教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 藤原 永年
氏名(カナ) フジワラ ナガトシ
氏名(英字) FUJIWARA NAGATOSHI
学部・学科 現代生活学部食物栄養学科
職名 教授・学科長
出身学校・専攻 大阪大学 工学部 醗酵工学科 卒業
学位・資格 博士(薬学)、博士(医学)
本学での担当科目 微生物学、食品衛生学
研究内容 【細菌学、脂質生化学】
細菌に含まれる特徴的な脂質分子の構造と生合成、宿主応答機序を分子レベルで解析します。脂質分子の宿主感染に及ぼす役割の理解から感染症制圧への応用を夢見ます。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=128309
ひとことメッセージ 大学生活の主役は自分です。皆さんの成長・発展を応援します。

 研究キーワード

研究キーワード
抗酸菌、脂質

 著書

タイトル 著者 出版社 出版年月 担当区分 担当範囲 概要
(総説)結核菌糖脂質と宿主応答機構 炎症・再生 第21巻 2号 20010901 共著 pp.133-138 (著者名)藤原永年、山上博一、上田定男、矢野郁也、小林和夫 (概要)結核菌由来糖脂質の分布と免疫薬理学的活性について宿主免疫応答の観点から今までの成績をもとに総説した。
サイトカインとシグナル伝達 病原微生物学、矢野郁也・内山竹彦・熊沢義雄(編) (株)東京化学同人 20021100 共著 §7.9, pp.232-236 (全ページ) p.306 (共著者)藤原永年、小林和夫 (概要)サイトカインの産生機構と受容体の関係、シグナル伝達機構について解説した。
(総説)Macrophages in inflammation Current Drug Targets - Inflammation & Allergy 第4巻 3号 20050600 共著 pp.281-286 (著者名)N. Fujiwara and K. Kobayashi (概要)炎症反応におけるマクロファージの役割を総説した。
Mycobacterial glycolipids and host responses Glycolipids: New Research. In E. Sasaki (ed.) Nova Science Publishers, Inc., Hauppauge NY. 20080600 共著 Chapter IV 13, pp.99-116 (全ページ) p.199 (共著者) N. Fujiwara, and K. Kobayashi (概要)抗酸菌に特徴的な糖脂質分子について構造、生理活性、宿主応答機序を解説した。
PCR法(抗酸菌)KEY WORD感染症[第2版] 山口恵三・戸塚恭一(編) 先端医学社 20080800 共著 pp.246-247 (全ページ) p.289 (共著者)前田伸司、藤原永年 (概要)抗酸菌におけるPCR法の応用を解説した。
Anticancer immunotherapeutics: mycoloyl glycolipids and lipoglycan in the cell wall. BCG-Vaccine and Adjuvant. In T. Takii, J. Maeyama, S. Yamamoto (Ed.) Japan Anti-Tuberculosis Association, Tokyo. 20110900 共著 Chapter IV,13, pp.193-212 (全ページ) p.268 (共著者)N. Fujiwara and I. Yano (概要)BCGワクチンの脂質生化学的解析と膀胱がん治療を始めとしたがん免疫療法への応用展開を総説した。
Distribution, Characterization of Mycobacterial Glycolipids and Host Responses. Glycosylation. Stefana Petrescu (Ed.) InTech, Available from: http://dx.doi.org/10.5772/48301 20121000 単著 Chapter 5, pp.101-126 (全ページ) p.268 (概要)抗酸菌に特徴的な糖脂質成分について網羅的に分布、特徴、宿主応答について総説した。

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
人型結核菌株間における抗原性糖脂質の分布とvirulenceへの寄与に関する研究 藤原永年 単著(責任) 結核  日本結核病学会 第72巻 4号 193 205 199704 研究論文 人型結核菌株間の糖脂質抗原の分析を行い、そのパターンを強毒株、弱毒株について解析し、各糖脂質の病原性への寄与をマウスモデルで明らかにした。
In vivo induction of apoptosis in the thymus by administration of mycobacterial cord factor (trehalose 6,6’-dimycolate) Y. Ozeki, K. Kaneda, N. Fujiwara, M. Morimoto, S. Oka, and I. Yano 共著 Infect. Immun. American Society for Microbiology 第65巻 5号 1793 1799 199705 研究論文 結核菌由来糖脂質であるcord factorは病原因子として結核感染に重要であり、マウスモデルにおいて、本糖脂質が胸腺細胞にアポトーシスを誘導することを明らかにした。
Rapid serodiagnosis of Mycobacterium avium-intracellulare complex infection by ELISA with cord factor (trehalose 6,6’-dimycolate), and serotyping using the glycopeptidolipid antigen K. Enomoto, S. Oka, N. Fujiwara, T. Okamoto, Y. Okuda, R. Maekura, T. Kuroki, and I. Yano 共著 Microbiol. Immunol. Japanese Society for Microbiology 第42巻 10号 689 696 199801 研究論文 非結核性抗酸菌症の血清学的迅速診断法としてMAC菌由来糖脂質cord factorとglycopeptidolipidを抗原としたELISA法を開発し、その感度、特異性の検討から、抗原を組み合わせることにより結核との鑑別診断も可能であることを明らかにした。
