学部・大学院

経済学部 経済学科

MENU

ニュース

2018年11月28日(水)

東洋サクセス株式会社様によるリレー講義「企業人から学ぶ地域経済の現状」が行われました

東洋サクセス株式会社様による第7回「特殊講義(企業人から学ぶ地域経済の現状)」が行われました。講師は、取締役 管理部長 鎌田 剛様、営業本部 主任 辻本 秀信様、営業本部 主任 政岡 健次様です。東洋サクセス株式会社様は、創業50年超の非鉄金属の専門商社で、銅・アルミ・ステンレスなどの金属材料の仕入、販売、加工、リサイクルを主な事業内容とされておられます。

講義は、「自動車の部品はだいたい何個あるか?」との質問から始められました。会社概要に続いて、「金属の話」ということで、金属の実物を学生たちに回しながら、「1kgの銅の原価はいくらか?」「水を1だとすると、アルミの比重はいくらか?」など、金属にまつわるいくつかのクイズを出題されました。

講義後半は、事業内容や、営業の具体的な仕事内容について、見積書のイメージ図なども示しながらわかりやすくご教示いただきました。スイッチや端子といった実際の商品を手に取りながら、学生たちも真剣に聞いていました。

最後は、採用の流れや入社後のスケジュールもご紹介いただき、学生からの「スピード感がある人とは具体的にはどういう人か」「御社の一番の強みは」などの質問に丁寧に答えていただきました。

本講義は、「生きた経済」を学ぶことを目的の一つとして、経済学部の専門科目(後期・2単位)として設けられているものです。毎回、地域経済の現場で活躍される方々を講師としてお迎えし、リレー形式で、さまざまな角度からの講義を頂きます。

今後半年間の講義の様子は、引き続き当ホームページにてご紹介する予定です。

ニュース一覧へ戻る