閉じる

レンゲ カズミ
蓮花 一己
学長
タイトル 無信号交差点での側方視距離と交通量が左右確認行動に及ぼす効果
著者
単著・共著の別 単著
発行雑誌 交通心理学研究
発行所
Vol.19
No.1
開始ページ 29
終了ページ 37
出版年月 1993
掲載種別
概要 信号交差点でのドライバーの左右頭部運動回数がフィールド観察法により測定された。大阪での20カ所(16交差点)について、左右の見通し距離、交通量、一時停止標識の有無などの外的変数が確認回数に及ぼす効果について、重回帰分析により検討が行われた。一時停止標識の有無が確認回数に大きな効果を示した。一時停止のある交差点のみで分析を行った場合、交通量が多くなるにつれて、さらに左右の見通しがよくなるにつれて確認回数は増大する結果を得た。

閉じる