帝塚山大学
News

2021年08月11日(水)

【食物栄養】 「基礎栄養学実験」の最終回では、実験結果発表会を行いました。

2年生前期科目の基礎栄養学実験では、1年生後期の基礎栄養学で学んだ三大栄養素の「消化」に焦点をあて、実際に消化酵素を用いた実験を行い、その働きを見て感じることで知識の定着を狙っています。

 実験最終回では、これまでに各班で取り組んできた実験の中から、発表したい実験を1つ選び、プレゼンテーション形式による発表を行いました。発表終了後には、学生に良いと思った発表(班)に投票してもらい「スライドに上手く要点がまとまっている、結果や考察の説明が分かりやすい」といった班に多くの票(得票順位1位:2班、2位:10班、3位:1,9班)が集まっていました。

また、この実験を受講した感想として「座学だけでは納得できなかったことも、理解することができた」、「発表することで、さらにその実験内容についてより理解が深まった」、「考察を考えるのが難しかったが、その分、得られるものも多かった」など、うれしい意見もありました。

この後期以降にも、様々な実験科目があります。この基礎栄養学実験で学んだことを生かして、頑張って欲しいです。