Production and partial characterization of anti-cord factor (trehalose-6,6’-dimycolate) IgG antibody in rabbits recognizing mycolic acid subclasses of Mycobacterium tuberculosis or Mycobacterium avium N. Fujiwara, J. Pan, K. Enomoto, Y. Terano, T. Honda, and I. Yano 共著 FEMS Immunol. Med. Microbiol. 第24巻 2号 141 149 199906 研究論文 結核菌と非結核性抗酸菌由来のcord factorの構造を比較し、ミコール酸サブクラスの組成を明らかにした。各cord factorでウサギを免疫し抗cord factor抗体を作製してその反応性を比較検討した。
Production and partial characterization of antibody to cord factor (trehalose 6,6’-dimycolate) in mice N. Fujiwara, S. Oka, M. Ide, K. Kashima, T. Honda, and I. Yano 共著 (筆頭) Microbiol. Immunol. 第43巻 8号 785 793 199908 研究論文 Rhodococcus ruberからcord factorを分離精製し、マウスに免疫して、抗cord factorモノクローナル抗体を作製した。マウスにおける反応性から抗体の性質を明らかにした。
Characterization of the ybdT gene product of Bacillus subtilis: Novel fatty acid β-hydroxylating cytochrome P450 I. Matsunaga, A. Ueda, N. Fujiwara, T. Sumimoto, and K. Ichihara 共著 Lipids 第34巻 8号 841 846 199908 研究論文 Bacillus subtilisからβ酸化チトクロームP450遺伝子をクローニングし、その発現酵素の性質を解明した。
Induction of hypersensitivity to endotoxin lethality in mice by treatment with trehalose 6,6’-dimycolate but not with 2,3,6,6’-tetraacyl trehalose 2’-sulfate K. Watanabe, R. Hasunuma, T. Horikoshi, H. Yamana, H. Maruyama, N. Fujiwara, Y. Kumazawa, and I. Yano 共著 J. Endotox. Res. 第5巻 23 30 199908 研究論文 結核菌からトレハロース含有糖脂質を単離精製した。マウスの致死毒性について検討したところcord factorはsulfolipidに比べ、有意に毒性が強く、病原因子の一端を明らかにした。
Anti-cord factor (trehalose 6,6’-dimycolate) IgG antibody in tuberculosis patients recognizes mycolic acid subclasses J. Pan, N. Fujiwara, S. Oka, R. Maekura, T. Ogura, and I. Yano 共著 Microbiol. Immunol. 第43巻 9号 863 869 199909 研究論文 結核患者血清の抗cord factor抗体価をELISA法で測定した。ミコール酸部分がエピトープとして認識され、特にメトキシミコール酸が重要であることを解明した。
Serodiagnosis of Hansen’s disease/leprosy by enzyme-linked immunosorbent assay using cord factor (trehalose 6,6’-dimycolate) as an antigen L. Wang, S. Izumi, H. He, N. Fujiwara, N. Saita, I. Yano, K. Kobayashi, and N. Tatsumi 共著 Jpn. J. leprosy 第68巻 3号 165 174 199911 研究論文 らい菌由来cord factorを単離精製し、その構造及びハンセン病患者血清中に抗cord factor抗体価が上昇していることを明らかにした。
結核菌cord factorに対する抗体の特性と抗cord factor抗体を用いた結核の血清学的迅速診断に関する研究 藤原 永年 単著 大阪大学(博士論文) 1 29 200001 結核菌からミコール酸含有糖脂質を分離精製し、その性質を明らかにした。脂質成分を抗原とした結核の血清学的迅速診断法を開発し、脂質成分が抗体のエピトープであることを明らかにした。
Trehalose 6,6'-dimycolate (cord factor) of Mycobacterium tuberculosis induces corneal angiogenesis in rats N. Saita, N. Fujiwara, I. Yano, K. Soejima, and K. Kobayashi 共著 Infect. Immun. 第68巻 10号 5991 5997 200001 結核菌由来cord factorがラットモデルにおける角膜の血管新生を誘導することを明らかにした。
Burkholderia uboniae sp. nov., L-arabinose-assimilating but different from Burkholderia thailandensis and Burkholderia vietnamiensis E. Yabuuchi,, Y. Kawamura, T. Ezaki, M. Ikedo, S. Dejsirilert, N. Fujiwara, T. Naka, and K. Kobayashi 共著 Microbiol. Immunol. 第44巻 4号 307 317 200004 アラビノース資化性菌である新種Burkholderia uboniaeを提唱した。Burkholderia属菌は野菜への感染菌を含む。
Proposal of Sphingomonadaceae fam. nov., consisting of Sphingomonas, Erythrobacter, Erythromicrobium, Porphyrobacter, Zymomona, and Sandaracinobacter, with the type genus Sphingomonas Yabuuchi et al.  Y. Kosako, E. Yabuuchi, T. Naka, N. Fujiwara, and K. Kobayashi 共著 Microbiol. Immunol. 第44巻 7号 563 575 200007 Sphingomonas属とErythrobacter, Erythromicrobium属の一部の菌種を含めてSphingomonadaceae科を提唱した。本科には野菜、果物に感染する菌種、食物腐敗病の起因菌が含まれる。
