教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 志馬 祥紀
氏名(カナ) シマ ヨシノリ
氏名(英字) SHIMA YOSHINORI
学部・学科 経済学部経済学科
職名 教授
学位・資格 博士(国際公共政策・経済学)
本学での担当科目 国際金融、証券市場
研究内容 【金融・証券市場】
国内外の金融市場や証券市場について、その構造や価格形成過程の分析、そして規制が価格形成に与える影響を中心に研究しています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2017&k_cd=108901
ひとことメッセージ 大学は自ら学ぶことを知る場です。悔い無きよう過ごしましょう。

 研究キーワード

研究キーワード
デリバティブズ、証券市場、規制、マーケット・マイクロストラクチャー

 著書

タイトル 著者 出版社 出版年月 担当区分 担当範囲 概要
ファンドマネジメントの新しい展開 東京書籍 20090400 共著 pp.16-20及びpp.140-160 取引所制度及びデリバティブ商品の具体的使用事例について説明。
ビジネス学びのことはじめ ナカニシヤ出版 20100500 共著 pp.68-75 経済学・経営学入門者向けのテキスト。資本市場の機能について説明。
ファンドマネジメント大全 志馬 祥紀 同友館 20131200 共著 資産運用会社から見た、金融商品の価格変動のリスクヘッジやリターン拡大手段について、理論に加えて市場データを使用して説明。初学者向けテキスト。

 論文

タイトル 著者 単著・共著の別 発行雑誌 発行所 開始ページ 終了ページ 出版年月 掲載種別 概要
株価指数とその派生商品市場―市場運営政策のグローバルな波及効果とその評価 単著 大阪大学大学院国際公共政策研究科 20020300 公共政策博士号学位論文。我が国資本市場における株価指数関連派生商品の市場運営政策の提言、及び海外市場との価格リンケージについて実証分析を実施。
1990年代の株価指数派生商品市場―市場運営政策のグローバルな波及効果とその評価 単著 「証券経済研究」 第39号 37 76 20021000 我が国派生商品市場の運営政策について実証分析を実施。
空売り規制に関する世界の動向 単著 「証券経済学会年報」 第40号 35 48 20050700 株式の空売り規制に関する世界の動向について述べた後、我が国における規制緩和の可能性を論じた。
空売り規制と流動性-マイクロ・ストラクチャーから見た規制効果 単著 「証券経済研究」 第51号 77 89 20050900 我が国株式市場における空売り規制の取引流動性に与えた効果を実証分析。
欧州の空売り規制の現状と空売りの経済分析 単著 「空売り規制に関する研究会最終報告書収録論文」 日本証券経済研究所 21 37 20051100 欧州市場における空売り規制状況の分析。
株式分割と取引流動性―マイクロ・ストラクチャーの観点から 単著 「証券経済研究」 41号 197 202 20060700 株式分割が取引流動性に与える影響についての実証分析
上場廃止は誰のためか?-親会社による上場子会社の完全子会社化にみる株主間利害対立 単著 「証券経済研究」 55号 77 94 20060900 上場廃止に関する親会社と少数株主間の利益相反について実証分析。
市場型金融モデルにおける機能不全リスクとその対策 ―マーケット・マイクロストラクチャーからみた市場機能向上のための提案 単著 滋賀大学大学院経済学研究科 20070300 経済学博士号学位論文。我が国市場市場における市場型間接金融モデルの成立前提となる諸条件について記載及び実証研究を実施。
先物市場の分裂と取引流動性―大証225mini導入のインパクトを測定する― 単著 「証研レポート」 (財)日本証券経済研究所 65 75 20080600 異なる取引単位で同一指数を対象とするデリバティブ取引の流動性効果を実証分析。
米国の空売規制と住宅公社の救済 単著 「証研レポート」  (財)日本証券経済研究所 55 68 20081200 米国空売り規制の導入経過を説明、規制の価格形成への効果を分析。
2008年9月 米国金融システム危機と空売り規制 単著 「証研レポート」  (財)日本証券経済研究所 66 78 20090400 米国の空売り規制の効果について、金融システム危機との関連を踏まえて分析。
クレジット・デフォルト・スワップ (CDS)取引の清算を巡る米国の現状と考え方 単著 「証研レポート」  (財)日本証券経済研究所 54 70 20090800 米国におけるCDS取引の清算機関導入を巡る議論と研究を分析。
株価指数先物市場の取引流動性 単著 「国際研究論叢」 大阪国際大学紀要 25 34 20091000 ミニ先物取引の導入が既存取引に与える流動性効果を分析。
シンガポール取引所のデリバティブ市場―市場の分裂者か?パイの共同メーカーか?― 単著 「証研レポート」 (財)日本証券経済研究所 40 73 20100600 国内外市場間の競争を巡る議論を紹介、併せて市場相互の取引流動性効果について分析。
J-REIT市場の投資家構造 単著 「証研レポート」 (財)日本証券経済研究所 72 101 20101000 我が国不動産投資信託における投資家行動について実証分析。
J-REIT 市場における価格形成と米国REIT 市場の影響 単著 大阪銀行協会フォーラム研究受賞論文集 20110200 不動産投資信託の価格形成における米国不動産投資信託市場の影響を実証分析。
J-REIT市場の価格形成 単著 「証研レポート」  (財)日本証券経済研究所 37 49 20110200 不動産投資信託の価格形成について為替市場及び米国市場の影響を実証分析。
国際金融市場間の競争と互恵効果 : 日本・シンガポールの事例分析 単著 「国際研究論叢」 大阪国際大学紀要 1 19 20110300 日本-シンガポール市場間の競争及び互恵効果について実証分析。
クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)取引におけるクレジット・イベントの認定 単著 「証研レポート」  (財)日本証券経済研究所 35 52 20110600 我が国CDS市場におけるクレジット・デフォルトの発生過程について分析。
わが国CDS市場の価格形成―株式市場との比較を中心に 単著 「証研レポート」  (財)日本証券経済研究所 54 77 20111000 我が国CDS市場における価格形成について、情報効率性の観点から実証分析。
レバレッジETFを巡る議論―デリバティブを組みこんだETFの紹介とSECの動き― 単著 「証研レポート」 (財)日本証券経済研究所 42 63 20120200 米国のレバレッジを組み込んだETFの商品性を巡る議論及びSECの対応を紹介。
香港取引所のグローバルIPO市場 単著 「証研レポート」  (財)日本証券経済研究所 35 52 20120600 香港取引所において拡大する外国株市場の状況について分析。
米国ボラティリティ商品市場の拡大とトラブル―クレディ・スイス発行のETNを巡る問題― 単著 「証研レポート」 (財)日本証券経済研究所 24 38 20121000 米国で拡大するボラティリティ商品市場において発生した投資家トラブルの状況分析。
独自性を発揮するNYSE Arca取引所 ―米国で拡大するETP市場の開拓者― 単著 「証研レポート」 (財)日本証券経済研究所 34 46 20130400 米国ETN市場の発展に大きく影響するNYSE Arca取引所の成立敬意と現在の取引状況について説明。
アベノミクスと機関投資家行動 志馬 祥紀 単著 「証研レポート」
(財)日本証券経済研究所 20130700
五月二三日の株式市場クラッシュと先物市場 志馬 祥紀 単著 証研レポート (財)日本証券経済研究所 20130800
取引所再編の動きとデリバティブ取引の収益性 志馬 祥紀 単著 証研レポート (財)日本証券経済研究所 20131200
アベノミクス導入から一年―機関投資家の動き 志馬祥紀 単著 証研レポート (財)日本証券経済研究所 20140400

