ニュース

2021年11月12日

プレスリリース

11/19(金)奈良県警察本部長による講義を実施 奈良県警察本部との協働講座「警察組織と警察実務」

現職の警察官から「警察行政の今」を学ぶ
帝塚山大学と奈良県警察本部と協働する講座
「警察組織と警察実務」で 奈良県警察本部長による講義を実施

11月19日(金)14:50~ 奈良・東生駒キャンパスで

帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)法学部(学部長:羽渕 雅裕)では、11月19日(金)、奈良県警察本部と協働する「警察組織と警察実務」講座において、奈良県警察本部長の大橋 一夫氏による講義を東生駒キャンパスで実施します。

「警察組織と警察実務」は、警察の歴史から現在の犯罪情勢のほか、犯罪被害者支援にいたるまで、警察の広範な業務を取り扱い、警察官をめざす本学の法学部生に、警察組織とその実際の諸活動について理解を深めてもらうことを目的としています。

奈良県警察本部長の大橋氏には、「安全・安心の確保のため警察が果たす役割」と題した講義で、警察の実務について詳しくご解説いただきます。

報道発表資料全文はこちら

【本件の概要】
    1)奈良県警察本部と協働する実践的な長期講座。全15回のうち7回の講義を奈良県警察本部のさまざまな部署の現職警察職員が担当。最終講義では、警察施設の見学も予定している。
2)帝塚山大学法学部では、警察官・消防官をめざす学生のための体系的なプログラムを整えている。本講座もそれらの一環の「実学講座」。平成24年度(2012年度)から始まり、今年で10年目を迎える。

2021年度  特殊講義(警察組織と警察実務)

  • 日時:11月19日(金) 4限 (14:50~16:20)
  • 場所:東生駒キャンパス 6101教室
  • 「警察行政の概要について」  奈良県警察本部長 大橋 一夫 氏