ニュース

2020年12月07日

クラブ

ラグビー部Cリーグ最終戦結果

ラグビー関西大学リーグ2020Cリーグも最終戦となりました。前回お伝えした通り今シーズンは変則的な試合開催となっていますが、最終日も予定していた3位、4位決定戦の大阪市立大学vs大阪学院大学の試合は中止となりました。

大阪大学吹田キャンパスグラウンドでの優勝決定戦となる帝塚山大学vs大阪大学戦の開催も、グラウンドに入場するためにはあらかじめ氏名、連絡先を登録しておくこと、入り口での検温にパスし、手指のアルコール消毒を行うこと、となっていました。

15時キックオフ、前半序盤はお互い様子見のような展開でしたが、15分過ぎから試合が動き、ロスタイムに帝塚山大学がモールで押し込み12(2T1G)−7(1T1G)と前半リードで終えることができました。

後半は大阪大学の猛攻、3分に防御の隙をつかれバックスの独走で大きく前進され、最後はモールでトライを許すなど、得点を重ねられ20分過ぎには12-26まで差を拡げられました。なんとか反撃したい帝塚山大学も意地をみせ、終了5分前には26-26と同点に追いつきました。その後も勝ち越しのチャンスをつくりながらも攻めきれず、逆に大阪大学に得点を許すという結果になり、最終的に26−33での敗戦、Cリーグ2位という結果になりました。

今シーズンは入替戦も行われないため、これでシーズンが終了しました。来年はCリーグ優勝、Bリーグ復帰を目指して戦います。引き続き応援よろしくお願いいたします。