閉じる

レンゲ カズミ
蓮花 一己
学長
タイトル ハザード知覚の構造と機能に関する実証的研究
著者
単著・共著の別 共著
発行雑誌 応用心理学研究 
発行所
No.18
開始ページ 37
終了ページ 54
出版年月 1993
掲載種別
概要 「危険感受性診断テストTOK」は、ドライバーのハザード知覚を測定するテストである。このテストを受検した12562名のドライバーについて、交通状況の危険性評価(危険感受度得点)や個別の項目への回答(危険認知度得点)を得た。因子分析を行い危険感受度については、1)一般的ハザード、2)潜在的ハザード、3)行動予測の3因子を抽出した。また、年齢層別の因子ごとに異なることを見出した。10代の若手ドライバーは一般的ハザードの状況を危険と評価する傾向がある。しかしすぐにその危険性評価は低下し、いずれの状況も危険とは評価しない。中年齢層が評価が高い一方で、高年齢層が再び危険性評価が高くなる傾向を示した。

閉じる