A novel sphingoglycolipid containing galacturonic acid and 2-hydroxy fatty acid in cellular lipids of Sphingomonas yanoikuyae T. Naka, N. Fujiwara, E. Yabuuchi, M. Doe, K. Kobayashi, Y. Kato, and I. Yano 共著 J. Bacteriol. 第182巻 9号 2660 2663 200009 研究論文 Sphingomonas yanoikuyaeに存在する特徴的なスフィンゴ糖脂質を構造解析し、galacturonosyl-ceramideあることを明らかにした。
Trehalose 6,6'-dimycolate (cord factor) of Mycobacterium tuberculosis induces foreign-body- and hypersensitivity-type granulomas in mice (H. Yamagami, T. Matsumoto, N. Fujiwara, T. Arakawa, K. Kaneda, I. Yano, and K. Kobayashi 共著 Infect. Immun. 第69巻 2号 810 815 200102 結核菌由来cord factorはマウスにおいて異物性及び過敏性肉芽腫炎症病変を誘導することを解明した。
Structure-activity relationship of mycoloyl glycolipids derived from Rhodococcus sp. 4306 (S. Ueda, N. Fujiwara, T. Naka, I. Sakaguchi, Y. Ozeki, I. Yano, T. Kasama, and K. Kobayashi 共著(責任) Microb. Pathog. 第30巻 2号 91 99 200102 類縁抗酸菌であるRhodococcus sp.4306株由来各種ミコール酸含有糖脂質抗原の免疫薬理学的活性と構造相関を解明した。
Proposal of Sphingomonas wittichii sp. nov. for strain RW1T, known as a dibenzo-p-dioxin metabolizer E. Yabuuchi, H. Yamamoto, S. Terakubo, N. Okamura, T. Naka, N. Fujiwara, K. Kobayashi, Y. Kosako, and A. Hiraishi 共著 Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 第51巻 2号 281 292 200105 研究論文 新種Sphingomonas wittichiiを提唱した。本菌は魚介類等を通じて摂取するダイオキシンを分解できる菌で、食品衛生への応用が期待できる。
Mycobacterial cord factor, but not sulfolipid, causes depletion of NKT cells and upregulation of CD1d1 on murine macrophages R. Ryll, K. Watanabe, N. Fujiwara, H. Takimoto, R. Hasunuma, Y. Kumazawa, M. Okada, and I. Yano 共著 Microbes Infect. 第3巻 8号 611 619 200107 結核菌由来cord factorはNKT細胞を消失させる原因となり、マウスCD1d分子をupregulateすることを明らかにした。
Enzymatic reaction of hydrogen peroxide-dependent peroxygenase cytochrome P450s: Kinetic deuterium isotope effects and analyses by resonance raman spectroscopy I. Matsunaga, A. Yamada, D. S. Lee, E. Obayashi, N. Fujiwara, K. Kobayashi, H. Ogura, and Y. Shiro 共著 Biochemistry 第41巻 6号 1886 1892 200202 研究論文 Peroxide依存的チトクロームP450の酵素的反応の一部を解明した。
Emendation of the genus Sphingomonas Yabuuchi et al. 1990 and junior objective synonymy of the species of three genera, Sphingobium, Novosphingobium and Sphingopyxis, in conjunction with Blastomonas ursincola E. Yabuuchi, Y. Kosako, N. Fujiwara, T. Naka, I. Matsunaga, H. Ogura, and K. Kobayashi 共著 Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 第52巻 5号 1485 1496 200209 Sphingomonas属は生化学的特徴、脂質、脂肪酸分析から分類学的にクラスターを形成しており、16s-rDNAのホモロジーの系統樹解析のみから安易に新属に分けるべきでないことを主張した。
Sphingomonas melonis sp. nov., a novel pathogen that causes brown spots on yellow Spanish melon fruits R. Buonaurio, V. M. Stravato, Y. Kosako, N. Fujiwara, T. Naka, K. Kobayashi, C. Cappelli, and E. Yabuuchi 共著 Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 第52巻 6号 2081 2087 200211 研究論文 黄メロンの茶色沈着化の原因菌Sphingomonas melonisを新種として提唱した。
Serodiagnosis of pulmonary disease due to Mycobacterium avium complex with an enzyme immunoassay that uses a mixture of glycopeptidolipid antigens S. Kitada, R. Maekura, N. Toyoshima, N. Fujiwara, I. Yano, T. Ogura, M. Ito, and K. Kobayashi 共著 Clin. Infect. Dis. 第35巻 11号 1328 1335 200212 研究論文 各血清型glycopeptidolipidの混合抗原を用いた非結核性抗酸菌症の血清学的迅速診断の感度、特異性の検討からその有用性を明らかにした。
