帝塚山大学
News

2021年10月29日(金)

【食物栄養】「生化学実験」で、未知試料の定性実験を行いました。

2年生後期の生化学実験では、前期の生化学で学んだ『三大栄養素の構造と性質』、『酵素のはたらき』を主とする実験を行っています。

今回のテーマは『未知試料の定性実験』で、各班には糖質・アミノ酸・たんぱく質のいずれかが入った未知試料(各班4つ)が配布され、未知試料に含まれている成分が何かを判定してもらいます。

各試料の判定は、4~5種の呈色反応の結果を総合的に判断する必要があり、各成分の構造や性質を理解していなければできません。

今回の実験までに、2回にわたって既知試料の呈色反応を行ってきましたので、各班では作業を役割分担し、手際よく実験を進めている様子でした。

学生の皆さんには、自ら体験し、座学で学んだことを確かめながら、知識の理解と定着につなげてもらいたいと考えています。