教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 森 由香
氏名(カナ) モリ ユカ
氏名(英字) Yuka, MORI
学部・学科 文学部、現代生活学部、心理学部、経営学部、大学共通
職名 非常勤講師
出身学校・専攻 大阪大学人間科学部
出身大学院・研究科 大阪大学大学院人間科学研究科生涯学習研究分野
学位・資格 教育学修士
本学での担当科目 人権論、人権と社会
研究内容 大学院在学中は小学校の余裕教室の地域社会の学習施設への活用や学社融合をテーマとしていた。その後、大阪市総合生涯学習センターやヒューライツ大阪で、在日外国人のための日本語教室のサポートやESDの国際会議に関わった。現在は、地域社会教育施設の運営委員や、公民分館で活動している。

シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=125504
ひとことメッセージ お互いに充実した授業になるよう、ご協力よろしくお願いします。
URL(外部リンク) http://ten.or.jp/(特定非営利活動法人とよなかESDネットワーク)

 研究キーワード

研究キーワード
生涯学習、人権、開かれた学校、社会教育施設、教育を受ける権利

 研究分野

研究分野
教育学

 著書

タイトル
調査研究法ガイドブック〜教育における調査のデザインと実施・報告

 論文

タイトル
学校施設の社会教育的使用にかかる事業に関する一考察

 講演・口頭発表等

タイトル
地域課題に解決を目的とした学習事業の展開過程に関する一考察
大都市における生涯学習の基盤整備に関する一考察―大阪市生涯学習ルーム事業を事例として―

 その他業績

タイトル 実施年月 単著・共著の別 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 分類 概要
コラム「地域住民が支える識字・日本語活動〜大阪市地域識字・日本語教室」 国際人権ひろば №73、
財団法人アジア・太平洋人権情報センター
「教育を受ける権利」「学習する権利」の保障の場として開催されている、大阪市の地域・識字日本語教室についてのコラムを執筆した。
「人権教育国際会議2006-アジアと大阪との対話:報告集」 200703 共、編集担当 財団法人アジア・太平洋人権情報センター 人権教育国際会議の開催にあたり、資料や講演などをまとめた報告集の編集を担当した。

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本社会教育学会 2000 現在に至る

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
2005 2015 豊中市千里文化センターの運営にあたり、市民委員として、行政と市民との協働のありかたについて検討する会議に出席している。
201603 現在に至る (特定非営利活動法人)とよなかESDネットワーク理事として、豊中市を中心に教育に関する講座の企画・運営、講師を務めている。 市民活動

一覧へ戻る