Chryseobacterium miricola sp. nov., a novel species isolated from condensation water of space station Mir Y. Li, Y. Kawamura, N. Fujiwara, T. Naka, H. Liu, X. Huang, K. Kobayashi, and T. Ezaki 共著 Syst. Appl. Microbiol. 第26巻 4号 523 528 200311 研究論文 Chryseobacterium miricolaを宇宙船Mirから分離し新種提唱した。
Structural analysis of sphingophospholipids derived from Sphingobacterium spiritivorum, the type species of genus Sphingobacterium T. Naka, N. Fujiwara, I. Yano, S. Maeda, M. Doe, M. Minamino, N. Ikeda, Y. Kato, K. Watabe, Y. Kumazawa, I. Tomiyasu, and K. Kobayashi 共著 Biochim. Biophys. Acta 第1653巻 2-3号 pp.83-92 200312 研究論文 Sphingobacterium spiritivorumから分離精製した新規5種類のスフィンゴリン脂質についてその構造を明らかにした。
Rothia aeria sp. nov., Rhodococcus baikonurensis sp. nov. and Arthrobacter russicus sp. nov., isolated from air in the Russian space laboratory Mir Y. Li, Y. Kawamura, N. Fujiwara, T. Naka, H. Liu, X. Huang, K. Kobayashi, and T. Ezaki 共著 Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 第54巻 3号 827 835 200405 研究論文 宇宙船Mirから分離した新種Rothia aeria, Rhodococcus baikonurensis, Arthrobacter russicusを提唱した。
Sphingomonas yabuuchiae sp. nov. and Brevundimonas nasdae sp. nov., isolated from the Russian space laboratory Mir Y. Li, Y. Kawamura, N. Fujiwara, T. Naka, H. Liu, X. Huang, K. Kobayashi, and T. Ezaki 共著 Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 第54巻 3号 819 825 200405 研究論文 宇宙船Mirから分離された新種Sphingomonas yabuuchiae, Brevundimonas nasdaeを提唱した。
Use of glycopeptidolipid core antigen for serodiagnosis of Mycobacterium avium complex pulmonary disease in immunocompetent patients S. Kitada, R. Maekura, N. Toyoshima, T. Naka, N. Fujiwara, M. Kobayashi, I. Yano, M. Ito, and K. Kobayashi 共著 Clin. Diagn. Lab. Immunol. 第12巻 1号 44 51 200501 研究論文 非結核性抗酸菌症の血清学的迅速診断法の抗原としてglycopeptidolipidの共通 (core) 部分を用いた場合の感度、特異性について患者血清を用いて検討し、その有用性を明らかにした。
Mycobacterium tuberculosis controls host innate immune activation through cyclopropane modification of a glycolipid effector molecule V. Rao, N. Fujiwara, S. A. Porcelli, and M. S. Glickman 共著 J. Exp. Med. 第201巻 4号 535 543 200502 研究論文 結核菌由来のミコール酸にはシクロプロパン環が存在するが、その合成酵素をコードする遺伝子群pcaAを欠損させた変異株及び変異株由来cord factorの宿主免疫応答の検討から、宿主感染防御機構に与える影響を明らかにした。
Modulation of CD1d-restricted NKT cell responses by using N-acyl variants of α-galactosylceramides K. O. Yu, J. S. Im, A. Molano, Y. Dutronc, P. A. Illarionov, C. Forestier, N. Fujiwara, I. Arias, S. Miyake, T. Yamamura, Y. T. Chang, G. S. Besra, and S. A. Porcelli 共著 Proc. Natl. Acad. Sci. USA 第102巻 9号 3383 3388 200503 研究論文 NKT細胞のリガンド分子であるaGalCerのセラミド部分の脂肪酸、長鎖塩基の構造を修飾してその反応性を比較検討し、NKT細胞から産生されるサイトカインの挙動を明らかにした。
Mycobacterial trehalose 6,6'-dimycolate preferentially induces type 1 helper T cell responses through signal transducer and activator of transcription 4 protein R. Oiso, N. Fujiwara, H. Yamagami, S. Maeda, S. Matsumoto, S. Nakamura, N. Oshitani, T. Matsumoto, T. Arakawa, and K. Kobayashi 共著 Microb. Pathog. 第39巻 1-2号 35 43 200507 研究論文 結核菌由来cord factorによって誘導される過敏性肉芽腫形成時のT細胞応答はSTAT4分子を介していることを明らかにした。
