閉じる

レンゲ カズミ
蓮花 一己
学長
タイトル 道路情報板に表示されるシンボルの情報伝達機能の評価
著者 飯田克弘,鈴木彩希,蓮花一己,高橋秀喜,糸島史浩,田坂真智
単著・共著の別 共著
発行雑誌 第35回交通工学研究発表会論文集(研究論文)
発行所 (一社)交通工学研究会
開始ページ 119
終了ページ 125
出版年月 20150508
掲載種別
概要 我が国の高速道路では情報の判読性向上を期待し、シンボルを表示する可変式道路情報板が導入されつつあるが現行のシンボルの中にはドライバーに正しく理解されていないと指摘されるものが多い。本研究では、突発性事象の中で発生頻度や重要度を考慮して、事故、火災、落下物に着目しこれらの事象を示す新たな図形のデザインを考慮した。そして、JISやISOに定められている評価試験方法を参考にし「可読性」、「理解度」、「適切性」に関する評価項目を設けて、被験者50人に対して運転状況化で上記シンボルが情報伝達に有効に機能するか現行シンボルとの比較を通じて分析を行った。結果、事故や火災のデザインは車体の輪郭を単純化して表現すること、落下物は落下物現行のように具象化したものは高い評価が得られた。今後の課題として、図形だけに主眼を置くのではなく、実際に表示される文字情報を表示し、情報板全体としての判読性を評価する必要がある。

閉じる