帝塚山大学
News

2021年09月21日(火)

【居住】学生の作品が「3R推進ポスターデザインコンテスト」において佳作に選ばれました

リデュース・リユース・リサイクル推進協議会主催の2021年度「3R推進ポスターデザインコンテスト」があり、全国から256作品の応募の中から最優秀作品は1点、佳作が20点が選出され、3年生の中西功さんの作品が佳作を受賞されました。前期のビジュアルデザイン実習Ⅱの授業で課題として取り組んだもので、中西さんの作品は協議会のホームページで見ることができます。

中西さんは今回の受賞に際し「コンテストへの作品応募が初めての経験だったので、佳作に選出された時にはとても驚きました。本ポスター作成にあたって、3Rに対して、取っ付きやすい印象を持ってもらえるようなデザインを心掛けました。ポスターから親しみやすさを感じてもらうために、キャラクターの表情やフォントからコミカルさが感じられるように配慮しました。担当教員の大里先生から様々なテクニックを教えていただけたため、表現方法の幅が広がり、回を重ねる度に課題への制作意欲が高まりました」と語っていらっしゃいます。

居住空間デザイン学科では学生のコンテスト応募を積極的に応援しています。

3年生の中西功さんがデザインしたポスター。コミカルな表現でわかりやすく伝えています。

全256作品中、最優秀賞を除く20作品のうちの1点に選ばれました。