Mycobacterium kumamotonense sp. nov. recovered from clinical specimen and the first isolation report of Mycobacterium arupense in Japan: Novel slowly growing, nonchromogenic clinical isolates related to Mycobacterium terrae complex Masaki, T., K. Ohkusu, H. Hata, N. Fujiwara, H. Iihara, M. Yamada-Noda, P. H. Nhung, M. Hayashi, Y. Asano, Y. Kawamura, and T. Ezaki 共著 Microbiol. Immunol. 第50巻 11号 889 897 200601 研究論文 臨床検体から分離されたMycobacterium kumamotonenseを新種として提案した。
Neutrophil-activating activity and platelet-activating factor synthesis in cytokine-stimulated endothelial cells: Reduced activity in growth-arrested cells T. Takahashi, Y. Nishizawa, F. Hato, H. Shintaku, N. Maeda, N. Fujiwara, M. Inaba, K. Kobayashi, and S. Kitagawa 共著 Microvasc. Res. 第73巻 1号 29 34 200701 研究論文 血液疾患に重要な細胞内皮細胞を炎症性サイトカインで刺激し、好中球活性化、血小板活性化因子、顆粒球マクロファージコロニー刺激因子の変動を観察した。好中球活性化は細胞内皮細胞からの血小板刺激因子、顆粒球マクロファージ刺激因子によって制御されていることを明らかにした。
Structural characterization of a specific glycopeptidolipid containing a novel N-acyl-deoxy sugar from Mycobacterium intracellulare serotype 7 and genetic analysis of its glycosylation pathway N. Fujiwara, N. Nakata, S. Maeda, T. Naka, M. Doe, I. Yano, and K. Kobayashi 共著(筆頭)(責任) J. Bacteriol. 第189巻 3号 1099 1108 200702 研究論文 血清型7型MAC菌の糖ペプチド脂質抗原の化学構造を同定し、その生合成遺伝子を明らかにした。
Deletion of kasB in Mycobacterium tuberculosis causes loss of acid-fastness and subclinical latent tuberculosis in immunocompetent mice A. Bhatt, N. Fujiwara, K. Bhatt, S. S. Gurcha, L. Kremer, B. Chen, J. Chan, S. A. Porcelli, K. Kobayashi, G. S. Besra, and W. R. Jacobs, Jr 共著 Proc. Natl. Acad. Sci. USA 第104巻 12号 5157 5162 200703 研究論文 ミコール酸生合成に関与するkasB遺伝子を欠損した結核菌はミコール酸の炭素鎖長の減少、トランス型の欠失に関与し、抗酸性の減弱化、弱毒化に寄与していることを明らかにした。
Control of cell wall assembly by a histone-like protein in mycobacteria T. Katsube, S. Matsumoto, M. Takatsuka, M. Okuyama, Y. Ozeki, M. Naito, Y. Nishiuchi, N. Fujiwara, M. Yoshimura, T. Tsuboi, M. Torii, N. Oshitani, T. Arakawa, and K. Kobayashi 共著 J. Bacteriol. 第189巻 22号 8241 8249 200711 研究論文 抗酸菌のミコール酸転移酵素はヒストン様タンパク質MDP-1により制御されていた。結核菌細胞表層の構造形成への関与が示唆された。
Identification and characterization of two novel methyltransferase genes that determine the serotype 12-specific structure of glycopeptidolipids of Mycobacterium intracellulare N. Nakata, N. Fujiwara, T. Naka, I. Yano, K. Kobayashi, and S. Maeda 共著 J. Bacteriol. 第190巻 3号 1064 1071 200802 研究論文 血清型12型糖ペプチド脂質生合成に関与する2種類のメチル基転移酵素遺伝子をクローニングし、生化学的特徴を明らかにした。
Structural analysis and biosynthesis gene cluster of an antigenic glycopeptidolipid from Mycobacterium intracellulare N. Fujiwara, N. Nakata, T. Naka, I. Yano, M. Doe, D. Chatterjee, M. McNeil, P. J. Brennan, K. Kobayashi, M. Makino, S. Matsumoto, H. Ogura, and S. Maeda 共著 (筆頭)(責任) J. Bacteriol. 第190巻 10号 3613 3621 200805 研究論文 MAC血清型16型糖ペプチド脂質抗原の化学構造と生合成遺伝子を同定した。
Mycobacterium kyorinense sp. nov., a novel slowly growing Mycobacterium sp. related to Mycobacterium celatum isolated from human clinical specimens M. Okazaki, K. Ohkusu, H. Hata, H. Ohnishi, K. Sugawara, C. Kawamura, N. Fujiwara, S. Matsumoto, Y. Nishiuchi, K. Toyoda, H. Saito, S. Yonetani, Y. Fukugawa, M. Yamamoto, H. Wada, A. Sejimo, A. Ebina, H. Goto, T. Ezaki, and T. Watanabe 共著 Int. J. Syst. Evol. Microbiol. 第59巻 6号 1336 1341 200906 研究論文 臨床分離株をMycobacterium kyorinenseとして新種提案した。
