ニュース

2021年11月18日

プレスリリース

11/25 住宅メーカーによる最先端の防犯技術を学ぶ 防犯ボランティア講座「住宅防犯研究の最前線」

ハンマーでも割れないガラス!?
住宅メーカーによる最先端の防犯技術を学ぶ
帝塚山大学法学部と奈良県警察本部の協働講座
防犯ボランティア講座「住宅防犯研究の最前線」

11月25日(木)10:40~ 東生駒キャンパスで

11月25日(木)、帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)東生駒キャンパスにおいて、積水ハウス株式会社総合住宅研究所と奈良県警察本部 生活安全部生活安全企画課による講義「住宅防犯研究の最前線」 を実施します。

安全・安心なまちづくりのためには、地域パトロールなどの防犯活動を推進するとともに、施設や住まいのハード面などの対策を強化することも必要です。

本講義では、積水ハウス株式会社総合住宅研究所の研究員の方を講師に招き、住まいへの侵入を阻む防犯仕様「守る防犯」、見た目で侵入の難しさをわからせる「見える防犯」、万が一の場合には異常を知らせる「知らせる防犯」を中心に、住宅防犯技術の最先端を解説いただきます。さまざまな種類のガラスを実際に割る強度実験も行い、学生は体験を通じて住宅メーカーによる最新の防犯技術を学びます。

同講義は、今年で8年目となる本学法学部(学部長:羽渕雅裕)が奈良県警察本部と連携して開講している「防犯ボランティア講座」の一環で行うもの。警察官や行政職をめざす本学の法学部生が、全15回の講義を通じて、警察や行政の活動と並行する自主防犯活動について現職警察官や専門家から学び、安全・安心なまちづくりに向けて行うべきことを実践的に身に付けます。

報道発表資料全文はこちら

法学部特殊講義「防犯ボランティア講座~犯罪・非行のない安全・安心なまちづくり~」
住宅防犯研究の最前線
  • 実施日時:11月25日(木)2時限目(10:40-12:10)
  • 講義担当:積水ハウス株式会社総合住宅研究所 奈良県警察本部 生活安全部生活安全企画課
  • 実施教室:帝塚山大学 東生駒キャンパス 6112教室(6号館1階)