閉じる

ミヤタ チエ
宮田 知絵
教育学部こども教育学科
タイトル 「唱歌〈たなばたさま〉学際的手法による演奏解釈と歌唱表現法 -七夕(たなばた)祭事の受容と、その象徴たる竹への思いを踏まえて-」
著者 宮田 知絵
単著・共著の別
発行雑誌 帝塚山大学子育て支援センター紀要
発行所 帝塚山大学
4巻
開始ページ 15
終了ページ 27
出版年月 201903
掲載種別
概要 五節句の「七夕」を主題とした唱歌〈たなばたさま〉に関し、本曲を「国民学校の曲集の中で最高の収穫」と評した赤井励(2000.)の評価の再吟味を兼ね、かつて述べられなかった視点から論述。七夕祭りの源流と日本での定着と受容史を『古事記』『日本書紀』『荊楚歳時記』『和漢朗詠集』等々の古典籍から探り、本曲の旋律については、そのラインを谷型・山型・上行・下降、の進行に分類。歌詞を構成する全62モーラの出現頻度を分析し、圧倒的なA母音の頻出を指摘。子音Sに関しての表現効果にも言及した。表現学会全国大会での研究発表に、新たな視点と知見を加えた論述。

閉じる