教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 西尾 元伸
氏名(カナ) ニシオ モトノブ
氏名(英字) NISHIO MOTONOBU
学部・学科 文学部日本文化学科
職名 准教授
出身学校・専攻 立教大学 経済学部経営学科 卒業
出身大学院・研究科 大阪大学大学院 文学研究科 博士後期課程 修了
学位・資格 博士(文学)大阪大学
本学での担当科目 日本文学史(近現代文学)、文献演習(文学講読)
研究内容 【日本近現代文学】
泉鏡花の作品を中心に、日本の近現代文学について考えています。この研究では、文学のことばと真剣に向き合い、ひとつひとつの作品を丁寧に読むことがもっとも大切です。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=125300
ひとことメッセージ 作品世界を読み解くことの楽しみを一緒に体験しましょう。

 研究キーワード

研究キーワード
日本近代文学 泉鏡花 明治大正期の小説・戯曲

 著書

タイトル 著者 出版社 出版年月 担当区分 担当範囲 概要
『論集 泉鏡花 第五集』 西尾元伸 泉鏡花研究会編/和泉書院 201109 共著 「『楊柳歌』の京都、あるいは清水寺 ―〈観音功徳〉の顕現をめぐって―」,pp.157〜175 泉鏡花『楊柳歌』の、京都の町の描き方や、清水寺の舞台と役者という取り合わせが、〈観音功徳〉の場を成立させるための周到な〈仕掛け〉であると位置づけ、作品の読解を試みた。
『大学生の日本語文章表現』 摂南大学 日本語文章表現の会 201403 共著 「第13回 資料収集の方法 ―文献の検索について学ぶ」(主担当) 初年次向け、日本語文章表現科目用テキスト(2017年3月 改訂版)

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
泉鏡花『沼夫人』論 西尾元伸 単著 阪大近代文学研究 大阪大学近代文学研究会 3 13 27 200503 研究論文 泉鏡花『沼夫人』について、謡曲「杜若」の摂取を起点として考察、読解した。
芥川作品の中の〈鏡花〉―『奇怪な再会』を中心として― 西尾元伸 単著 阪大近代文学研究 大阪大学近代文学研究会 4 33 46 200603 研究論文 春陽堂『鏡花集』の出版を補助線に、芥川『奇怪な再会』と鏡花『三尺角』『三尺角拾遺』との表現上の類似性を検証、芥川の鏡花作品摂取について考察した。
泉鏡花『春昼』『春昼後刻』考 ―その〈風景〉と「霞」をめぐって― 西尾元伸 単著 語文 大阪大学国語国文学会 89 35 47 200712 研究論文 『春昼』『春昼後刻』の〈風景〉に「霞」が多用されていることに着目し、これと登場人物の心情の移り変わりの関わりについて論じた。
泉鏡花『霊象』論 ―〈救出劇〉を経て「盲人」の見たもの― 西尾元伸 単著 語文 大阪大学国語国文学会 94 20 32 201006 研究論文 鏡花『霊象』に登場する〈毒婦〉見物の様相が、実在の事件に類似することを指摘。そのうえで、本作では新聞報道の信頼性を揺るがすような語りがなされていることに注目して、作品を読解。
泉鏡花『海神別荘』考 ―〈舞台演出〉に注目して― 西尾元伸 単著 待兼山論叢(文学編) 大阪大学文学会 45 20 32 201112 研究論文 泉鏡花の戯曲『海神別荘』について、「見物席」に向けられた舞台演出に注目して、作品を分析した。
泉鏡花『深沙大王』の演出―〈廻り舞台〉の前後を中心に― 西尾元伸 単著 阪大近代文学研究 大阪大学近代文学研究会 12 19 31 201403 研究論文 泉鏡花の最初の戯曲『深沙大王』が、劇場の舞台装置を強く意識していることに注目し、舞台上での異形異類のリアリティに、戯曲に内包される観客の視線が大きな役割を果たしていることを論じた。
泉鏡花『南地心中』の大阪―見物、演劇、ならびに心中― 西尾元伸 単著 語文 大阪大学国語国文学会 106・107 44 55 201702 研究論文 泉鏡花『南地心中』の舞台である大阪は、演劇作品を中心とする多くの古典文学と、そうした先行文学を二重写しにするように町を見る作中人物の視線を通して描かれている。こうした大阪の描き方を糸口に、作品の創作方法を探り、一編の読解を試みた。

 MISC

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
徳永光展著『夏目漱石「心」論』 西尾元伸 単著 語文 大阪大学国語国文学会 91 200812 書評,文献紹介等 (著書紹介)
出原隆俊・小林幸夫注釈『鴎外近代小説集 第五巻』 西尾元伸 単著 語文 大阪大学国語国文学会 100.101 201312 書評,文献紹介等 (著書紹介)
石川近代文学館編『鏡花研究』第十三号 西尾元伸 泉鏡花研究会会報 泉鏡花研究会事務局 29 201312 書評,文献紹介等 (著書紹介)

 講演・口頭発表等

タイトル 講演者 単著・共著の別 会議名 開催年月日 主催者 開催地 概要
『春昼』『春昼後刻』考―〈風景〉を視座として― 西尾元伸 泉鏡花研究会(第46回大会) 20061209 泉鏡花研究会 同志社大学 (学会発表)
泉鏡花『霊象』論 ―〈救出劇〉の裏側― 西尾元伸 平成22年度 大阪大学国語国文学会 20100109 大阪大学国語国文学会 大阪大学 (学会発表)
『浮舟』の方法 西尾元伸 泉鏡花研究会(第50回例会) 20120519 泉鏡花研究会 昭和女子大学 (学会発表)
『幻往来』の東京 西尾元伸 泉鏡花研究会(第66回大会) 20161224 泉鏡花研究会 昭和女子大学 (学会発表)

 その他業績

タイトル 実施年月 単著・共著の別 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 分類 概要
兵庫近代文学事典 201110 共著 日本近代文学会関西支部兵庫近代文学事典編集委員会編・和泉書院 (項目執筆)
京都近代文学事典 201305 共著 日本近代文学会関西支部京都近代文学事典編集委員会編・和泉書院 (項目執筆)

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本近代文学会 200404
日本近代文学会 関西支部 200406 運営委員(2009〜12年度)
泉鏡花研究会 200408 運営委員(2017年〜)
昭和文学会 201504
表現学会 201509 事務局長(2016年度)、理事(2017年度〜)
阪神近代文学会 201612 運営委員(2017年度〜)

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
20130223 20130223 終了 泉鏡花『婦系図』とその周辺 帝塚山大学奈良学総合文化研究所 公開講座「名品・名作誕生Ⅹ」
20160619 20160619 終了 泉鏡花の文学と大阪 近鉄文化サロン・帝塚山大学共催公開講座
20170128 20170128 終了 尾崎紅葉『むき玉子』の成立 帝塚山大学奈良学総合文化研究所 公開講座「名品・名作誕生ⅩⅣ」

一覧へ戻る