Quebec a Rimouski Vol.9 P.1 P.19 201610 研究論文 査読有り
http://www.repaira.fr/le-volume-9-de-la-revue-presences-est-paru/
教育のメルストロム『パーソナル・ライティング』を通じ、学生が思考し表現していく手助けをしていきたい 〜学生の内発的なこころに寄り添い、強く持続する意欲を引き出す〜 谷美奈 単著 看護教育 医学書院 第56巻 7月 P.1 P.7 201607 総説・解説(学術雑誌) 招待有り
初年次教育における自己表現教育の可能性──人間らしさ・芸術性・クリエイティビティ―が求められる時代に── 谷美奈、横山千晶、安永悟 共著 初年次教育学会誌 初年次教育学会 第8巻 第1号 P.78 P.82 201605 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
パーソナル・ライティングによる大学生の学びの主体形成 谷美奈 単著 作文と教育 日本作文の会(編)、本の泉社 No,835 2016年3月号 P.48 P.51 201603 研究論文 招待有り
大学初年次教育におけるパーソナル・ライティングの教育実践 谷美奈 単著 作文と教育 日本作文の会(編)、本の泉社 No,834 2016年2月号 P.50 P.54 201602 研究論文 招待有り 
大学における文章表現教育の動向とパーソナル・ライティング 谷美奈 単著 作文と教育 日本作文の会(編)、本の泉社 No,833 2016年1月号 P.56 P.59 201601 研究論文 招待有り
「書く」ことによる学びの主体形成 ──自己省察としての文章表現「パーソナル・ライティング」の実践を通して── 谷美奈 単著 大学教育学会誌 一般社団法人 大学教育学会 第37巻 第1号 P.114 P.124 201505 研究論文 査読有り
http://ci.nii.ac.jp/naid/40020514727
表現教育の可能性〜大学生のための文章表現「パーソナル・ライティング」をめぐって〜 谷美奈 単著 成城大学共通教育論集 成城大学共通教育研究センター 第8号 P.143 P.186 201503 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要) 招待有り
自己表現:表現から実現へ─<造形><演劇><文章> 大学における「パーソナル・ライティング」の教育的意義 ─<私>から他者、世界へと表現する─
谷美奈 単著 初年次教育学会誌 初年次教育学会 第7号 第1巻 P.24 P.33 201503 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)