 講演・口頭発表等

タイトル 講演者 単著・共著の別 会議名 開催年月日 主催者 開催地 概要
空売り規制に関する世界の動向 単独 証券経済学会関西部会   20040700 世界の空売り規制動向について説明。 (学会報告)
空売り規制に関する世界の動向と流動性への影響 単独 証券経済学会全国大会 20041000 世界の空売り規制動向及び取引流動性に注目した規制効果について説明。(学会報告)
株式分割と取引流動性―マイクロ・ストラクチャーの観点から 単独 証券経済学会全国大会 20051000 株式分割が取引流動性に与える影響の実証分析結果を報告。(学会報告)
2008年 米国空売り規制の目的と効果 単独 (財)日本証券経済研究所「証券経済研究会」 20080600 米国空売り規制の政策目的とその効果について報告。(学会報告)
先物市場の分裂と取引流動性―大証225mini導入のインパクトを測定する 単独 証券経済学会全国大会 20081000 先物市場におけるミニ取引の導入が既存取引に与える影響について報告。(学会報告)
2008年9月米国空売り規制の導入と影響 単独 (財)日本証券経済研究所「証券経済研究会」 20081000 米国空売り規制の効果について分析結果を報告。(学会報告)
CDS清算を巡る米国の現状と考え方 単独 (財)日本証券経済研究所「証券経済研究会」 20090300 米国におけるCDS取引を巡る清算機関設置議論について報告。(学会報告)
シンガポール取引所のデリバティブ市場 ―市場の分裂者か?パイの共同メーカーか?― 単独 (財)日本証券経済研究所「証券経済研究会」 20100600 シンガポール取引所における経営戦略及び市場間競争の効果について報告。(学会報告)
J-REIT市場の投資家構造 単独 (財)日本証券経済研究所「証券経済研究会」 20100900 不動産市場における投資家行動について分析。(学会報告)
J-REIT市場の投資家構造とサブプライム問題の影響 単独 証券経済学会全国大会 20101000 不動産市場の価格形成(投資家行動、サブプライム問題の影響)について、海外市場の影響を分析。(学会報告)
J-REIT市場の価格形成 単独 (財)日本証券経済研究所「証券経済研究会」 20110200 不動産市場の価格形成について、海外市場の影響を分析。(学会報告)
アイフル、日本航空、武富士―クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)におけるクレジット・イベントの認定― 単独 (財)日本証券経済研究所「証券経済研究会」 20110600 CDS市場におけるクレジット・デフォルトの発生過程について報告。(学会報告)
わが国CDS市場の価格形成―株式市場との比較を中心に― 単独 (財)日本証券経済研究所「証券経済研究会」 20111000 CDS市場における情報効率性について実証分析。(学会報告)
わが国CDS市場の価格形成 単独 証券経済学会全国大会 20111100 CDS市場におけるデフォルト発生及び情報効率性について実証分析。(学会報告)
米国で拡大するボラティリティ投資〜ETNを利用した投資とその問題点〜 単独 証券経済学会秋季大会(第78回) 20120900 米国におけるボラティリティ商品の拡大状況と同商品への投資に関する投資リスクの分析。(学会報告)

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本金融学会
日本ファイナンス学会
証券経済学会

 受賞

受賞年月 授与機関 受賞名 概要
20020300 大阪大学大学院国際公共政策研究科 優秀論文賞を受賞
20100200 大阪銀行協会主催大銀協フォーラム公募論文「特別賞」受賞
20100600 財団法人石井記念証券研究振興財団奨励事業対象者認定
20131200 大阪銀行協会主催大銀協フォーラム 大阪銀行協会主催大銀協フォーラム公募論文「特別賞」受賞

一覧へ戻る