Comparable studies of immunostimulating activities in vitro among Mycobacterium bovis bacillus Calmette-Gu?rin (BCG) sub-strains D. Hayashi, T. Takii, N. Fujiwara, Y. Fujita, I. Yano, S. Yamamoto, M. Kondo, E. Yasuda, E. Inagaki, K. Kanai, A. Fujiwara, A. Kawarazaki, T. Chiba, and K. Onozaki 共著 FEMS Immunol. Med. Microbiol. 第56巻 2号 116 128 200907 研究論文 世界各国で結核ワクチン株として利用されているBCG亜株間の生化学的性状の違いと抗原性を比較した。
”Lysobacter enzymogenes subsp. cookii” Christensen 1 1978 should be recognized as an independent species Lysobacter cookii sp. Nov Y. Kawamura, J. Tomida, Y. Morita, T. Naka, S. Mizuno, and N. Fujiwara 共著 FEMS Microbiol. Lett. 第298巻 1号 118 123 200909 研究論文 Lysobacter enzymogenes subsp. cookiiをLysobacter cookiiとして新種提案した。
Identification of Rhodococcus equi lipids recognized by host cytotoxic T lymphocytes S. P. Harris, N. Fujiwara, R. H. Mealey, D. C. Alperin, T. Naka, R. Goda, and S. A. Hines 共著 Microbiology 第156巻 6号 1836 1847 201006 研究論文 仔馬の重度な化膿性肺炎や腸炎、付属 リンパ節炎. を主徴とするRhodococcus equi菌由来糖脂質の宿主応答機序を解明した。
Novel rhamnosyltransferase involved in the biosynthesis of serovar 4-specific glycopeptidolipid from Mycobacterium avium complex Y. Miyamoto, T. Mukai, T. Naka, N. Fujiwara, Y. Maeda, M. Kai, S. Mizuno, I. Yano, and M. Makino 共著 J. Bacteriol. 第192巻 21号 5700 5708 201011 研究論文 血清型4型糖ペプチド脂質の生合成に関与するラムノース転移酵素遺伝子を同定した。
Glycerol monomycolate, a latent tuberculosis-associated mycobacterial lipid, induces eosinophilic hypersensitivity responses in guinea pigs Y. Hattori, I. Matsunaga, T. Komori, T. Urakawa, T. Nakamura, N. Fujiwara, K. Hiromatsu, H. Harashima, and M. Sugita 共著 Biochem. Biophys. Res. Commun. 第409巻 2号 304 307 201106 研究論文 結核の潜伏感染に関与するグリセロールモノミコール酸がモルモットにおいて遅延型過敏反応を示すことを明らかにした。
A microbial glycolipid functions as a new class of target antigen for delayed-type hypersensitivity T. Komori, T. Nakamura, I. Matsunaga, D. Morita, Y. Hattori, H. Kuwata, N. Fujiwara, K. Hiromatsu, H. Harashima, and M. Sugita 共著 J. Biol. Chem. 第286巻 19号 16800 16806 201106 研究論文 遅延型過敏反応を示す抗酸菌由来糖脂質の機能をモルモットの系で解明した。
Human lung hydrolases delineate Mycobacterium tuberculosis-macrophage interactions and the capacity to control infection J. Arcos, S. J. Sasindran, N. Fujiwara, J. Turner, L. S. Schlesinger, and J. B. Torrelles 共著 J. Immunol. 第187巻 1号 372 381 201107 研究論文 ヒトの肺にある加水分解酵素がマクロファージと結核菌の相互作用に関与していることを解明した。
Structure and host recognition of serotype 13 glycopeptidolipid from Mycobacterium intracellulare T. Naka, N. Nakata, S. Maeda, R. Yamamoto, M. Doe, S. Mizuno, M. Niki, K. Kobayashi, H. Ogura, M. Makino, and N. Fujiwara 共著(責任) J. Bacterial. 第193巻 20号 5766 5774 201111 研究論文 MAC血清型13型糖ペプチド脂質抗原を7, 12型と比較して、その化学構造と生合成遺伝子を解明した。
Branchiibius cervicis sp. nov., a novel species isolated from patients with atopic dermatitis J. Tomida, D. Sakamoto, T. Sugita, N. Fujiwara, T. Naka, M. Hamada, Y. Morita, Y. Kawamura 共著 Syst. Appl. Microbiol. 第34巻 7号 503 507 201111 研究論文 アトピー性皮膚炎の患者分離株をBranchiibius cervicisとして新種提案した。
Lipid phenotype of two distinct subpopulations of Mycobacterium bovis Bacillus Calmette-Gu?rin Tokyo 172 substrain T. Naka, S. Maeda, M. Niki, N. Ohara, S. Yamamoto, I. Yano, J. Maeyama, H. Ogura, K. Kobayashi, and N. Fujiwara 共著(責任) J. Biol. Chem. 第286巻 51号 44153 44161 201112 研究論文 本邦で唯一の結核ワクチンであるBCG菌I ,II型の資質生化学的性状を明らかにした。
