閉じる

レンゲ カズミ
蓮花 一己
学長
タイトル インシデントを生起させた高齢ドライバーの行動特性の分析
著者
単著・共著の別 共著
発行雑誌 交通科学
発行所
Vol.39
No.2
開始ページ 66
終了ページ 72
出版年月 2008
掲載種別
概要 走行中に車線間違いや交差点のショートカット、路外逸脱などのインシデントを発生させた高齢ドライバーについて、運転パフォーマンスやハザード知覚などの指標との関連を調べた。調査参加者87名を、インシデントの質的基準と量的基準に基づいて、複合インシデント群、重大インシデント群、反復インシデント群、非インシデント群に分けた。複合インシデント群は、交差点での通過速度が高く、不停止率が高い傾向を示した。また、ハザード知覚テストで「他車の行動予測」に関する得点が低かった。(蓮花他3名)

閉じる