教員紹介データベース


 基本情報


氏名 M. J.シェフナー
氏名(カナ) シェフナー マーク ジョン
氏名(英字) MARC JOHN SHEFFNER
学部・学科 全学教育開発センター
職名 教授
出身学校・専攻 B.A. in Modern Languages (French & German), Oxford University
出身大学院・研究科 M.A. in Modern Languages (French & German), Oxford University
学位・資格 M.A.
本学での担当科目 英語関係科目
研究内容 【英語教育+異文化間コミュニケーション】
言語(英語)教育法、ITを使った英語教育、異文化間コミュニケーション。
シラバス(URL) https://csweb.tezukayama-u.ac.jp/syllabus/campus?func=function.syllabus.ex.search&nendo=2022&k_cd=621005
ひとことメッセージ 英語を身につけるためのコツはやさしく+たく さん。やさしい(簡単な)英語をたくさん(量+ 回数)読んだり聞いたりすることが大切です。 中級レベルの能力を目指して、卒業までに英語を身につけましょう。

 研究キーワード

研究キーワード
自主学習、アカデミック・ライティング教育、コーチング、記憶トレーニング。

 著書

タイトル 担当区分 出版社 出版年月
The Not Doing (Le Non-Faire) その他 Arjuna Publications, 20 rue Descartes, 75005 Paris, France. 1984
English Writing I: using TIES and a blog 単著 2007年度帝塚山大学特色GP成果報告書 ―学生の自立性を高める教育学習支援システム〜TIESライブ塾とサイバーチューターを活用して〜 20080300
Using TIES and a blog for an English Writing Class: an experiment using different Learning Management Systems 単著 2007年度帝塚山大学特色GP成果報告書 ―学生の自立性を高める教育学習支援システム〜TIESライブ塾とサイバーチューターを活用して〜 20080300

 論文

タイトル 単著・共著の別 発行雑誌 出版年月
A Preliminary Survey of Japanese College Students’ Beliefs About Learning Based on the Inner Game “Performance-Learning-Enjoyment” Triangle 「帝塚山大学全学教育開発センター紀要」第6号 202103
The 2004 Brunets Seminar on Learner Autonomy Report. 共著 20041200

 講演・口頭発表等

タイトル 会議名 開催年月日
「『学生さんが勉強してくれますか』西洋人にとっての日本の謎」 勉強会③ 英語による古代史・文化紹介ガイド 20180915
Observations of Japanese students by a 30 years of British veteran 日英教育学会第26回大会 20170828

 その他業績

タイトル 担当区分 発行所、発行雑誌又は発表学会等の名称 実施年月 分類
大学で教えない大恐慌・ニュウ―ディール 共著 大学教育出版。 20150420
The Not Doing (Le Non-Faire) Arjuna Publications, Paris, France234頁 ISBN 2-88063-007-X 19840300 (訳書)

 研究に関連する学内外社会活動

活動年月(自) 活動年月(至) 活動年月(至)区分 内容 分類
20030000 2003年に地域の人々のために英語でディスカッション出来る場、「FAME FORUM」(フェーム・フォーラム)を作って現在まで運営しています。月1回で、メンバーは20名ぐらいです。