ニュース

2021年12月14日

プレスリリース

直木賞作家による直接指導で創作力・表現力を高める 歴史小説家・澤田瞳子氏による特別授業 12月17日(金)16:30~ 東生駒キャンパスで

直木賞作家による直接指導で創作力・表現力を高める
歴史小説家・澤田瞳子氏による特別授業
12月17日(金)16:30~ 東生駒キャンパスで

帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)文学部(学部長:清水昭博)では、12月17日(金)、東生駒キャンパスにおいて直木賞作家の澤田瞳子氏による特別授業を実施します。

文学部では、実践的な学びを深める教育プログラムとして「創作文芸・出版プログラム」を展開。作家や歌人、シナリオライターなどの「書くこと」を職業とするプロフェッショナルや、「出版」にかかわる編集者から学生が直接指導を受け、創作や編集に関する実践的なスキルを磨いています。同プログラムの一環で実施する、今回の「特殊講義(創作文芸・出版B)」の澤田瞳子氏による特別授業では、学生の創作した小説の中から互選により選出された6作品を澤田氏に講評いただくほか、出版業界や作家の仕事について学生の質疑応答に応えていただきます。

2017年に始まった澤田氏による同授業は、歴史学者としての顔を持つ作家ならではの鋭い視点や創作秘話が惜しみなく披露される人気の講義。昨年のコロナ禍においても、リモートで学生向けに選書をしていただくなど工夫を重ねて、2021年まで途切れることなく行われています。澤田氏には2018年に本学が主催した「興福寺中金堂落慶記念 帝塚山大学文学部「奈良学」フォーラムではパネリストとしてご参加いただくなど、授業以外でもご協力いただいています。

報道発表全文はこちら

 

【日 時】 12月17日(金) 16:30-18:00
【場 所】 帝塚山大学 東生駒キャンパス1号館1205教室(奈良市帝塚山7-1-1)
【授業名】 特殊講義(創作文芸・出版B)澤田瞳子氏による特別授業
【受講人数】 18名
【対象者】 4年生2名、3年生2名、2年生14名

【講師】澤田瞳子氏(さわだ・とうこ)
同志社大学大学院文学研究科博士課程前期修了 2010年、『孤鷹の天』で小説家デビュー
2011年、同作で第17回中山義秀文学賞受賞
2012年、『満つる月の如し仏師・定朝』で第2回本屋が選ぶ時代小説大賞、第32回新田次郎文学賞受賞
2015年、『若冲』で第153回直木賞候補
2016年、『若冲』で第9回親鸞賞受賞
2017年、『火定』で第158回直木賞候補、第39回吉川英治文学新人賞候補
2019年、『落花』で第32回山本周五郎賞候補、第161回直木賞候補2020年、『能楽ものがたり 稚児桜』で第163回直木賞候補、『駆け入りの寺』で第14回舟橋聖一文学賞受賞
2021年、『星落ちて、なお』で第165回直木賞受賞