 講演・口頭発表等

タイトル 講演者 単著・共著の別 会議名 開催年月日 主催者 開催地 概要
立場を異にする者同士のかかわりの質的研究
〜地域の居場所と「立場を異にする者」同士の交流〜
谷美奈・平本毅 共著 『質的心理学フォーラム』編集委員会企画シンポジウム
日本質的心理学会第14回大会
20170909 日本質的心理学会 首都大学東京
アートと評価について考えるワークショップ 谷美奈 単著 福祉をかえる「アート化」セミナー 生きたアートの探求 20170701 主催:一般財団法人たんぽぽの家、社会福祉法人わたぼうしの会 協力:NPO法人エイブル・アート・ジャパン   たんぽぽの家アートセンターHANA 招待講演
自己形成史におけるパーソナル・ライティングの意味 ―パーソナル・ライティングを経験した元学生(当事者)への聞き取り調査から―  谷美奈 単著 第23回大学教育研究フォーラム 20170319 京都大学高等教育研究開発推進センター 京都大学
自己形成史におけるパーソナル・ライティングの意味と教育方法 ─パーソナル・ライティングを経験した元学生(当事者)への聞き取り調査をふまえて─ 谷美奈 単著 第二回湊川短期大学キャリア教育研究会 20160303 湊川短期大学 湊川短期大学 招待講演
障害のある人のアートと評価 教育学の立場からのまなざし 谷美奈  単著 障害のある人のアートと評価 あなたのものさしを聞かせてください 〜ものさしマトリックスをつくってみる〜 平成28年度厚生労働省 障害者の芸術活動支援モデル事業 20170211 一般財団法人たんぽぽの家 平成28年度厚生労働省 障害者の芸術活動支援モデル事業 奈良県文化会館 招待講演
クリエイティブリテラシー&パーソナル・ライティング   谷美奈 単著 慶應義塾大学教養研究センターイベントセミナー・居場所「カドベヤで過ごす火曜日」  20161227 主催 : 慶應義塾大学教養研究センター ・居場所「カドベヤで過ごす火曜日」運営委員会    助成 : 横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト2016  慶応義塾大学教養研究センター・居場所「カドベヤ」 招待講演
書を持って街に出よう〜学際教育とゼネラリスト養成〜 エコール・ド・東山の事例から 谷美奈 単著 2016年度京都大学総合人間学部/人間環境学研究科同窓会 第11回総会 記念シンポジウム 20160618 京都大学総合人間学部/人間環境学研究科同窓会 京都大学 招待講演
自己形成史における物語とパーソナル・ライティング ──「パーソナル・ライティング」を経験した大学卒業生への聞き取り調査から── 谷美奈 単著 大学教育学会第38回大会 20160612 大学教育学会 立命館大学
初年次教育における自己表現教育の可能性──人間らしさ・芸術性・クリエイティビティーが求められる時代に── 今、なぜ、自己表現教育なのか? ドラムサークルとパーソナル・ライティングの体験型ワークショップ  谷美奈(RT企画者及び登壇者) 単著 第7回初年次教育学会ラウンドテーブル① 20150903 初年次教育学会 明星大学
日本人大学生の対人関係文化からみたコミュニケーション教育の課題 〜パーソナル・ライティングの学生作品から得たヒント〜 谷美奈 単著 第22回大学教育研究フォーラム 20160318 京都大学高等教育研究開発推進センター 京都大学
大学教育における「パーソナル・ライティング」導入の意義 ──「書く」ことによる学びの主体形成── 谷美奈 単著 第51回日本教育方法学会 20151011 日本教育方法学会 岩手大学
大学教育における「パーソナル・ライティング」導入の意義 谷美奈 単著 第64回全国作文教育研究大会 201508 日本作文の会 龍谷大学 招待講演
自己省察としての文章表現「パーソナル・ライティング」の教育実践 谷美奈 単著 関西地区FD連絡協議会総会FD活動報告2015 201505 関西地区FD連絡協議会総会、京都大学高等教育研究開発推進センター 京都大学
現代の大学生像と対話教育の可能性──「パーソナル・ライティング」の作品朗読を通して── 谷美奈 単著 公益財団法人大学コンソーシアム京都 第20回FDフォーラム 201503 主催:公益財団法人 大学コンソーシアム京都 後援:文部科学省・京都府・京都市 同志社大学 招待講演
大学における「パーソナル・ライティング」の教育的意義──基礎教養としての〈私〉、それをはぐくむエッセーという考え方──

谷美奈 単著 第21回大学教育研究フォーラム 201503 京都大学高等教育研究開発推進センター 京都大学
思考し表現する学生を育てるパーソナル・ライティング 谷美奈 単著 追手門学院大学FDフォーラム2015 201502 追手門学院大学 追手門学院大学 招待講演
大学における「パーソナル・ライティング」導入の意義──「文章表現者としての主体形成」をいかに促すか── 谷美奈 単著 関西地区FD連絡協議会主催イベント 思考し表現する学生を育てるⅥ 201412 関西地区FD連絡協議会、京都大学高等教育研究開発推進センター 京都大学 招待講演
大学における「パーソナル・ライティング」導入の意義 谷美奈 単著 日本質的心理学会11回大会 201410 日本質的心理学会 松山大学
表現教育の可能性〜大学生のための文章表現〜「パーソナル・ライティング」をめぐって〜 谷美奈 単著 成城大学共通教育研究センター公開FDワークショップ2014 201410 成城大学共通教育研究センター 成城大学 招待講演
自己表現:表現から実現へ──〈造形〉〈演劇〉〈文章〉── 「パーソナル・ライティング」 谷美奈(フォーラム企画者及び登壇者) 単著 初年次教育学会第7回大会・大会校企画フォーラム 201409 初年次教育学会 帝塚山大学
シルバー世代のぷち起業と6つの原則 谷美奈 単著 産学官連携事業・起業家セミナー(生駒市・生駒商工会議所・生駒市観光協会・国民金融公庫・帝塚山大学) 201409 産学官連携事業生駒市・生駒商工会議所・生駒市観光協会・国民金融公庫・帝塚山大学) 生駒商工会議所 招待講演
L’importance de l’introduction de l’ecriture personnelle dans les universites japonaises 谷美奈 単著 2eme Universite d'ete de l'ADMEE Europe 201407 L'ADMEE-Europe Association pour le Developpement des Methodologies d'Evaluation en Education en Europe  フランス、クレルモンフェラン、L'ESPE(グランゼエコール)
初年次教育における「パーソナル・ライティング」導入の意義 谷美奈 単著 大学教育学会第36回大会 201406 大学教育学会 名古屋大学
学びの主体性を育む文章表現教育とは? 谷美奈 単著 Z会国語力検定関連イベントFacultas 第4回大学支援セミナー 201405 株式会社Facultas   株式会社Z会大阪本社 招待講演
学びの意欲が持てない現代大学生の自己像とは?──彼らをどう理解し支援するのか-─ 谷美奈、松下佳代(京都大学) 共著 関西地区FD連絡協議会第7回総会FD分科会 201405 関西地区FD連絡協議会、京都大学高等教育研究開発推進センター 京都大学 招待講演
文章表現教育の可能性─自己省察としての文章表現を事例として 谷美奈 単著 第20回大学教育研究フォーラム 201403 京都大学高等教育研究開発推進センター 京都大学
文章表現教育の可能性──自己省察としての文章表現「パーソナル・ライティング」を事例として 谷美奈 単著 公益財団法人大学コンソーシアム京都主催「第19回FDフォーラム」 201402 主催:公益財団法人 大学コンソーシアム京都 後援:文部科学省・京都府・京都市 龍谷大学 深草キャンパス 招待講演
自己省察としての文章表現──「日本語リテラシー」を事例として──

