ニュース

2021年11月08日

プレスリリース

【女子バレーボール部】帝塚山大学女子バレーボール部 女子1部秋季リーグ 11勝0敗の全勝で優勝 昨秋より22連勝で2連覇

帝塚山大学女子バレーボール部
女子1部秋季リーグ 11勝0敗の全勝で優勝
昨秋より22連勝で2連覇を果たす
 2連覇は2016年春秋の龍谷大学以来
奈良県勢女子の連覇は初めて

帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)女子バレーボール部(監督:本田知広)は、11月6日(土)に本学体育館にて行われた2021年度 関西 大学バレーボール連盟 女子1部秋季リーグ戦最終戦において、神戸親和女子大学を3-0のストレートで下し、11勝0敗で全勝優勝を飾りました。昨秋のリーグ戦から22連勝で2連覇という快挙です。(2020年度春、2021年度春は新型コロナウイルスのため中止)また、最優秀選手賞をはじめとする各賞にも多数の本学学生が選出されました。

同バレーボール連盟女子リーグ戦においての2連覇は、2016(平成27)年春秋の龍谷大学以来のことです。さらに、奈良県勢の女子が連覇を果たすのは、1955(昭和30)年に連盟正式大会(当時は関西女子大学バレーボール連盟)として開始以来初めてのこととなります。

【2021年度  関西 大学バレーボール連盟 女子1部秋季リーグ戦】
優勝(対戦成績11勝0敗)  昨秋リーグから22連勝でリーグ2連覇
【個人賞受賞選手一覧】

  • ◆最優秀選手賞 吉田 美海 (現代生活学部 こども学科4年)  
  • ◆スパイク賞 吉田 美海 (現代生活学部 こども学科4年)
  • ◆ブロック賞 中野 樹里 (文学部 日本文化学科4年)
  • 横田 希歩 (心理学部 心理学科3年)
  • ◆セッター賞 大西 風歌 (法学部 法学科3年)
  • ◆レシーブ賞 中野 樹里 (文学部 日本文化学科4年)
  • ◆最優秀監督賞 本田 知広 (帝塚山大学)

報道発表全文PDFはこちら