閉じる

レンゲ カズミ
蓮花 一己
学長
タイトル クラクションによる対人コミュニケーションの実験的研究
著者
単著・共著の別 単著
発行雑誌 交通科学 
発行所
Vol.15
No.2
開始ページ 27
終了ページ 33
出版年月 19860200
掲載種別
概要 クラクションが使用される状況を20の場面スライド提示する。内容は「不快感の表出」「命令」「明示」「連絡」「礼儀」の5つのカテゴリー(各4刺激)である。被験者はペーパードライバー群(10名)、初心ドライバー群(10名)、一般ドライバー群(10名)の計30名の被験者である。クラクションレコードには刺激カテゴリーにより大きな違いがあり、「礼儀」や「命令(依頼)」が短く、「不快感の表出」が長いクラクションであった。ペーパードライバーは他の2群の被験者よりもクラクション時間が長く、ディスコミュニケーションの一因となると推測された。

閉じる