教員紹介データベース


一覧へ戻る

 基本情報


氏名 奥村 由美子
氏名(カナ) オクムラ ユミコ
氏名(英字) OKUMURA YUMIKO
学部・学科 心理学部心理学科
職名 教授・学部長
出身学校・専攻 関西学院大学文学部教育学科 教育心理学専攻 卒業
出身大学院・研究科 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程 病態制御医学専攻 修了
学位・資格 博士(医学)、臨床心理士、上級専門心理士
本学での担当科目 老年心理学特論
研究内容 【老年心理学、臨床心理学】
認知症高齢者への非薬物療法の中でも、とくに「回想法」の、認知症高齢者や家族、介護スタッフへの効果や、家族の精神的健康と支援などについて研究しています。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2018&k_cd=108200
ひとことメッセージ よく学び、よく遊んで、いろいろな経験を重ねていきましょう。

 研究キーワード

研究キーワード
高齢者,認知症,非薬物療法,回想法,介護者,生涯発達,世代間交流,高齢者イメージ,認知症高齢者イメージ

 研究分野

研究分野
臨床心理学

 著書

タイトル
老年学入門
老年学大事典
老いの臨床心理
高齢者グループケア
回想法ハンドブック
全件表示(27件)

 論文

タイトル
小学生の家庭日常活動と心身症状に関する研究
アレルギー症状に対する親子関係および素質に関する研究
軽度アルツハイマー型痴呆患者のためのリハビリテーション・プログラムの試み
一般病院外来でのアルツハイマー型痴呆患者へのグループ訓練の役割と効果
老人性痴呆疾患センター利用状況からみた痴呆性高齢者及び家族に必要な支援のあり方
全件表示(24件)

 MISC

タイトル
視覚失認から視覚失語に移行した左後大脳動脈領域梗塞の1例
Phonological Alexia-仮名無意味綴り音読障害の機序
痴呆患者の自己評価能力
視覚失語患者の文字認知能力の検討
重度の発語失行を呈した脳梗塞の1例
全件表示(136件)

 講演・口頭発表等

タイトル
視覚失認から視覚失語に移行した左後大脳動脈領域梗塞の1例
Phonological Alexia-仮名無意味綴り音読障害の機序
痴呆患者の自己評価能力
視覚失語患者の文字認知能力の検討
重度の発語失行を呈した脳梗塞の1例
全件表示(124件)

 所属学協会

所属学協会名 年月(自) 年月(至) 年月(至)区分 職名
日本心理臨床学会 19900600 現在に至る 会員
日本老年社会科学会 19940600 現在に至る 会員・評議員
日本認知症学会 19980700 現在に至る 会員
日本認知症ケア学会 20000800 現在に至る 会員・代議員・理事
日本心理学会 20030100 現在に至る 会員
日本健康心理学会 20070300 現在に至る 会員
日本在宅ケア学会 20070300 20100300 退会 会員
川崎医療福祉学会 20090400 20180300 退会 会員
日本老年精神医学会 20100200 現在に至る 会員
日本応用心理学会 20180100 現在に至る 会員
日本老年臨床心理学会 20180300 現在に至る 会員・評議員

 受賞

受賞年月 授与機関 受賞名 概要
20061100 財団法人三井住友海上福祉財団 第4回三井住友海上福祉財団賞(高齢者福祉部門) 認知症高齢者への回想法の評価方法や実施回数については検討段階にある。アルツハイマー型認知症高齢者を対象に5回のセミ・クローズドのグループ回想法を実施した。回想のテーマは4種類でどの回から参加してもその参加者には初回と最終回のテーマが同じになるように設定し、効果判定には語想起課題を用いた。実施群では終了後に初回に比べて語彙数が増加していた。短期間のセミ・クローズのグループ回想法は有用であり、評価には簡便な語想起課題を用いることができる。

 競争的資金等の研究課題

提供機関 研究種目 タイトル 採択開始 採択終了 代表者 研究課題 代表者・分担者の別
財団法人三井住友海上福祉財団 高齢者福祉部門 2001 2002 奥村由美子 回想法による短期入院痴呆性高齢者への効果と介護スタッフにもたらす介護意識・ストレスに関する研究 代表者
日本学術振興会 基盤研究(C) 科学研究費補助金 2007 2010 奥村由美子 加齢および高齢者に関する知識とイメージを測定するテストの開発 代表者
日本学術振興会 研究成果公開促進費 学術図書 科学研究費補助金 2009 2009 奥村由美子 認知症高齢者への回想法に関する研究 代表者
帝塚山学園 学術・教育研究助成  第1種(C) 2013 2013 奥村由美子 認知症高齢者を介護する家族への回想法的介入による心理的援助 代表者
日本学術振興会 基盤研究(C) 平成27年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 2015 2018 奥村由美子 認知症介護にかかわる家族の日常生活における回想行為と精神的健康の関連に関する研究 代表者

一覧へ戻る