谷美奈 単著 第6回初年次教育学会 201309 初年次教育学会 金沢工業大学
「推敲」という問題──自己省察的な文章から作品化へ── 谷美奈 共著 関西地区FD連絡協議会総会・FD活動報告2012 201205 関西地区FD連絡協議会総会、京都大学高等教育研究開発推進センター 京都大学
「日本語リテラシー」という取り組み 谷美奈 共著 関西地区FD連絡協議会総会・FD活動報告2011 201105 関西地区FD連絡協議会総会、京都大学高等教育研究開発推進センター 京都大学

 その他業績

タイトル 実施年月 単著・共著の別 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 分類 概要
パーソナル・ライティング
考える<私>をともに創る
谷 美奈
201702 『看護と教養』日本看護協会出版会 特集インタビュー連載記事
http://jnapcdc.com/LA/tanimina/index.html
(取材・文:坂井詩織)
パイオニアに聞く
生きる人の渦中を描く
浜田寿美男
201609 共著 『質的心理学フォーラム』日本質的心理学会,2016 Vol.8 インタビュー記事
京大若手研究者公開講座 
昼下がりいつものBarで
エコール・ド・東山
201411 朝日新聞京都版朝刊 取材記事

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
大学教育学会
日本質的心理学会 『質的心理学フォーラム』編集委員
日本教育方法学会
初年次教育学会
L'ADMEE-Europe
Association pour le Developpement des Methodologies d'Evaluation en Education en Europe 
アートミーツケア学会
臨床実践の現象学学会
日本臨床教育学会
International Literacy Association 

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
20161001 現在に至る 厚生労働省平成28年度障害者の芸術活動支援モデル事業評価委員 
20150401 現在に至る 日本質的心理学会『質的心理学フォーラム』編集委員
20130000 現在に至る NPO法人日本語検定委員会「日本語大賞」審査委員
20121100 現在に至る エコール・ド・東山(京都大学大学院若き研究者グループ)主催者

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
平成28年度科学研究費助成事業研究 基盤研究(C) 学びの主体形成を促すパーソナル・ライティングの具体的指導方法の開発と拡張 20160401 20190331 谷美奈 代表者
平成27年度科学研究費助成事業研究 基盤研究(C) 大学生の真正な自己表現と機能的な対人調整をめざす社会情動的学習プログラムの開発 20150401 20180331 山地弘起(独立行政法人大学入試センター試験) 分担者
平成28年度科学研究費助成事業研究 基盤研究(C) 知的障害者の「関係性の変容としての自立」のプロセスの解明 20160401 20190331 森口弘美(同志社大学) 連携者
第46回(平成27年度)三菱財団社会福祉事業・研究助成 障害のある人から学ぶまちづくり協働研究―─障害のあるリサーチャーおよび学生サポーターの育成―─ 20150901 20160831 森口弘美(同志社大学) 分担者

一覧へ戻る