閉じる

オカザワ テツコ
岡澤 哲子
教育学部こども教育学科
タイトル 運動遊び場面の保育者の言葉がけに関する保育者養成における指導上の観点についてー内発的動機づけを高めることをねらいとしてー
著者 岡澤哲子
単著・共著の別
発行雑誌 帝塚山大学現代生活学部紀要
発行所 帝塚山大学現代生活学部
No.12
開始ページ 57
終了ページ 64
出版年月 2016
掲載種別 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
概要 本研究の目的は、内発的動機づけを高めることをねらいとした運動場面における、保育者の言語活動に関する保育者養成の指導上の観点を明らかにすることであった。調査対象は61名の教師と53名の学生であった。13の運動遊び場面において、保育者の言葉としてふさわしい言葉を調査用紙に記入した。すべての言葉をカテゴリーに分類した。内発的動機づけを高めることをねらいとした4つのカテゴリーは、非指示的・指示的・受容的・外発的とした。教師は非指示的な言葉がけが最も多く(χ2(3)=174.29、p<.01)、学生は受容的な言葉がけが最も多かった(χ2(3)=144.48、p<.01)。結果として、①自己決定感をキーワードにすること、②保育のねらいをもちながら、子どもの状況にあわせて非指示的な言葉がけや受容的な言葉がけをすることの2点が、運動場面における保育者の言語活動に関する保育者養成の指導上の観点であることが示唆された。

閉じる