ニュース

2020年12月04日

プレスリリース

女性と男性が ともに働き続けられる社会へ  奈良県女性推進課による講義を法学部で実施 12月8日(火)13:10~ 於:帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパス

女性と男性が ともに働き続けられる社会へ 
ジェンダーの観点から働き方を考える
奈良県女性推進課による講義 
「中長期のライフプラン・ キャリアプランを考える」を実施
12月8日(火)13:10~ 於:帝塚山大学 奈良・東生駒キャンパス

帝塚山大学(学長:蓮花一己 所在地:奈良市帝塚山7-1-1)は、12月8日(火)、法学部の特殊講義(企業研究)において、奈良県女性推進課による出張講義「中長期のライフプラン・キャリアプランを考える」を実施します。
本講義では、働き方の多様性が求められる今、女性と男性がともに働き続けられる社会を実現するために、

  1. 社会や企業が取り組むべきこと
  2. 子育てや介護などのライフイベントを迎えたときのキャリア

について、県の取組みに加え、共働き家庭の状況や職場の環境などの紹介を交えながら、奈良県女性推進課のご担当者に詳しくご解説いただきます。また、「市民生活共同組合ならコープ」で活躍される社員の方には実際の働き方の事例をご発表いただきます。
学生には、本講義を、自身の将来の働き方をジェンダーの視点から考えるきっかけとしてもらいたいと考えています。

報道発表全文はこちらをご覧ください。

【取材・メディア掲載に関するお問い合わせ先】
帝塚山大学 入試広報課 〒631-8501  奈良市帝塚山7-1-1
TEL:0742-48-9149 FAX:0742-48-9021
E-mail:koho@jimu.tezukayama-u.ac.jp