Genus Enhydrobacter Staley et al. 1987 should be recognized as a member of the family Rhodospirillaceae within the class Alphaproteobacteria Y. Kawamura, N. Fujiwara, T. Naka. A. Mitani, H. Kubota, J. Tomida, Y. Morita, and J. Hitomi 共著 Microbiol. Immunol. 第56巻 第1号 21 26 201201 研究論文 系統解析からEnhydrobacterを Rhodospirillaceaeに分類学上組み込むことを提唱した。
Genus Enhydrobacter Staley et al. 1987 should be recognized as a member of the family Rhodospirillaceae within the class Alphaproteobacteria Kawamura, Y., N. Fujiwara, T. Naka, A. Mitani, H. Kubota, J. Tomida, Y. Morita, and J. Hitomi 共著 Microbiol. Immunol. 第56巻 1号 21 26 201202 研究論文 Enhydrobacter Staley et al. 1987をRhodospirillaceae属に再編成した。
Characteristics of Mycobacterium smegmatis J15cs strain lipids N. Fujiwara, T. Naka, M. Ogawa, R. Yamamoto, H. Ogura, and H. Taniguchi 共著(筆頭)(責任) Tuberculosis (Edinb) 第92巻 2号 187 192 201203 研究論文 Mycobacterium smegmatis J15cs株の脂質生化学的特徴と宿主応答機序を解明した。
Non-acid-fastness in Mycobacterium tuberculosis ΔkasB mutant correlates with the cell envelope electron density H. Yamada, A. Bhatt, R. Danev, N. Fujiwara, S. Maeda, S. Mitarai, K. Chikamatsu, A. Aono, K. Nitta, W.R. Jacobs Jr., and K. Nagayama 共著 Tuberculosis (Edinb) 第92巻 4号 351 357 201207 研究論文 ミコール酸合成酵素kasB遺伝子欠損株の細胞壁を電子顕微鏡像から解析した。
Antitubercular activity of disulfiram, an antialcoholism drug, against multidrug- and extensively drug-resistant Mycobacterium tuberculosis isolates Y. Horita, T. Takii, T. Yagi, K. Ogawa, N. Fujiwara, E. Inagaki, L. Kremer, Y. Sato, R. Kuroishi, Y. Lee, T. Makino, H. Mizukami, T. Hasegawa, R. Yamamoto, and K. Onozaki 共著 Antimicrob. Agents Chemother. 第56巻 8号 4140 4145 201208 研究論文 ジスルフィラムの抗多剤耐性結核菌薬としての活性を評価した。
The mannan antigen lacking β-1,2-linked oligomannosides from Candida albicans increases production of inflammatory cytokines released by dendritic cells K. Ueno, A. Okawara, S. Yamagoe, T. Naka, T. Umeyama, Y. Utena, N. Tarumoto, M. Niimi, H. Ohno, M. Doe, N. Fujiwara, Y. Kinjo, and Y. Miyazaki 共著 Med. Microbiol. 第51巻 385 395 201210 研究論文 真菌症の起因菌であるカンジダのマンナン分子について、β-1,2結合型マンノースの欠損株を作製し、その病原性を樹状細胞の炎症性サイトカイン産生から評価した。
Bacterial sphingophospholipids containing non-hydroxy fatty acid activate murine macrophages via Toll-like receptor 4 and stimulate bacterial clearance N. Fujiwara, S.A. Porcelli, T. Naka, I. Yano, S. Maeda, H. Kuwata, S. Akira, S. Uematsu, T. Takii, H. Ogura, and K. Kobayashi 共著 (筆頭)(責任) Biochim. Biophys. Acta. 第1831巻 1177 1184 201305 研究論文 Sphingobacterium由来のスフィンゴリン脂質のTLR2を介した宿主認識機構と感染への影響を明らかにした。
Glycerol monomycolate is a novel ligand for the human, but not mouse macrophage inducible C-type lectin, mincle Hattori Y, D. Morita, N. Fujiwara, D. Mori, T. Nakamura, H. Harashima, S. Yamasaki, and M. Sugita 共著 J. Biol. Chem. 第289巻 22号 15405 15412 201405 研究論文 結核菌由来Glycerol monomycolateのmincle分子を介した宿主認識機構の特徴を明らかにした。
Porphyromonas pogonae sp. nov., an anaerobic but low concentration oxygen adapted coccobacillus isolated from lizards (Pogona vitticeps) or human clinical specimens, and emended description of the genus Porphyromonas Shah and Collins 1988 Kawamura, Y., S. Kuwabara, S.A. Kania, H. Kato, M. Hamagishi, N. Fujiwara, T. Sato, J. Tomida, K. Tanaka, and D.A. Bemis 共著 Syst. Appl. Microbiol. 第38巻 2号 104 109 201503 研究論文 Porphyromonas pomonaを新種提唱した。
