ニュース

2021年04月25日

お知らせ

学長表彰 表彰式を行いました

学長表彰は、学業において特に優秀な成績を修めた学生、学術研究活動や課外活動において特に顕著な業績や成果をあげた学生、また、社会や地域への貢献活動など、本学の名誉を高めることに貢献した学生または団体に対して学長が直接表彰する制度です。

今回、奨励賞を受賞したのは現代生活学部居住空間デザイン学科の岡野愛子さん、文学部日本文化学科・人文科学研究科の 「むかしの民家プロジェクトチーム」と「博物館展示図録作成プロジェクトチーム」です。

岡野さんは、公益社団法人京都デザイン協会主催の「京都デザイン賞2020」において「京とうふ藤野賞」を受賞。プロデザイナーも出品している公募展での入賞は学科での教育の成果を示したとして奨励賞を受賞しました。

★IMG_8329.JPGのサムネール画像むかしの民家プロジェクトチームは、奈良県立民俗博物館との連携事業において、同館に移築されている古民家を調査し、その内容をまとめた動画を盛り込んだリーフレットを制作。奈良の昔話を多言語化したコンテンツも掲載し、同館で企画実施したイベントにおいて多くの人々に配布しつつ古民家の解説を行いました。学科で学んだ専門知識をグローバルに発信することで、新たな教育方法の可能性を示したとして評価されました。★IMG_8338.JPGのサムネール画像博物館展示図録作成プロジェクトチームは、平郡町立図書館と連携して、本学附属博物館の第13回博物館実習生による企画展示「雨花天晴」の図録を完成させました。学生主体で作り上げた図録は平郡町立図書館にも配架されるなど、教育の成果を広く社会にアピールできたことが評価されました。

★IMG_8346.JPGのサムネール画像のサムネール画像

学生らは学長から賞状を手渡され、表彰状を手に笑顔を見せました。