Characterization of mycolic acids in total fatty acid methyl ester fractions from Mycobacterium species by high resolution MALDI-TOFMS Teramoto, K., M. Suga, T. Sato, T. Wada, A. Yamamoto, and N. Fujiwara 共著 Mass Spectrometry (Tokyo) 第4巻 1号 A0035 201504 研究論文 ミコール酸分析法をより精度よく簡便に行うspiral MALDI-TOMS法を開発した。
Glycopeptidolipid of Mycobacterium smegmatis J15cs affects morphology and survival in host cells Fujiwara, N., N. Ohara, M. Ogawa, S. Maeda, T. Naka, H. Taniguchi, S. Yamamoto, and M. Ayata 共著 PLoS One 第105巻 5号 e0126813 201505 研究論文 Mycobacterium smegmatis J15cs株の宿主生存がglycopeptidolipidと関連していることを証明した。
Porphyromonas bronchialis sp. nov. Isolated from Intraoperative Bronchial Fluids of a Patient with Non-Small Cell Lung Cancer Sato, T., J. Tomida, T. Naka, N. Fujiwara, A. Hasegawa, Y. Hoshikawa, J. Matsuyama, N. Ishida, T. Kondo, K. Tanaka, N. Takahashi, and Y. Kawamura 共著 Tohoku J. Exp. Med. 第237巻 1号 31 37 201507 研究論文 Porphyromonas bronchiolesを新種提唱した。
Identification of a desaturase involved in mycolic acid biosynthesis in Mycobacterium smegmatis Singh, A., C Varela, K. Bhatt, N. Veerapen, O.Y. Lee, H.H. Wu, G.S. Besra, D.E. Minnikin, N. Fujiwara, K. Teramoto, A. Bhatt 共著 PLoS One 第11巻 10号 e0164253 201611 研究論文 Mycobacterium smegmatisの不飽和ミコール酸生合成機構を解明した。
Microarray analysis of macrophage response to infection with Streptococcus oralis reveals the immunosuppressive effect of hydrogen peroxide. H. Matsushima, Y. Kumagai, A. Vandenbon, H. Kataoka, M. Kadena, H. Fukamachi, T. Arimoto, H. Morisaki, N. Fujiwara, N. Okahashi, and H. Kuwata 共著 Biochem. Biophys. Res. 第485巻 2号 461 467 201702 研究論文 ブドウ球菌感染における免疫抑制効果をマクロファージのマイクロアレイから解明した。
Characterization of O-antigen polysaccharide backbone derived from nitric oxide-inducing Mesorhizobium loti MAFF 303099 lipopolysaccharide. M. Hashimoto, M. Mizukami, K. Osuki, N. Fujiwara, Y. Suda, and T. Uchiumi 共著 Carbohydr. Res. 第445巻 44 50 201706 研究論文 NOを産生するMesorhizobium lotiのO抗原多糖の性質を解明した。

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本細菌学会
日本脂質生化学研究会
日本生化学会
日本免疫学会
日本結核病学会
American Society for Microbiology

 受賞

受賞年月 授与機関 受賞名 概要
20090200 大阪市医学会市長賞
20100100 大阪市医学会賞
20120300 大阪市立大学医学部基礎系teacher of the year、大阪市立大学医学部同窓会仁澪奨励賞

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
- 基盤研究(C) 科学研究費 20040401 20070331 藤原 永年 非結核性抗酸菌細胞壁糖ペプチド脂質に対する宿主応答の分子機序 研究分担者
- 基盤研究(C) 科学研究費 20070401 20100331 藤原 永年 宿主免疫応答を制御する結核菌由来ミコール酸修飾因子の研究 研究代表者
- 基盤研究(C) 科学研究費 20100401 20130331 藤原 永年 非結核性抗酸菌由来糖ペプチド脂質抗原の構造、生合成経路と宿主応答機序 研究代表者
- 基盤研究(C) 科学研究費 20110401 20140331 藤原 永年 食用担子菌におけるスフィンゴ糖脂質の偏在性と第三次機能の科学的評価 研究分担者
- 基盤研究(C) 科学研究費 20110401 20120331 藤原 永年 環境常在マイコバクテリアによるTh2バイアス誘導の分子機構 研究分担者
- 基盤研究(C) 科学研究費 20130401 20150331 藤原 永年 担子菌類に含まれる脂質成分の腸管における免疫活性化およびアレルギー改善効果 研究分担者
- 基盤研究(C) 科学研究費 20130401 20160331 藤原 永年 血清型特異糖ペプチド脂質抗原に制御されるMAC菌の宿主内増殖機 研究代表者
- 基盤研究(C) 科学研究費 20160401 20190331 藤原 永年 MAC菌の糖ペプチド脂質抗原に制御される形態と宿主応答機序 研究代表者

 特許

出願日 公開番号 公開日 特許番号 登録日 発明の名称 発明者 出願国 商品化実用化有無 持分比率
ヒト血清アルブミンおよびその製造方法
ウロキナーゼ前駆体の精製方法
ヒト血清アルブミン

一覧へ戻る